『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[7日間ブックカバーチャレンジ・3日目:加古里子]

2020-05-18 08:31:33 | 新・まあまあ楽しい話
◇・・・☆7日間ブックカバーチャレンジ☆彡
   ☆3日目☆彡
 
     『日本伝承のあそび読本』  加古里子著
 
 一昨年の御著者の訃報は寂しかった。
 この本は、ものごころついた時から家にあり、四兄弟で夢中に読み、遊んだ。
 だから、ボロボロの落書きまみれだ。
 小学校の図書室に行けば、味わいのある画風の絵本が多数あった。
 川やダム、台風や宇宙などを絵巻物風に描いた科学読み物的な作品が、幼少時の私にアカデミックな気持ちを芽生えさせ、
 私の「ウォーリー」好きは、『とこちゃんはどこ』が原初だ。
 子供の遊びについての諸作品から、私は、民俗学的な深みを得ていた。
 世の中の森羅万象を描いていくスタンスは、世界の広さを読む者に知らしめ、作品に数パーセントのダークを醸す。
 
   
 
   
----------------------------------------------
『7日間ブックカバーチャレンジ』
〈ルール〉
 ☆読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ
 ☆好きな本を1日1冊投稿する
 ☆本についての説明不要
 ☆本の表紙画面をアップする
 ☆アップ毎に、1人のFBの友達を招待し、チャレンジの参加をお願いする
 ※ このチャレンジへの参加スルーOK
 ※ 次の人を指名するかどうかも気分次第で大丈夫との事
☆バトンをお渡しするお友達は…☆
 友達、いねぇ!
 mutiさん、本の表紙のアップ写真だけで良いそうだから、時間的余裕あらば、やってみてちょ!
                               (2020/05/18)
コメント

[7日間ブックカバーチャレンジ・2日目:アンコールワット]

2020-05-17 09:46:07 | 新・海の向こうでの冒険
◇・・・☆7日間ブックカバーチャレンジ☆彡
   ☆2日目☆彡
 
     『アンコール遺跡見聞録』  内田弘慈著
 
 28年前、旅行仲間の間では、レアな国に行く事がトレンドになっていた。
 簡単に言うと、「俺、あそこに行ったぜ~!」「スゲぇなぁ!」を求める事だ。
 私は、当時、最もホットだったカンボジアに行くことを決め、カンボジア版の「地球の歩き方」などはなかったので、この本を買った。
 2800円は高かったけど、その価値はあった。
 渡航の手ほどきの項目もあった。
 ボロボロになるまで読んだ。
 さて、相応の覚悟でかの国に行くと、そこは、緑深き、絶対的な完璧遺跡アンコール・ワットの鎮座せし、優しげな微笑みを湛える美少女王国であった。
 青い空、沸き立つ雲、赤い土、荘厳な石造りの大伽藍…、参道に腰を下ろし、周囲に売り子の女の子がウロチョロしている幸せ!
 コロナ禍が収束したら、絶対に行くぞい、オー!
----------------------------------------------
『7日間ブックカバーチャレンジ』
〈ルール〉
 ☆読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ
 ☆好きな本を1日1冊投稿する
 ☆本についての説明不要
 ☆本の表紙画面をアップする
 ☆アップ毎に、1人のFBの友達を招待し、チャレンジの参加をお願いする
 ※ このチャレンジへの参加スルーOK
 ※ 次の人を指名するかどうかも気分次第で大丈夫との事
☆バトンをお渡しするお友達は…☆
 友達、いねぇ!
 若鷲さん、本の表紙のアップ写真だけで良いそうだから、時間的余裕あらば、やってみてちょ!
                                (2020/05/17)
コメント

[心を自由に羽ばたかせ!]

2020-05-17 08:46:37 | 新・街を行く
☆・・・先日のポスティングバイト!
 汗ダラダラになったけど爽やか!
 このご時世に言うのは申し訳ないが、俺、いま、人生の中でかなりの高順位で楽しいかも。
 世界が異常な時だからこそ、心を自由に羽ばたかせることが出来る。
 
     センス・オブ・ワンダー!!
 
