『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『プレデターズ』を観た]

2010-08-07 00:11:14 | 物語の感想
☆この作品、今日で公開が終わりの映画館が多く、私、慌ててレイトショーに行きましたよ。

 う~む、面白かった。

 今まで、地球に狩りに来ていたプレデターが、今回は、自分らのこさえたハンティング・フィールドに地球人のサバイバーたちを連れてくる設定である。

 ある意味、『新・猿の惑星』みたいなコペルニクス的な展開とも言えよう^^

 この、何者かが、人類から数人の人間を選んで連れて来て、そこで特殊なミッションを与えるというコンセプトは、大人気マンガで、映画化もされる『GANTZ』と同じである。

 くしくも、『GANTZ』は内容を先行された形で、

 『GANTZ』の人気は、その強制性の中で、見も知らない仲間と、その異世界の謎を探索しつつ、未知の存在と戦っていくことにあり、

 それと同様の展開を見せる今回の「プレデター」は、シンプルな話ながらも、定番の、謎・仲間・バトル・解明・捻り・終局への流れを、非常に丁寧な描写で行い、実に面白かった。

 舞台となる惑星を熱帯の気候にしたこともあって、登場人物は、常に暑さにまいるような表情をしており、それが本当に暑いのだろうから、演技云々はおいておいても、各役者の挙動にリアルさが出てくる。

 連れて来られるメンバーは、主に各種軍隊のエキスパート達だが、そこに、例えば、プロレスラーのチャンピオンとかが選ばれていたりして興醒めさせられないところが良かった。

 スポーツ選手は、勝つために人を殺す訳ではないし、このプレデターたちの仕組んだ生き残りゲームを勝ち抜くのには不適格だからだ。

 メンバーの中には、一人、硬派な日本人ヤクザがいて、寡黙でありつつも、寡黙な理由は「口は災いの元」とツメて指を欠落した手をニヤリと見せたりの味のある演出、日本刀でプレデターと決闘をする(しかも勝つ)など、物語上、華を持たせられている。

 これは、おそらく、昨今の世界映画市場での渡辺謙の活躍のおかげであろう。

 渡辺謙の活躍は、ハリウッドに、日本人の美徳を植えつけてくれた。

 また、おそらくマニアにはたまらないのだろうが、各国軍人の銃器の違いも面白い。

 なかなか、リアルに感傷的な情緒を見せるヒロインなどは、イスラエルから拉致されてきたのだが、最新式っぽい、デジタル表示の銃器を持っている。

 主人公は、機能的だが無骨なもの。

 くだんのヤクザは、装飾された短銃。

 力押しのロシアのマシンガン、などなど。

 同様に、各プレデターのマスクの違いも鮮明で、個性が感じられた。

 プレデターの方にも、何やら事情があるらしいのは、その第二作目辺りから分かっているのだが、今回の作品では、更に二つの種族が諍いを起こしていることも語られて、今後のシリーズ展開に生かされるだろう。

 主人公が、やや個人的な個性のようでいて、最終的には、仲間を助けてしまうという、その、「土壇場での選択」と言うテーマにおいても、やや切れ味が悪かったが、見ている私らでも共感できるテーマで良かったと思う。

 公開の最終日に、明日が仕事早いのにレイトショーに駆けつけて良かった^^

 『プレデター』シリーズは、まだまだ多くの可能性を秘めているのだなぁ!

                                           (2010/08/06)

