思いつき、スローライフ雑記

心や身体について、毎日感じることを好き勝手に、つぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

幸せになるには、バナナを手放すこと

2011年08月07日 | Weblog
先日、久々にヨガスタジオに行って来ました。

みどりえのある学芸大学の、リラ・ヨガというスタジオです。
主催されているのは、みどりえのお客様で、
よく生徒さんとパーティをしてくださいます。

クラスが始まる前に、先生がお話してくださった事が
すごく印象に残り、考えさせられたのでご紹介します。

ある国の野生のサルの捕獲方法について。

その国では、野生のサルを捕獲するとき、
サルが大好きなバナナを、室の中に仕掛けて置くそうです。

その室の口のサイズが、絶妙に出来ていて、
サルが手を入れる分には、易々と入れられるサイズなのですが、
中のバナナを、つかんだままでは取れないサイズになっているそうです。

サルがバナナが取りたくて、しつこく諦めきれずにいるところを
捕獲するというハナシ。

やっぱりサルは馬鹿だなと、思うでしょうか?

でも人間だって、どうしても欲しい、思いを捨てきれないと
執着するあまり、もっと大きなものを見失うことも
よくありますね。


みんな、幸せになりたくて努力しています。
何かにこだわり、探究していくことは
素晴らしい。

しかし、こだわりが執着になるとき
やはり、思い切って手放すというか
運を天にまかせて、自然体になってみる勇気が必要だと感じます。

私の47年の人生を振り返ってみても、
執着を手放したとき、
そのあと全てうまく行った経験が何度もあります。

幸せになるコツみたいなものなのかも知れません。


定期的に生産者から、放射線検査の結果が送られてきます。

今回は岩手のアーク牧場から。
卵の検査結果は、「ヨウ素、セシウムとも検出せず」 でした。

東北の生産者から、「ヨウ素、セシウムとも検出せず」の知らせが届くとホッとします。

規定値以下でも検出されれば、オーガニックレストランとしては
取引を止めなければいけないからです。


被災地の生産者を想うと、悪い結果が出ないように
祈るばかりです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「がんばれ、東北」というか... | トップ | 出来ることから、行動する意... »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事