 8時閉店の我が店も、ポスティングも、文筆も、幼女来店も順調!
 最近、よく来るお母さんが、3歳くらいの娘を連れてきた。
 ピルクルをあげると、お母さんに「ちゃんとお礼を言いなさい」と言われ、こっちを向いて「ありがとうございますぅ」と言ったんだけど、そのピルクルちゃん(仮名)の声が鈴の音みたいで可愛かったっス!
 もう完全に、小3のジージョちゃん・ココちゃんたちから、
 時代は、ベルちゃん(4歳)、アリスちゃん(3歳)、ルイルイちゃん(4歳)、ピルクルちゃんたちの、美幼女第7世代に変わってきてるなぁ!
 
(写真①)歩数3万歩弱!
(写真②)平地なのに駐車禁止の理由が「急勾配」ッ! 小金井警察、看板使い回し説!
(写真③)公園の隅に並べられた放置自転車。おそらく、国立駅辺りで盗まれた自転車が、ここらで乗り捨てられたのだろう。K金井警察、職務怠慢説!
(写真④)俺のような男色家には馴染み深い薔薇、その薔薇に彩られた館!
(写真⑤)小さいけど、色がしっかりした名前の知らない花々。「どうぶつの森」のガーデニングの花みたい(^.^)
 
                               (2020/05/17)
コメント

[7日間ブックカバーチャレンジ・1日目:本格ミステリー]

2020-05-16 06:22:58 | 新・物語の感想
◇・・・☆7日間ブックカバーチャレンジ☆彡
   ☆1日目☆彡
 
     『アトポス』  島田荘司著
 
 最近、いまいちな作品も多くなってしまった、本格ミステリーの神様・島田荘司、その絶頂期の一作。
 地球を謎解く名探偵御手洗潔ッ!
 だが、この大著は、前半の、「血の伯爵夫人」ことエリザベス・バートリーの物語が強烈!
 徹底的なオンナの怖さが描かれる。
 そして、後半が現代の物語。
 前半と後半に繋がりはあるようなないような、それを「テーマ上の繋がりがある!」と思わせてしまう、この時代の島田荘司の凄さ!
 舞台設定の散文的な積み重ねが、その迷宮的な世界に自分が生きているような気持ちにさせられる。
 御手洗潔シリーズは、傑作を、この順番で読んで!
「占星術殺人事件」→「斜め屋敷の犯罪」→「(短編集)御手洗潔の挨拶」→「異邦の騎士」→「(短編集)御手洗潔のダンス」→「暗闇坂の人喰いの木」→「水晶のピラミッド」→「眩暈」→「アトポス」→「摩天楼の怪人」…。
 正直、近年の作は出来がいまいち^_^;
 ただ、御手洗がマイルス・デイビスとともに、カンボジアで起こった事件を解決する話が予告されていて、それは楽しみだ(^.^)
----------------------------------------------
『7日間ブックカバーチャレンジ』
〈ルール〉
 ☆読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ
 ☆好きな本を1日1冊投稿する
 ☆本についての説明不要
 ☆本の表紙画面をアップする
 ☆アップ毎に、1人のFBの友達を招待し、チャレンジの参加をお願いする
 ※ このチャレンジへの参加スルーOK
 ※ 次の人を指名するかどうかも気分次第で大丈夫との事
☆バトンをお渡しするお友達は…☆
 友達、いねぇ!
 マユさん、本の表紙のアップ写真だけで良いそうだから、時間的余裕あらば、やってみてちょ!
                              (2020/05/16)
コメント

[サラダ菜の沙羅菜ちゃん]

2020-05-16 05:16:40 | 新・街を行く
☆・・・開店前、スーパーに買い出しに行ったら、客の婆さんと、
 パート不足で急遽 雇われたはいいけど、それぐらいしか出来ないから品出し要員の、やさぐれた#派遣風バイト が話していた。
 婆「かわいそうね、せっかく育ったのに」
 派遣「は、はい。そうすね」(基本、ニートなので、他人との会話に慣れていない^_^;)
 俺は、なんの会話をしているんだろう? と興味を持ち、2人を覗いた。
 派遣クンは、野菜を陳列していた。
 サラダ菜を並べていた。
 値札を見た。
「19円」だった!
 安過ぎる!
 普通ならば、だいたい148円くらいで、安売り時は98円だ。
 コロナ禍で、予定の出荷先からキャンセルされ、安い値でスーパーに流れてきたのだろう。
 婆さんは、「せっかく育ったのに、安い値でかわいそうね」と言っていたのだ。
 だから、私ゃ、特に必要ではなかったけど、二個買った。
 ちゃんと美味しく調理し食することが、サラダ菜、略して沙羅菜ちゃんの本懐だろう(ゝω・)
                           (2020/05/16)
コメント

