『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[『ヤマト2199 追憶の航海(2観目)』(寸評:フォムト・バーガー少佐)]

2014-10-18 23:59:58 | 新・物語の感想

☆・・・今一度、大画面で見ときたくて、観に行った^^

 前回、入場者プレゼントで貰った「ヤマト・シークレット・ファイル」だが、今回は、そのパート2が貰えた^^

         

 前の感想で、山本の活躍がなくてモブ扱いだ、と書いたのだが、見直したら、かなりエピソードがあった、間違いでしたすいません。

 さて、ドメル将軍には、4人の幕僚団がいた。

 ハイデルン、ゲットー、バーガー、クロイツ・・・。

 この4人は、ヤマトとの「七色星団の戦い」において戦死することになる。

 バーガーは、戦いにおいて、劣勢になった時、「これで終わるってのかよ!」とか叫んでいる。

 それが心に残った。

 本編が終わり、劇場版最新オリジナル作『ヤマト2199 星巡る箱舟』の予告編が流された。

 新映像の数々に、私、大喜びする。

 ・・・あれ? 見た顔が・・・。

 でも、気に留めなかった。

 そして、二観目。

 もしかして、このキャラ・・・? ドメルの部下の一人じゃないか? 生きていたのか?

 調べると、バーガー少佐のようだった。

         

 そして、

 MOVIX昭島に置かれていた、最新のチラシでは、バーガー少佐の姿がポスター様式の前面に出ていた!!

        

 ・・・つまり、バーガー少佐は、「七色星団の戦い」を生き延びて、次作でヤマトに戦いを挑むのである!

 そして、次作の舞台「薄鈍色の惑星空間」では、ヤマト・ガミラス・ガトランティスの三つ巴の戦いが繰り広げられる模様!!!

 ・・・・もう、興奮の極みである^^

                                                               (2014/10/18)

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« [まさか、の、『男坂』第4巻... | トップ | [『ダムマンガ』と『ダム・フ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2014-10-19 22:16:37
青い姉さんの唇が赤くってエロくてステキ。でもまあ、昔の立体眼鏡かよって色の組み合わせだけど。
フォムトバーガー健在なり (やまとおやじ)
2014-10-28 00:22:45
ハイデルン、ゲットー、クロイツは勇敢に戦死するシーンがあり、バーガーにはそれがなかった。三段空母も、雲海に沈んだが爆発はしていない(急降下爆撃機は、七色の空にバラバラに・・)。年末の映画を考え、バーガー一人を捨てゼリフを吐かせて生かしておいたなら、まさに秀逸な設定です。
予告編では、土方艦長も出てきそうだし、火炎直撃砲も・・盛りだくさんの内容でウキウキしてます。まさか、反物質なお人は出てこないと思いますが。最後まで気が抜けない展開でしょう。
御二方へ♪ (ミッドナイト・蘭)
2014-11-21 10:20:59
>>ふじき78さんへ♪

斬新な色合いはエロ愛でもありますね^^(←なんかうまいこと言った気になってる^^;)

>>やまとおやじさんへ♪

もうすぐですね、楽しみです。
確かに、土方艦長が出て来てますね。
しかも、切迫した表情。
戦いにどう絡めるのか?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』は総集編じゃない (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  「総集編といっても、とにかく1本の映画。2時間の劇場映画を作る気持ちでやろうと。それを僕らのスタンスにしたんです。」  『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』のパンフレットに収録されたインタビューで、構成の森田繁氏は加戸誉夫(かと たか...
『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』を新宿ピカデリー1で観て、満腹ふじき★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★総集編も大作だなあ】 宇宙戦艦ヤマト2199は緻密な脚本によって作られたOVAであり、その膨大な記録を総集編化する事で、何かしら失われてしまうものが ...
『宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海』ネタバレ注意! (まっきいのつれづれあれこれ)
いよいよヤマト発進! ってなことで、年末に新作「星巡る方舟」が公開される前に、T
宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海 (だらだら無気力ブログ!)
個人的には楽しめた口だが、2時間弱に纏めるには無理があったかな。