緑には、東京しかない

千葉県の東京寄りに住んでいる私「緑」が大好きな東京の散策写真のブログを作ります!!!

1月の習志野台:真冬の時期の船橋市坪井近隣公園の緑地帯内の散策 PART1

2021年06月11日 06時00分00秒 | ホームタウン(千葉)


船橋市の坪井町地区内の低地帯に整備されている「船橋市坪井近隣公園」の緑地帯内を散策していきます。1月下旬の真冬の時期の散策だったので、緑地帯の敷地内に整備されている芝生広場内は人通りは少なかったです。




北東側から、「船橋市坪井近隣公園」の緑地帯の敷地南側に整備されている「坪井ビジターセンター」の管理事務所の建物の全景を撮影しました。




東側から、緑地帯の敷地南側に整備されている芝生広場の全景を撮影しました。1月下旬の真冬の時期だったので、芝生広場は枯れ草状態となっていました。




芝生広場の北側には、広大な調整池と散策道のエリアが整備されています。南側から、調整池と周辺の散策道のエリアの全景を撮影しました。




北側から、緑地帯の敷地南側に整備されている芝生広場の全景を撮影しました。「船橋市坪井近隣公園」の敷地南側には、船橋市の坪井東二丁目地区の住宅街が広がっています。




「船橋市坪井近隣公園」の緑地帯の敷地西側は、船橋市の坪井町地区の住宅密集地帯がどこまでも広がっています。




人通りがほとんどない芝生広場前から、調整池の溜池が広がっている低地エリアへ向かって歩行者用散策道を歩いていきます。




調整池の周囲を一周するように歩行者用の散策道が整備されていて、その周囲にも芝生スペースや植栽の木々が植えられています。こちらも1月下旬の真冬の時期だったので、枯れ木状態となっていました。




歩行者用の散策道を歩いて、調整池のそばに近づいていきます。




南側から、「船橋市坪井近隣公園」の緑地帯内に整備されている調整池の全景を撮影しました。「坪井川」という名前の小河川を堰き止めて造っている調整池となっています。




調整池の敷地南側に整備されている歩行者用の散策道を道なりに歩いていくと、「坪井川」の河川上の木橋前にやってきました。




船橋市の坪井東三丁目地区内を暗渠として地下を流れていた「坪井川」の河川は、坪井近隣公園の緑地帯内において地上を流れていくことになります。




歩行者用の散策道の木橋上から、下流側(調整池側)へ向かって流れていく「坪井川」のせせらぎを見下ろして撮影しました。




1996年4月に東葉高速鉄道が開通して船橋日大前駅が開業する以前は、この「坪井川」の源流域である坪井町地区は手つかずの自然が残されていましたが、この25年間の間に一斉に宅地化が進行していきました。




「坪井川」のせせらぎが調整池に流れ込んでいる個所の前にやってきました。歩行者用の散策道はここで行き止まりになっているので、引き返して調整池の敷地東側(坪井東六丁目地区側)に整備されている歩行者用の通路を通り抜けていきます。




実は歩行者用の散策道はまだ続きがあって、「坪井川」のせせらぎを渡渉する石畳が整備されていました。住宅街の中にある公園の割には、意外と本格的に造ってあるのですね。



この記事についてブログを書く
« 1月の習志野台:船橋日大前... | トップ | 1月の習志野台:真冬の時期... »
最新の画像もっと見る

ホームタウン(千葉)」カテゴリの最新記事