[鬼滅の刃:20巻]

2020-05-13 11:30:11 | 新・物語の感想
☆・・・超ブームなので、発売日に朝一で特装版を買った。
 それほど悪かないが、なんでこんなに受けているのか分からない。
 
 ◇俺が評価するのは2点!
   ①序盤の悲劇性(だから、1巻から初版を買った)
   ②戦っている時の、主人公のパニクり心理描写
 
 ◇俺が首を傾げるのも2点!
   ①絵がド下手
   ②敵のデザインの悪さ
 
(追記)
 主人公の妹なので、そう呼ぶにはおかしいかも知れないがヒロインの名前に「禰豆子(ねずこ)」って変な名前を付け、それでも魅力的に描いたのは凄い^^
 
                        (2020/05/13)
コメント

[『 #検察庁法改正案に賛成します』の巻!]

2020-05-12 23:00:25 | 新・保守の一考
☆・・・気持ち悪い「# 検察庁法改正案に抗議します」と言う運動が起こっている。
 関口宏の売国番組が火をつけ、NHKが油を注いだらしい。
 少なくとも、ネット上の私の近くには、それを吹聴する馬鹿がいないで良かった。
 私は、店に来る男には言ってあるんだけど、今、頭を使う金稼ぎで忙しいのだ(「どうぶつの森」でも忙しいけど^^;)。
 幾つか、ネットで拾った事実をコラージュして記しておく。
 
 1・この法案は、抗議運動をするようなヤカラが、裏切られても裏切られても大好きな民主党の野田政権のときに、人事院より法律改正を求められ、参議院を通過している(平成23年のことだ^^;)。
 2・おそらく、やり玉に挙げられている東京高等検察庁の黒川検事長は、法案が通る前に定年を迎える^^;
 3・また、この黒川検事長は、カジノ法案(IR整備推進法案)の問題点を表沙汰にした人物であり、安倍政権にとっては都合の良い人物ではない^^;
 4・安倍政権が、長期に渡ってテーマとしてきた、少子高齢化問題の結果として、年金受給年齢の引き上げ、企業の定年・雇用年齢の引き上げ、技術者や経験者の海外流出を防いで国力を維持するなどと併せて、避けて通れない懸案だった。
 5・それが偶然にも、コロナ禍の中で、「正規の手順」の結果、法案決議の順番が回ってきただけ^^;
 6・また、この、ウンコみたいな「# 検察庁法改正案に抗議します」だが、380万のトレンドワードとなったが、ほとんどが同一IPアドレスだったりとスパム扱いとなり、すぐにトレンドワードから削除されたそうだ^^;
 7・踊らされた芸能人の恥ずかしさ・・・^^;
                            (2020/05/12)
コメント

[マスク考・2 『一億総白痴化(せめてもの2枚…)』の巻!]

2020-04-26 20:20:39 | 新・保守の一考

☆・・・この間、とある方が言っていたのだが、「今回のコロナ禍は、人の価値観が試される。このコロナに恐怖し会わなくなるカップルもいるし、国から金を貰うことだけを考えている人もいる」・・・。
 ちなみに、私は、致死に至る可能性もあるので対策はちゃんとするが、それ程恐れていない。
 だが、すいませんが、協力金は頂きます、と言う立場だ^^;
 私は、それにもう一つ付け加えたい。
「コロナに耐えられず、政府批判をはじめる保守派(基本、現与党自民党支持)の出現」だ。
 これは、福島第一原発の事故時にも大挙として現われた。
 結局、福島第一原発の時は、死者が一人も出てないのに、(当時野党の)それまでの自民党の原子力政策にあれだけ騒いで、結果なにもなく、そして謝罪もない^^;
 国家騒乱罪だぞ、あれ!

