『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ミーアキャット』と『オペラ座の怪人』を観た]

2009-01-23 20:51:07 | 物語の感想
☆今、日の出のワーナーマイカルで、過去の名作を500円で観れる<アンコール・シネマ>というイベントをやっていて、ジョエル・シュマッカー監督版の『オペラ座の怪人』を観た。

   

 ゴージャスな素晴らしい作品であった。

 私は、シュマッカー監督は、『フラットライナー(1990)』を映画館で見て、その破綻しきった物語に「ああ、この監督ダメだ・・・」と、それ以後、ダメ監督のレッテルを貼ったものだが、この作品は見事だった(まあ、昨年、『ナンバー23』と言うトンデモ映画を作ってもいたね^^;)。

 有名なミュージカルを、映画へ移し変えたものなので、その音楽や元になる脚本にあまり不満はない。

 ただ、<怪人>に好まれてオペラのレッスンを受けたヒロインが、昔馴染みの恋人と結ばれるに至り、怪人のもとから去るのだが、そこにもっともっと逡巡が欲しい気がした。

 だから、見事な、オペラ座を中心とした迷宮的なセットの中で、スタンダードとなっている物語を見事に展開させていたにもかかわらず、そのクライマックスがあっさりしすぎていて腰砕けな感じがした。

 私自身も、もっと<怪人>に、感情移入したかった。

 ある意味、この<オペラ座の怪人>は、「振られ男」の雛形でもあるからなあ^^;

 ・・・傑作といえようが、私、仕事の後のレイトショータイムでの鑑賞だったので、眠くて辛かった^^;

   ◇

 『ミーアキャット(吹き替え版)』は面白かった。

 アフリカ南部のカラハリ砂漠と言う乾いた苛酷な地で生きているミーアキャットの生活を追ったドキュメントだ。

 小さく、ヒョロッとしたイタチのような動物で、とてもユーモラスだ。

   

 いつも群れて、何故だかいつも首を長くしてボーッと立っている。

 驚いたりして首を傾げる仕草や、怖くて年上にすがる姿が人間の子供みたいだ。

 そのままでも面白いのだが、私は、こいつらを「妖怪」と思って見た。

 よく妖怪の絵図で現われる「旧鼠(鉄鼠)」とクリソツだからである。

   

 人里離れた砂漠での、妖怪一族の暮らしが描かれていると思うと面白さ倍増^^v

 ・・・ミーアキャットが苛酷な環境で暮らしていくには、自然の状況が一番の問題だが、

 同じ生き物の天敵としては、空の敵・鍵爪鷹と、陸の敵・ケープコブラがいる。

 ライオンとかも大敵だが、上記の二者が特筆すべき天敵である。

 自然はうまく出来ているなと思うのが、

 鍵爪鷹に襲われた場合は、ミーアキャットがねぐらとしている巣穴に戻ればいいし、

 しかし、ケープコブラは、巣穴の中にも入ってくる・・・、

 だが、ミーアキャットは、マングースの種族で、強敵のコブラとも戦えるのである。

 自然は、どこかに「生きる道」を残してくれている^^

 主人公のコロだが、最初は赤ちゃんで可愛い。

 しかし、そのコロは、多くの試練を経て群れのベテランになる。

 可愛い弟も出来るのだが、不思議と、観ている私達にとっては、大きくなっても、コロが肉親的に可愛いのである。

 これも一つのドキュメントの、擬似肉親魔術であろう^^;

 クライマックスは、コロの鍵爪鷲との戦いなのだが、その猛追を逃れて、巣穴に戻ると、そこにはコブラが蛇舌をヒュルヒュルさせながら待ち構えていたのだ。

   前門の狼、後門の虎!

 しかし、その結果、私が鑑賞中の中盤に、「こうなればいいな」と思っていたと同じオチを迎える。

 まるで、O・ヘンリーの短篇のように無駄のない結末であった。

 しかし、これは、果たしてドキュメントなのか? と、ちょいと疑問に思った。

 ミーアキャットなどの、人間臭い仕草も、果たして、その通りの「状況」でのリアクションだったのか?

 くだんの結末・・・、「鷹に追われたミーアキャットが、巣穴に逃げ込むと、コブラが待ち構えていて、それから逃げて巣穴から出ると、鷹がコブラを捕まえる」・・・、この一連のうまい展開は、果たして、実際に撮影班の目の前で起こった流れなのか、非常に疑問である。

   ◇

 ともあれ、良作を二日続けて観て、世は満足じゃ^^v

                         (2009/01/23)

コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | [映画『レボリューショナリー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

