緑には、東京しかない

千葉県の東京寄りに住んでいる私「緑」が大好きな東京の散策写真のブログを作ります!!!

12月の日比谷公園:紅葉の雲形池と鶴の噴水の風景 PART1

2013年12月20日 20時00分00秒 | 皇居周辺・城西


綺麗な紅葉に囲まれている日比谷公園の雲形池と、池の中に設置されている「鶴の噴水」です。平日の午前中の時間帯の散策だったので、人通りもなくひっそりとした雰囲気に包まれていました。




雲形池の南角の散策道からズームで撮影した「鶴の噴水」です。この日も勢いよく水を噴出させていました。




微かにさざ波が広がっている雲形池の水面には、色鮮やかな紅葉のイチョウの黄色が写り込んでいました。




綺麗な紅葉のイチョウの大木と、もみじの木々をズームで撮影しました。後ほど、イチョウの大木の真下へ向かってみたいと思います。




雲形池の水面に写っている色鮮やかなイチョウの紅葉をズームで撮影しました。




雲形池や紅葉の木々の背後には、霞が関の中央省庁街の高層ビル群が広がっているのが見えます。この日は中央省庁街の中もひっそりとしていました。




雲形池の南端の桜並木周辺から撮影した紅葉の木々群です。12月の季節だと、桜の木々は全ての葉が落ちて枯れ木状態となっていました。




雲形池の後ろ側、日比谷公園の広大な敷地の西側に隣接して建っているのは、法務省や東京地方検察庁(東京地検)、公正取引委員会などの組織が入居している「合同庁舎6号館」の建物群です。




ちょうど午前中の時間帯の散策だったので、太陽の光が東側からイチョウ並木へ真正面から照りつける構図となっていました。そのため、色鮮やかな黄色の葉群が光り輝いていました。




色鮮やかなイチョウの大木と、厚生労働省や環境省などが入居している「合同庁舎5号館」の高層ビルを見上げて撮影しました。




色鮮やかな黄色のイチョウの葉群の中に、羽ばたいている姿の鶴の噴水がくっきりと写っています。この噴水は、明治38年(1905年)に東京美術学校(現在の東京芸大)の津田信夫、岡崎雪声両氏に依頼製作したもので、公園等での装飾用噴水としては、日本で3番目に古いものとのことです。




雲形池の北側には紅葉を始めとする多くの種類の木々が植えられています。後ほど雲形池を一周して散策していくので、見ていきます。




カエデやもみじの紅葉が、池の水面に乱反射していました。




池の対岸には「東屋」が設置されていて、休憩場所になっています。




雲形池の東側には、このようにベンチと藤棚の屋根が設置されていて、休憩しながら風景を眺めることが出来ます。




藤棚のベンチ前からしばらく、雲形池と鶴の噴水の風景を眺めていました。



この記事についてブログを書く
« 12月の日比谷公園:西幸門... | トップ | 12月の日比谷公園:紅葉の... »
最近の画像もっと見る

皇居周辺・城西」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事