 ・・・さて、政府が配った「一杯のかけそば」ならぬ「3艘でもヨット」ならぬ「二枚のマスク」だが、これをバカにし続けている人がいるが、マスコミや左翼や在日に煽られて、これを批判するのは、あまりにも「想像力が欠如」している。
 まともな人間ならば、「ああ、このような経緯でマスクが配られるのだな」と分かるはずなのである・・・。
 ネットで見つけた、NAKATA・SYUNSUKEさんが簡略的にまとめているので、あたい、楽して引用する^_^;
   (以下、私、100%の同意として引用)

 ①現実的に使い捨てマスクが品薄なので、とりあえず大量確保できた分はまず必要な医療従事者や介護施設に優先的に回していい?
   ⇒これを否定的だとどうしようもないですね。
 ②とりあえずみんなに回すマスクはないけど、飛沫防止のため一般の人も外出時はマスクしてください。
   ⇒だからそのマスクが足りないっちゅうに
 ③とりあえず布でも効果あるから。洗って使い回せるし、自作すればいいでしょ?それか、お手製のスカーフでもハンカチでも何でもいいし。ほら、たくさん売ってもいるじゃん?
   ⇒そんなもん付けて仕事できるか!それに裁縫とかもう何年もやっとらんわ!(原文、一部変更)
 ④だったら市販の布製マスク買えば?
   ⇒今時そんなのどこも作ってねえよ!
 ⑤じゃあ政府がまとめて大量注文しといたので、とりあえず最初の1億枚を無料で配りますね。
   ⇒1人1枚じゃ使えないからな!使い回せる分だけ寄越せよ!
 ⑥そしたら1人2枚にしましょうか。なるべく多くの人に配りたいですし。あと役所で配ると混雑してクラスターなっちゃうから、とりあえず郵送します!ちなみに世帯人数確認しながらで配るの遅れるのと、一律にして早いのどっちがいい?
   ⇒急がねえと意味ないだろ!早くせいや!
 と、こんな感じでしょうか。
 ポイントは代替案や議論の経緯が見えないまま、結論だけ伝えられたことですね。
   (引用終わり)

 普通に生きてきて、学んで、暮らしてきた人間ならば、こうした経緯でマスクが二枚配られるようになったんだろうなぁ、と想像できて分かるはずなのだが、みんな、考えることを放棄して、テレビの情報を鵜呑みにするんだよなぁ。
 嗚呼!「一億総白痴化」が言われたのは63年前である。

 次回、「バカじゃねぇの? 韓国のコロナ対策を持てはやす日本のマスコミ」の巻!

                               (2020/04/26)

コメント

[マスク考・1]

2020-04-19 16:25:42 | 新・保守の一考

☆・・・友達に、しばらくは持つだろう量のマスクを手に入れて頂いた(写真の左のマスク)。
 ちなみに、右のマスクは、私が日頃 使っていた市販の複層のマスク。
 左のマスクはシートが一層で、はっきりしてないが、PM2.5対応マスクのようだ。

 …PM2.5(微小粒子状物質)とは、粒径2.5μm(2.5mmの千分の1)以下の粒子状物質。
 マイクロ(μ)は100万分の1の単位。
 2.5マイクロメートル(μm)は髪の毛の太さの1/30程度、花粉より小さい大きさ。(ネットからの引用)

 つまり、このマスクは、少なくとも、2.5μmの物質には対応できると言える。
 では、新型コロナウィルスには対応するか?
 新型コロナウィルスのサイズは?
 …0.1μm程度の大きさ
 PM2.5の1/25(25分の1)の大きさ。
 左のPM2.5マスクでは対応が難しいようで、ならば、右の複層マスクはどうか?
 いや、右のマスクであっても、左のマスクであっても、
 また、「細菌や花粉など直径0.3μm以上の微粒子を95%以上捕集できる(ネットからの引用)」という高性能とも言われる[N95マスク]であっても、0.1μmの大きさの新型コロナウィルスを捕らえるのは難しい、となる、か?

 いや、それはあまりにも想像力に欠ける。
 ウィルスは、それ単体で浮遊するものではない。
 唾液や鼻水、手に付着して「移動」するのである。
 ダイレクトにくらう可能性のあろう唾液や鼻水の飛沫の大きさが、マイクロメートル(μm)のサイズであることは、ほとんどない。
 つまり、どんなマスク(顔を覆うもの)であろうとも、していれば、第一次接触はシャットダウン出来る理屈が成り立つ。
 後は、手洗いとうがいの問題だ。

 …と、偉そうに書きつつ、福生最初の感染者になったらやだなぁ^_^;

                              (2020/04/19)

コメント

[『噛み合わない会話をしてくる人』の巻!]☆

2020-04-15 00:03:14 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・写真は国連さんから頂いた基地内のチョコ(^.^)
 下の写真は、ポスティングバイトの途中で見た、コロナ休校に飽きた子供が書いたと思われる、壁の落書き。

 さて、私の店だが、開店を早めつつの時短営業をしている。
 思ったより稼げているが、暇な時間も多い。
 なんか面白い話を書くとする。

     『噛み合わない会話をしてくる人』の巻!