17 トラックバック

『ミーアキャット』(吹替版) (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ミーアキャット」 □監督 ジェームス・ハニーボーン □ナレーション ポール・ニューマン□日本語吹替版ナレーション 三谷幸喜■鑑賞日 1月17日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> ア...
試写会「ミーアキャット」 (流れ流れて八丈島)
六本木ミッドタウンのGAGA試写室で「ミーアキャット」を観てきました。良質の動物ドキュメンタリーですとにかく、映像が素晴らしかったですね。とりわけ巣穴の中の映像は、どうやって撮ったんだろう地下でのコブラとの戦いとか、大変だったんだろうなぁまた、体長わず...
『ミーアキャット』 (ラムの大通り)
(原題:The Meercats) -----おっ、これはフォーンのお仲間の映画だニャ。 「(笑)残念。そうじゃないんだ。 勘違いされやすいけど、 ミーアキャットはネコ科ではなく、 食肉目マングース科」 ----えっ、じゃあハブと戦うの? 「いや、さすがにカラハリ砂漠にはハブはい...
『ミーアキャット』(日本語吹き替え版)を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 結構、長い顔してるんだ。 『ミーアキャット』(日本語吹き替え版) "THE MEERKATS" 2008年・イギリス・83分 監督:ジェームズ・ハニーボーン ...
「ミーアキャット」 (みんなシネマいいのに!)
 昔、「野生の王国」という番組が好きで毎回楽しみに観ていた。 動物と自分の子供は
ミーアキャット 吹替え版 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年1月10日 公開 ★★★★☆ 星4っつです! 私の会社の松尾さんにも似ています! えぇ松ちゃんって言うんですけど。 笑わないんですよね・・・ってそんなこたぁ~どぉでもいいですよね。 いやぁ~ん、ミーアキャット...
映画「ミーアキャット」 (腹黒い白猫は見た!!)
2009年14本目映画「ミーアキャット」立ち向かえ、地上30センチの勇者たち。ストーリー過酷な生存競争が繰り広げられる灼熱の台地。250万平方キロメートルからなる広大なアフリカ・カラハリ砂漠。体長わずか30センチの小さな命は、危険と隣合せの日々をどう生き抜いていく....
ミーアキャット (とりあえず、コメントです)
アフリカのカラハリ砂漠に生きる動物たちの姿を描いたBBC製作のドキュメンタリーです。 家族で暮らすミーアキャットの成長物語は厳しさと逞しさを感じさせてくれました(^^) 生後3ヶ月のミーアキャット“コロ”が初めて地上に出るようになってから やがて成長し、弟たちが...
ドキュメンタリーというよりは・・・。『ミーアキャット(日本語吹替版)』 (水曜日のシネマ日記)
アフリカのカラハリ砂漠に生きる野生動物ミーアキャットを捉えたドキュメンタリー映画です。
ミーアキャット (だらだら無気力ブログ)
アフリカのカラハリ砂漠に生息する身長30センチのミーアキャットの生活を とらえたドキュメンタリー。過酷な自然環境の中、「ロコ」と名づけられた ミーアキャットの子供の成長を軸に危険と隣合わせのミーアキャットの家族の 生活を迫力ある映像で綴る。アフリカのカ...
ミーアキャット (映画通の部屋)
「ミーアキャット」 THE MEERKATS/製作:2008年、イギリス 83分
ミーアキャット (まぁず、なにやってんだか)
昨日は九段会館で「ミーアキャット」の試写会でした。 ミーアキャットは小さいです。体長30cmほどです。 それなのにカメラの目線がかなり下からなので、ミーアキャットが大きく見えるのです。 ミーアキャットはおなかを太陽に向けて日光浴します。群れ全体が同...
ラッセルモカシンカラハリ (ラッセルモカシンファンサイト)
ラッセルモカシンカラハリ【RUSSELL MOCCASIN】 Kalahari P.Hラルフローレン、ポロ ラグビー、H
月にキツネとキャット (Akira's VOICE)
「ザ・ムーン」 「きつねと私の12ヶ月」 「ミーアキャット」 
【映画】ミーアキャット…肘を打ったらジーンってする部分はハニーボーン (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/} サブタイトルは映画監督の名前みて思いついた事をただ書きました{/face_ase2/} 今週も忙しかったです{/face_hekomu/}{/ase/} 本当は今日も仕事に行った方が良かったのかも{/face_ase1/}…なんて思う仕事量ですが、先週も働いたしね{/face_hekomu/}。出...
オペラ座の怪人 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『世界で一番有名な、哀しくも美しい愛の物語』  コチラの「オペラ座の怪人」は、現代のモーツァルト、って言ってもキダタローじゃありませんヾ(・ε・。)ォィォィ アンドリュー・ロイド=ウェバーの傑作ミュージカルを自ら製作総指揮・脚本・音楽を手掛け映画化し...
オペラ座の怪人 [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE PHANTOM OF THE OPERA公開:2005/01/29(リバイバル2007/10/13)製作国:アメリカ/イギリス上映時間:140分監督:ジョエル・シューマカー出演:ジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム、パトリック・ウィルソン、ミランダ・リチャードソン、ミニー・ドライヴ...