コメント   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

30 トラックバック

プレデターズ (LOVE Cinemas 調布)
1987年のアーノルド・シュワルツェネッガー主演作『シュワルツェネッガー/プレデター』、舞台をとある惑星へと置き換えてリメイクされたのが本作だ。狩りの獲物として連れてこられた人間たちとプレデターとの戦いを描き出したSFアクション。主演は『戦場のピアニス...
劇場鑑賞「プレデターズ」 (日々“是”精進!)
「プレデターズ」を鑑賞してきました1987年のアーノルド・シュワルツェネッガー主演作に登場して以来、SF映画史上屈指の人気キャラクターに成長した“プレデター”。本作は、...
プレデターズ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ロバート・ロドリゲス製作、ニムロッド・アーントル監督、エイドリアン・ブロディ、トファー・グレイス、ローレンス・フィッシュバーン、アリシー・ブラガ、ダニー・トレホ、オレッグ・タクタロフ、ウォルトン・ゴギンズ、ルイス・オザワ・チャンチェン。プレ...
映画「プレデターズ」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『プレデターズ』を昨日にTOHOシネマズデーにて鑑賞。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら50点。 ざっくりストーリー 主人公ロイスを始め世界中から戦闘のエリートたちや日本の殺し屋や医師が地球外生命体に誘拐され、ある惑星に拉致される。や...
プレデターズ/エイドリアン・ブロディ (カノンな日々)
1987年に製作されたオリジナルのシュワちゃんの『プレデター』は今さら説明不要な名作と言われるSFサバイバル・アクション映画。エイリアンとはまた違うタイプの地球外生命体の圧倒的なパワーと存在感。そして何よりあの重厚なスーツの下に隠された本当の正体のあまりの不...
「プレデターズ」みた。 (たいむのひとりごと)
実は、これまでまったく『プレデター』のシリーズを見ていなかったりする。まるで興味がなかったのだから仕方がない。でも以前からこのシリーズの評判は良いと感じていたし、”プレデター”好きも大勢いるようだしで
プレデターズ (Akira's VOICE)
無駄話が多過ぎる!  
プレデターズ (そーれりぽーと)
元々B級色の強かった『プレデター』を仕切りなおし、『プレデター2』をなかった事にして23年ぶりの続編が作られた。 しかもB級大好きロバート・ロドリゲスが本気でプロデュース。 個人的には『エイリアン VS. プレデター』の1作目がかなりに好きなので、仕切り直され...
プレデターズ (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
以前までは地球にプレデターがやってくるお話だったけど、今作からは人間がプレデターの星に連行されてしまう。地球ではお互いに殺し合いをするようなメンバーがプレデターに立ち向かうのが、迫力満点で描かれている。
『プレデターズ』 (めでぃあみっくす)
オマージュというよりはリスタート、つまり再起動。なので『プレデター』のような面白さはないものの、『プレデター』にはない面白さがある映画でした。特に剣道二段の腕前を持つルーイ・オザワ・チャンチェンさん演じるヤクザの殺陣シーンはオリジナルにはない、この映画...
『プレデターズ』・・・舞台は未知の惑星へ (SOARのパストラーレ♪)
シリーズ最新作は続編ではなく1作目『プレデター』のリメイクといったほうがしっくり来るように感じた。その舞台こそ未知の惑星となっているが、戦闘のプロたちがジャングルでプレデターと死闘を繰り広げる展開はまさしく同じ筋書き。ここはひとつ1作目との比較も楽しみた...
プレデターズ (だらだら無気力ブログ)
1987年のアーノルド・シュワルツェネッガー主演で制作されたSF映画 『シュワルツェネッガー/プレデター』の舞台を地球から未知の惑星に舞台を 変えてリメイクしたSFアクション。 地球でさらわれた人間達が未知の惑星で地球外生命体によって狩りの獲物と してハンテ...
プレデターズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】 その世界観に、いきなり突き落とされたのは観客も同じ。
プレデターズ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アーノルド・シュワルツェネッガーの『プレデター』が大好きー断然5点満点です。で、、、この度、1987年のこの作品のリメイクということで、「前作は越えられないだろうなぁ~」とは思いつつも観に行ってみました。なんでも、ロバート・ロドリゲス(『シン・シティ』『プ...
プレデターズ (小部屋日記)