 最近 たまに来るお客さん・白髪マサルさん(仮名)がいる。
 この人、なんとも会話が噛み合わない。
 この人は一人暮らしで毎日 外食だそうで、色んなところで夕食を食べるそうで、私は、「昨夜はどこで食べたんですか?」とか聞く。
 すると、「まあまあまあ、それはおいおい^_^;」とか言うのである。
 いや、白髪マサルさん、別に前の晩に食事した場所が、後から聞くに、私との会話に都合悪い訳ではないのである。
 もしくは、もったいぶって話す場所でもないのである。
 答えない意味が分からない。
 で、白髪マサルさんが聞いてくる。
「どっか、おいしい店、知ってますか?」
「いや、僕は毎日、休みなくこの時間(夜間)に働いているので、ランチやってない店にはほとんど行けないのです」
 すると、白髪マサル、「またまたぁ~」とか言うのである。
 この人、二週間に一度くらいの来店で、適度に間を置くので、前回の会話を繰り返すので、私、「またまたぁ~、そんなこと言っちゃってぇ~」と五回くらい言われているのである。
 そのたびに私は、その解せなさにムカッとする。
 例えば、私が、「いやぁ、俺、めっきり風俗に行かなくなりました」とか言って、それで、白髪マサルに「またまたぁ~」とか言われるならば分かるんだけど、
 なんで、「店で仕事しているので、夜間は深夜2時までやってるサイゼリアくらいしか行けないんです」と答えるに際し、「またまたぁ~」と言われなくちゃならないのか分からない。

                             (2020/04/20)

コメント

[包丁]☆

2020-04-14 09:20:36 | 新・ふと思う

☆・・・うちの店のフィッシュ&チップスの白身魚は、鱈を使っている。
 (海外のはサメを使っていることが多い。クジラやイルカはダメで、サメは密かに喰らう欧米人の欺瞞。まあ、サメは魚類だけど…)

 …半身で届くので、包丁で手頃な大きさに切る。
 いつもの、大きな生ハムのブロックの硬い皮を切り出す包丁をしまい(出刃包丁)、生ハムのブロックの大きさを調整したりする包丁(柳葉敏郎^_^;)を取り出す。
 どっちも、私のイメージでは生ハムを切る包丁だ。
 しかし、ふと思い至った。

        …どちらの包丁も、本来は魚を切るものじゃん( ̄。 ̄;)

 なんで白黒写真かと言うと、包丁の研ぎが美しくないから誤魔化している^_^;

                        (2020/04/14)

コメント

[最近 観た映画(5)]

2020-04-13 23:48:40 | 新・物語の感想

☆・・・《最近 観た映画(5)》

これら、3月に観た作品です。
4月は、おそらく、映画館で映画鑑賞は出来ないでしょう。
こんな長期間、映画館に行けないのは、ここ四十年、なかったことです。

(今年の27作目)『ヲタクに恋は難しい』…3.0
 福田監督にしては笑えなかった。
 鷲巣詩郎担当の音楽を使ったミュージカルシーンも、物語の水増しのイメージしかない。
 高畑充希は確かに、演技・踊り・歌、何をやらしてもうまい。
 でも、それが笑いに繋がるとは限らない。
 対して、賀来賢人の登場シーンだけは笑った。

(28作目)『弥生、3月 君を愛した30年』…3.0
 全10話、1話ごとに1年づつ10年を描いた、変わり者の主人公と仲間たちを描いたテレビドラマ『同期のサクラ』の作り手が手がけた、姉妹編とも言うべき作品。
 こちらは、30年の毎年3月だけを描いた紆余曲折の恋愛物語だ。
 描かれない年もあるし、時間が前後したりもする。
 感動のクライマックスだけをつなげたような泣ける展開。
 感動するけど、個々の話はありきたりだ。
 大量の寄せ集め感動話で、こちらを圧倒する。
 ヒロインの#波瑠 は美しく、見惚れた。

(29作目)『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』…4.0
 マーゴット・ロビー演じる
、このハーレイ・クイン、俺、全く魅力を感じない。

 美形なのだが、全くそそらないし、物語も、いまいちパッとしないで進んでいく。
 なんか、物語上、ハーレイクインを含めて5人の女が登場するが、いずれも、容姿にグッとくるものがなく、物語上 冴えないし、女優面では俺を引きつけない。
 と、思いきや、終盤で一気に、あれよあれよと、その5人の、社会からの「はみ出し者たち」がチームを組み、悪党に挑む。
 超盛り上がり展開!(^O^)v

