Pianist 池田みどり

ピアニスト池田みどりの四苦八苦をまるごとお見せします。
http://www.hi-ho.ne.jp/~midopi/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マスタリング初日

2008-06-25 | Diary

 マスタリングとはレコーディングした音を整える作業ですが、このマスタリングによってCDの良し悪しが決まる大切な作業です。運のいいことに、NYでも信頼される内藤克彦さんにお願いできることになりました。53丁目にあるAvatar Studioに自分のオフィスを持っている内藤さんは、ブラッド・メルドーなども手がける百戦錬磨のエンジニア。彼の耳に判断をされるときがきました。

 レコーディングエンジニアJim Clouseのミキシングデーターを手渡すと、何も言わずに作業がどんどんと始まります。プロの技術にお任せしようと思っていましたので、最低限の要望だけを伝えます。アレンジャーでありディレクターでもある百々さんも加わり、アンサンブルなど細かい部分の要望なども伝えます。内藤さんと百々さんは何度か仕事もしたことがあり、既知の仲ではありますが、マスタリング作業を一緒にするのは初めてだそうです。

 基本的に内藤さんは、あまり音は作らない。なるべく生の音、生のグルーブを大切にします。でもその耳は怖いほど、いろいろなものをキャッチします。百々さんとふたりで唖然。エンジニアは、1曲を1時間でも2時間でも聞き続け、作業をし続けます。耳は休むことをせず、手も休むことをしません。もちろんその間コンピューターに釘付けです。次から次へと作業を進め、今日1日でもっとも困難な5曲を完成。およそ12時間の作業でした。

 最後に「いい作品じゃないですか。」と言ってくれたとき、ホントにうれしかったです。彼の耳が一番厳しいと思っていたので、まるで試験にパスしたような気分でした。もちろん百々さんやミュージシャン、レコーディングエンジニアのおかげです。やはりこの作品、胸を張って、いろんな方に聞いていただきたいと、確信しました。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« Sushi Samba Park | トップ | NYで取材を受けました。 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
試験合格おめでとう! (すっとこ猫)
2008-06-25 20:54:34
みどりのみぃちゃん!

音楽のことはよくわからないけど
今回のレコーディングが
あり得ないほどの幸運続きなのは
ようくわかります。

それは全てみぃちゃんが引き寄せたもの、
神様のプランだったのですね。

試験高得点合格おめでとう!
いつも応援していますよ。
試験はずっと続くのだ。 (midopi)
2008-06-26 05:45:42
りぃねぇちゃん!

いつも応援してくれていてありがとう!
帰国してからも販売元を探したりと、いろいろと大きな壁があると思いますが、いい作品をいい形で、みなさんに聴いていただくために、もう少し走り続けます。
JAMSNET日本の構想も練っております。
これからも、応援してね!

コメントを投稿

Diary」カテゴリの最新記事