思いつき、スローライフ雑記

心や身体について、毎日感じることを好き勝手に、つぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

出来ることから、行動する意味の大きさ

2011年08月13日 | Weblog
昨日、友人とご飯を一緒に食べました。

原発事故後の食品の安全性に関する持論を、友人に話しました。

私は、子供とこれから子供を産むだろう若い女性が
食品を正しく選ぶことが必要だと言ったのですが、

友人はあまり興味をしめさないようなのです。

友人が言うには、問題が大きすぎて自分が何か起こしても仕方ないし
どうしようもないということです。

でもその人には、娘がいるし、娘に原発事故後の食品の安全性に
関してごはんを食べながら伝えることもできる。

そしてその娘も、学校の友達に家で聞いたことを伝えるかもしれない。

小さいことしか出来なくてもいい。
(もちろん大きいことが出来るほうが、もっといいのですが)

全くの無反応では、ほんの少しも変わらないのではないか
と私は思います。


ある人が、インドのマザーテレサに行ってこう尋ねたそうです。
「私は世界平和のために、何かしたいのですが、どうしたらいいでしょうか?」

すると、マザーテレサがこう答えたそうです。
「あなたがまず出来ることは、家に帰って家族を大切にして家庭を平和にしてください。」

深い一言ですね。

家庭が平和に保てない人が、世界平和に貢献できるはずもありません。


コメント   この記事についてブログを書く
« 幸せになるには、バナナを手... | トップ | 励まされました。 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事