Pianist 池田みどり

ピアニスト池田みどりの四苦八苦をまるごとお見せします。
http://www.hi-ho.ne.jp/~midopi/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

無事NYに着きました。

2008-04-10 | Diary
 無事NYに着きました。今日になってインターネットもつながるようになりましたので、顛末記を更新していきます。まずは出発当日、4月8日の模様・・・

*******************
 出発当日、スーツケースを玄関まで運ぼうとしたが、あまりの重さに人の手を借りることにする。出発1時間前に地元に住む小学校の同級生に電話したところ、「おお、いいよ。送ってくよ。」の言葉。車で成田エクスプレスに乗り込むまで手伝ってくれる。持つべきものは同級生か。スーツケースは28.3kgの超過重量。道理で重いはずだ。本が20冊以上持っていかなくてはならないので、それが原因。小さいスーツケースと合わせて40kg近くの荷物でヘロヘロになりながらやっと搭乗。

 機内は満員だが、ラッキーなことに私の隣の窓側の席だけ空いている。おかげで、フラットベッドで13時間のフライトを快適に過ごす。

 J.F.K.Kennedy空港には定刻通りの到着。ところが、ATMで現金が引き出せない。第一ATMが見当たらない。3人ほどに聞いたが要を得ない。たまたま次に並んだ若い男性に聞いたところ、日本人の彼女を呼んで来てくれた。ちゃんとお金が引き出せるところまで15分ほどサポートしてくれた。

 電話をしたいが、小銭がない。テレホンカードを買ったら、これがまた使い方がわからない。2人ほどに聞いて、結局は電話をかけるところまで手伝ってくれた。

 さて、Yellowcabに乗ると、予定した金額より多めにかかるという。ちょっと不機嫌になったが、嘘ではないようなのでそのまま乗り込むことに。途中でドライバーが道を見失って人に聞いたりとドライブしながらもやっと到着。「これが私の最初のニューヨークのトリップね。」「ごめんなさい。迷って迷惑おかけします。」このタクシーにはメーターがなく料金は変わらないから「いいえ、楽しんでますから」電話のみつからない私のために、自分の携帯電話で連絡もしてくれた。

 FortLeeの瀟洒なアパートの入り口まで、大家さんであるDさんが迎えに来てくれた。部屋には奥様も待っていらして、早速部屋の詳細などの説明を受ける。何もなかったところから、生活できるところまで、心配りも行き届いていて、感謝感激である。キッチンには冷蔵庫・炊飯器・電子レンジ・自動皿洗機などほとんど完璧に揃っている。アコースティックピアノのほかに、midiキーボードも用意してくださっていた。

 アパートの真裏にはショッピングモールもあり、至極便利。ここは日本人が多い町なので、安全性も高い。さらに交通の便もよい。細かいところまで教えてもらって、明日再度会うことに。荷物のほどき、整理をし、シャワーも浴びて、さて、後はパソコンの準備。ところが、無線LANはやはりつながらない。それにmidiキーボードもパソコンを接続しても思ったように音が出ない。次から次へとトラブル続き。

 神様のプランは、トラブルを楽しめってことか?いや、これはプレッシャーという言葉に置き換えよう。
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ニューヨーク出発前夜

2008-04-08 | Diary
 多くの方々から、ニューヨーク行きをお祝いしていただきました。わざわざ遠くから駆けつけてくださった方々、プレゼントや思いやりの言葉を届けてくださった方々、本当にありがとうございます。壮行会も開いていただいて、感激です。

 さて、明日出発というのに、私は古武術研究家、甲野善紀さんの主に演奏家を対象とした講習会に行ってきました。門下であり朝日カルチャーセンターなどで講師も勤める中島章夫さんの「半身動作研究会」には、すでに2回ほど稽古に行きましたが、甲野さんに直接お会いするのは初めてでした。今日は特に広範囲な身体操作術を講習されたので、私のような初心者にはうれしい内容でした。

 特にピアニストから「肩こりもひどくて腱鞘炎になるんですが、対処方法はないでしょうか?」「腰痛なんですが・・・」という質問がありましたが、ひとつひとつ具体的に答えてくださいました。

 その後親睦会が開かれましたが、中島さんのお計らいで、甲野さんの隣に座ることができ、ずっとお話聞くことができました。驚くようなお話ばかりで、とにかく楽しかった!

 NYで甲野さんの古武術を紹介してきます。すでに桑田選手を通して甲野さんをご存知のようで、うまく架け橋になれればと思っています。

 さて、当初はストイックに修行体制を考えていたNY生活。今になって、ええい、NY観光もしてうんと楽しんじゃおうって、路線を変えようと思っています。どうなるかなぁ・・・
 できるだけ日記も書きますので、お楽しみに!
コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする