いま、できることから ひとつ、ひとつ

~環境NPO法人「みどりの市民」のスタッフと関係者が送る日記~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『我が』ロハス☆

2007-01-27 01:05:37 | ロハスカフェ
去る、21日(日)に、
第4回目のロハスカフェ、~「我」がロハス~を行いました

当日は、「定員30名様」を上回るたくさんのお客様に来ていただき、
満員御礼の静かでそれでいて熱い、ステキな「カフェタイム」になりました☆

来てくださったお客様、
ゲストでお話してくださったスティーブンさん・松木さん、
本当にありがとうございました

今回は、「我」がロハスというタイトルで、
日本の伝統から学ぶ、
「生きかた」とも言える、お話でした。

松木さんが用意してくださった、手作り有機栽培の小豆で作ったお菓子と、
清水屋旅館さんからご用意してくださったお汁粉
大変おいしく頂きました
私的には、お茶+甘いもので、よりニコニコ
幸せでした

作ってくれた方々や自然の恵みに感謝をし、
おいしく味わえたコトでにこにこなるのは、笑顔の持続ですね

 「ロハス」「お抹茶」「環境」

どう結ぶつくか、興味心身でしたが、
お抹茶=茶道と堅苦しく形式ばったかんじだけれど、
でも、誰かと一緒に「お茶」を飲むという事は、
じつはロハスなこと

携帯や、メールで言葉を交わすのも時として必要だけど、
でも、この「清水屋旅館」さんに足を運び、
ここでしか味わえない空間で、
たくさんの人に出会い、お茶をいただきお話ができた事は、
まさにサスティナブル
持続可能な社会への一歩となったように思います

文明機器は大変素晴らしく、現代人の私達からは、
なかなか切り離せませんが、
電化製品・既製品の食品に紛れて一人でいるよりも、
みんなで集まりお茶を飲みながらお話をするのは、
大変ロハス的なのではないでしょういか


       ロハスってなんだろう?

そう思ってはじめた第一回目のロハスカフェ。
そして、四回やってきて、実はとても身近にあったんだ~
ってコトがやっと気づきました

最後の、参加者の方から出た感想では、

   「感謝の気持ちを忘れない」
   「いい加減」に生きるという事。いい加減は、「良い加減である」
   「各個人がそれぞれ持つ特徴を生かし、
    みんなで協力しながら生きていくのがいいんじゃないかな~」

などなど。

皆様と、それぞれの好きな事・得意な事を生かし、
お互いに感謝をしながら持続可能な未来に向けて、
ほどほどに頑張っていきたいですね

ロハスカフェへのご参加ありがとうございまいた☆
最後になりましたが、スタッフの皆様お疲れ様でした☆
楽しかったですありがとうございました~

                         笑ら夢中☆
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 抽選会行いました☆ | トップ | 省エネコンテスト表彰式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ロハスカフェ」カテゴリの最新記事

トラックバック

ロハスカフェで、大暴れ (長野県職員 三浦悟が綴る)
会場の清水屋旅館中央館(長野市大門町)ロハスカフェで作ってみた「くろもじ」楊枝全然、だめぢゃん!未完成品です。ロハスカフェのお菓子名前は、「早春」中には、おもち。外は、チョコです。おいしかったです!で、ほんとうの「くろもじ」楊枝って言うのは、このくらい...