バージニア労働者

ほとんどワーカホリック!?
だけど仕事するってそんなに悪くない。
北バージニア在住の一介の労働者のつぶやき。

思い出 すとん、と

2018年04月30日 | 猫の話


気温が春らしくなって上昇し、日々のウォーキングも本当に気持ち良くなってきた。

陽が燦燦と照る中をウォーキングをすると、それなりにじんわりと汗もかくほどなんだが

風はまだひんやりしてるから、それがまたとても肌に気持ち良い。


家に戻ってきて、うっかりと窓を開けてしまう。

つい気持ち良いからと思って窓を開けてしまうと、外から黄色い花粉が風と共に入ってくる。

うちには花粉症を患う者がいないので、外から花粉が入ろうと大して支障はないのだが

窓際の花粉で埃っぽい。

拭いても拭いても、春にはいつもそういう感じ。



この季節になると思い出すことがある。



窓を開けたら気持ちが良い季節ということを、ミディも知っていた。

窓を開け放った傍で、大きく伸びをして、実に気持ち良さそうにコロコロと転がるのだ。

で、私は「あー...。しまった。」と思う。

黒猫のミディの体が花粉だらけ。

所々がまだらになっていて、まるでミツバチのジャケットみたいw





そういうことを今日、ふわりと思い出して、「ミディは春になるといつも窓辺で黄色くなってたんだよ。」と言ってハニバニと二人で笑っていたら

不意に泣きそうになった。





ついこないだ古い猫写真を眺めていたらこんなのを見つけた。

日付けから見て、9年前に撮ったやつらしい。





ミディのことが大好きで、いつもミディの横にくっついていたフリちゃん。





そんなんで呼吸ができるのかというほど、いつも顔をミディに押し付けて、安心しきってるその後頭部が面白くて可愛くて、

その写真を見つめて私は思わず、ふふってなったが、よく見たらもっと笑えるものがそこにあった。





足。

フリちゃんの大きな体を支える割には、なんかちっさいw

そのちっさい割には存在感のある足が、なんか今日はとても愛おしくてならない。













ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の日🌸フリちゃんの誕生日🌸 | トップ | 『世界から猫が消えたなら』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (solo_pin)
2018-05-03 05:44:49
おはようございます。

思い出って、辛い時より
しあわせな時の方が
泣けちゃうよね。
ミディさんの花粉まみれ、
黒色に映えそうね(笑)。
フリさん、べったりくっついちゃって(*´▽`*)
あんよ小さいのかなー。
なんかね、もううちの見てると
どの子も細く見えちゃって(笑)。

今日も今日とてストーブ焚いてるわー。
本日のニッポン、憲法記念日でごわす!

SoloPinさんへ (ケイエス)
2018-05-03 08:49:34
おはよう!
ゆっくりと祝日を楽しんでいるのかな?

確かに辛い思いでって後で泣くことってまずないよね。ため息はでるけどね。
そうそう、楽しかったやつとか、感慨深いやつね。
泣ける。
ミディのことになると未だに泣けちゃうんだよな。
でもなんかね、実際カム君て大きく見えるけど
見えるだけで(美輪さんの毛皮のせいで)
本当はそんなに大きくないのかも。
むしろショートヘアでいるフリちゃんのが大きいかもよw

コメントを投稿

猫の話」カテゴリの最新記事