(今年の30作目)『おいしい給食』…3.5
 深夜ドラマ版と平行して作られていた映画版。
 給食に命を賭けている教師と一生徒の、どちらがより給食をおいしく堪能出来ているか、の毎日のバトルの物語。
 前半は面白い。
 いつもテレビの画面で見ていた給食バトルが大画面で見られるのだ。
 笑いに不向きと思われた市原隼人の見事なコメディアン振り、生徒役のドヤ顔。
 たまらなく面白い。
 しかし、後半は劇場版ならではの事件が起き、その解決に2人は奔走する。
 それが妙にリアルに描かれ、悩む2人に、私は、こんな2人は見たくなかった、と思わせられるのだった…。

 ……映画興行界のドル箱の時期のゴールデンウィークも、映画館は閉鎖だろう……。

                                     (2020/04/13)

コメント

[杖で健康!]☆

2020-04-12 16:57:55 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・店にはダイソーで買った杖がある。
 これは、背中や首に回して、金田式健康棒的な使い方をしている。
 気持ちいいのだ。
 しかしっ!
 この杖を見て、とあるお客さんたちが、俺に聞くでもなく、勝手に「マスターは働き過ぎ、だから、身体がボロボロで杖を使って歩かなきゃならないんだ。あんまし無理させないように、来店の回数を減らそう…」って、このバカ!
 なんで勝手に妄想を膨らませて、勝手な結論を出すんだよ^_^;
 今、テレビを見ていたら、エヴァちゃんが出演していた。
 可愛いのぉ^^

                          (2020/04/12)

コメント

[「宙」と「霊」と宛名]

2020-03-26 10:40:56 | 新・保守の一考

☆・・・かれこれ二十年近いネット上での知り合い(てゆーか、思想闘争の盟友)の書家(であり、おそらく大学教育関係者)より、「書」を頂く。

   
 本名分からずして、そのハンドルネームは「苹」、私 読み方が分からず、調べることもせず、ずーっと「シオリ」さんと読んでいる・呼んでいる。
 素性を隠しているので知らねど、思想界の暴れん坊の私を許容してくれているので、MUTIさんや若鷲さんのように性格穏やかにして正義を愛す人だし、何よりも、その「書」を見れば説得力 甚だしい。
 「宙」と「霊」の文字の朧さ、宛名の私の名前は斬り込んできます。
 然るべき装丁をしたいですが、とりあえず、裸で写しておきます。
 その苹さんからの説明を付す。

《…同じ宛先で構わなければ、先日ボツにした色紙でも送りましょうかね…。(今夜あたり封筒に宛名書きをして、体調がよければ明日にでも郵送する予定。)
 薄墨で書いた二枚は呉竹精昇堂「千寿墨」の墨色見本で、一枚はNo.14「三陽開泰」使用の「宙」(2020.3.17)。健康的な線質になり過ぎて気に食わないからボツ。もう一枚はNo.27「南都青松煙」使用の「靈」(2020.3.19)。字がひん曲がり過ぎて気に食わないからボツ。…》

《…封筒は墨運堂「墨精」S.59製を磨って書きました。…でも明日は日曜なのね。体調がよければ月曜、郵便局に行ってきます。外国人のお客が来るなら「宙」はスペース・ファンタジー、「靈」はスピリチュアル・メソッドとでも説明すれば反応どうなるかしら。クラシック音楽と組み合わせるなら前者は大嫌いなホルスト《惑星》、後者は大好きなプロコフィエフsym.7《青春》に絡めたら面白いかも。
 ●Prokofiev: Symphony No. 7 / Gergiev · London Symphony Orchestra…》

 まあ、苹さん、三十年後ほど後に、亡くなる前に、私に素性を明らかにしてください、そしたら、この「書」の価値が分かるってもんです^^;;;;; @ Japan

   

                                 (2020/04/26)

コメント (4)

[チョコベビー]☆

2020-03-14 10:41:24 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・明治チョコレートのチョコベビーは、初めて透明な容器に入ったチョコレートなんだって!
 オラ、子どもの頃から、このチョコを目にすると、何故か乳首を思い出すんだよね^_^;
 いや、色じゃないよ、形が(^◇^;)

                      (2020/03/14)

コメント