バージニア労働者

ほとんどワーカホリック!?
だけど仕事するってそんなに悪くない。
北バージニア在住の一介の労働者のつぶやき。

『世界から猫が消えたなら』

2018年05月08日 | 猫の話



今更ですが、読んだ?




猫好きさんなら絶対に読んでるよね。

私ね、実はやっとこないだの週末読んだのよ。

実際にこの本をかったのはもう4,5年前。

日本に里帰りした際に、結構本を買って帰るんだけど、あのときもいろいろ買ってすっかり忘れていて、

最近になって「あ、そういやこれまだ読んでないじゃん!」てなったわけだ。




内容のことに関しては、これからもしかしたら本を読んでみようという人もいらっしゃるかも知れないから

あんまり詳しく書かずにおこうと思うが、

予想どおり、後半はもう涙ぼろぼろ出て視界が妨げられ、そりゃもう大変だったけど

読み終わりはなんか寂しいのにスカッとした感じ。




みなさんなら、どうします?

私、電話も映画館も時計も嫌だけど、主人公みたいに一度消えてしまったら、あっさりとその流れで行けるかも。

でも家族が海外にいるから電話がなくなると不便だなーーー!!!

映画も大好きだし。

仮に、化粧品を消しましょうとか、音楽を消しましょうとか、コーヒーを消しましょう

とか言われても、その時は相当動揺するけど、自分の延命のためならやっちゃうかな。



だけど、猫はだめ。

絶対に、だめ。



私にとって猫は、この主人公と同じぐらいに思い出がいろんな人と繋がっていて

私の記憶から、何もなかったように消えてしまうなんて絶対にだめだ。




どうせ、もう限られた命なら

やっぱりもう潔く、行こうかな。




主人公『僕』に渡されたお母さんからのお手紙と、キャベツ(猫)とのやり取りでダム崩壊。

思い出すだにもう涙腺がゆるゆる。



コメディータッチなのに、いろいろと考えさせられる一冊。



本が苦手なそこのあなたのために、すでにDVDにもなってますので是非。







猫、かわいい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い出 すとん、と | トップ | 新婚さん!おかえりなさい♬そ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (solo_pin)
2018-05-12 05:43:23
おはようございます。

もうほぼほぼ忘れてるけど
確か読みましたよ。
究極の断捨離っていうかねー。
作り話でも考えさせられますよね。
猫と何かを秤にかければ
それが自分自身でも、やっぱり猫を取りますよね。
幸せになって欲しいもの(#^.^#)
SoloPinさんへ (ケイエス)
2018-05-12 08:39:05
だよね?
猫、残したいよね?
なんなんだろうねこの感じ。
やっぱり猫と生活を共にしてなかったら生まれてこんかった感情かもしれない。

猫って本当に人間の傍に、静かに寄り添ってくれてるんだよねー。
そんなありがたい存在を消せるもんか!!!

って熱く語ったりしてw

SoloPinさんも昔本読んだんだね。
良い話やー。

コメントを投稿

猫の話」カテゴリの最新記事