思いつき、スローライフ雑記

心や身体について、毎日感じることを好き勝手に、つぶやいています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時々忙しく、時々プレッシャー。

2011年09月18日 | Weblog
知り合いの、オーガニックや環境問題に精通しているフランス人から聞いた話です.

彼は普段、粗食と少なめの食事を心がけているらしいのですが、
1週間に1度は曜日を決めて、量を120%食べるそうです。
(もちろんジャンクフードではなく、オーガニックですが)

普段、省エネで動いてる内臓が、突然たくさん食べることで、
負荷が掛かり、かえって活性化し元気になるそうです。

なるほど。

人間の体は、すぐ耐性が出来てしまう。

体に良いと思うものだけ食べて
体に良いと思われる行動だけで生きていると
最高に健康になれるような気がしますが

ほんの少しのストレス、負荷も健康には必要だということでしょう。

ですから、ただただゆっくーり、のーんびり生きていくより
時々、忙しくなる、時々責任やプレッシャーが掛る。
お客様を見ていても、そういう生き方をしてきた方のほうが
晩年イキイキとして見えるような気がします。

「プレッシャーを楽しめ」なんて言葉を耳にしました。
そんなこと無理に楽しもうと思っても
かえってプレッシャーです。

しかし
「プレッシャーが、掛ることで良いこともある。」
とプラス思考する事は、出来るような気がします。



コメント   この記事についてブログを書く
« 励まされました。 | トップ | ジョブズの言葉 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事