PREDATORS(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:ニムロッド・アーントル 出演:エイドリアン・ブロディ/トファー・グレイス/アリシー・ブラガ/ローレンス・フィッシュバーン/ダニー・トレホ/ウォルトン・ゴギンズ 「殺す」という本能。「生きる」という本能。 ...
プレデターズ 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
プレデタ―ズ(2010) (銅版画制作の日々)
 PREDATORS 東宝シネマズ二条にて鑑賞。多分アーノルド・シュワルツェネッガーが主演のものは観たと思うのですが、、、、、。あんまり覚えていません。1987年の作品なので、今から23年前ですね。かなり昔だな。 さて今回の主役を務めるのはエイドリアン・ブロデ...
「プレデターズ」これって、B級?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[プレデターズ] ブログ村キーワード  ある意味、今年の夏休み映画の中で吾輩が最も楽しみにしていたのは、この映画だったかも知れません。「プレデターズ」(20世紀FOX)。シュワルツェネッガー主演の「プレデター」('87)のリメイク。おなじみの“不細工エイリアン・ハン...
『プレデターズ』(2010)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:PREDATORS監督:ニムロッド・アーントル出演:エイドリアン・ブロディ、トファー・グレイス、ローレンス・フィッシュバーン、アリシー・ブラガ、ダニー・トレホ、オレッグ・タク...
映画「プレデターズ」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 「プレデターズ」を上映する76席のプレミアスクリーンには、日曜日のファーストデイと言う事で満席だ。それも男女比9:1と言う圧倒的男ばかりの熱気に包まれて映画を見た。 ...
【映画評】<!-- ぷれでたーず -->プレデターズ (未完の映画評)
未知なる惑星に連れ去られた最強の殺人者どもがプレデターに狩られる、『プレデター』シリーズ最新作。
SF映画「プレデターズ」評価★★★☆☆ (ネットでお小遣いUP大作戦!)
 人間を狩るために未知の惑星にプレデターたちが戦闘のエキスパートを連れてきたという設定がとてもドキドキさせます。絶望感いっぱいで圧倒的に不利な状況でも、必死に戦いを挑んでいく地球人の姿はちょっと感動的です。ジャングルで出会った8人のうちだれが生き残れる...
SF映画「プレデターズ」評価★★★☆☆ (ネットでお小遣いUP大作戦!)
 人間を狩るために未知の惑星にプレデターたちが戦闘のエキスパートを連れてきたという設定がとてもドキドキさせます。絶望感いっぱいで圧倒的に不利な状況でも、必死に戦いを挑んでいく地球人の姿はちょっと感動的です。ジャングルで出会った8人のうちだれが生き残れる...
「プレデターズ」 (みんなシネマいいのに!)
 自分は比較的余裕がある時は釣りに行くのだが、年に1~2回は釣り堀に行くことがあ
「プレデターズ」 (みんなシネマいいのに!)
 自分は比較的余裕がある時は釣りに行くのだが、年に1~2回は釣り堀に行くことがあ
プレデターズ (Predators) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニムロッド・アーントル 主演 エイドリアン・ブロディ 2010年 アメリカ映画 107分 アクション 採点★★★ 海釣りってのは、ホント楽しいですよねぇ。色んなものから解き放たれて、ボーっと大海原を眺めながら糸を垂らしている、その時間が堪らない。釣れれば...
プレデターズ (こわいものみたさ)
『プレデターズ』  PRESATORS 【製作年度】2010年 【製作国】アメリカ 【監督】ニムロッド・アーントル 【出演】トファー・グレイス/ローレンス・フィッシュバーン/エイドリアン・ブロディ...
「プレデターズ」(2010) (INUNEKO)
見たかったヤツ。 何時まで経っても貸出中だから、いっそアイチューンストアでレンタルしようかと思ったくらい。 なんかギャラの高いのが顔見せだけですぐ死ぬ感じだな。 ダニー・トレホとかローレンス・フィッシュバーンとか。 エイドリアン・ブロディだって安かないんだ...
【映画】プレデターズ…2010年の観賞映画は2010年のうちに(4) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日、そとは凄い風です…天気悪いなぁ 今日は個人的には仕事納め(夜勤)なのですが、下手すりゃ朝までお仕事 で明日は職場の忘年会です。私の会社は夜勤があるので必ず最終日が忘年会です 明日は息子も帰省してきます。初めての帰省ラッシュに耐えられるのでしょうか ...
プレデターズ (RISING STEEL)
プレデターズ / PREDATORS 見知らぬジャングルに理由も分からず拉致された人々。 傭兵、スナイパー、特殊部隊隊員、ヤクザ。 立場は様々だが共通点は殺しのプロだということ。 やがて彼らはここが地...