『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[JOJO話(1・パープルヘイズ)]

2011-09-26 21:28:52 | 物語の感想
☆私は、「ジョジョの奇妙な冒険」の既部8部作の中で、ジョルノ・ジョバァーナが主人公の第5部が一番好きでないのだが、

 最近、その第5部の後日譚が、上遠野浩平によってオリジナル小説化された。

恥知らずのパープルヘイズ -ジョジョの奇妙な冒険より-
上遠野 浩平,荒木 飛呂彦
集英社


 今、読み進めている。

 なかなか面白い。

 第5部で、ジョルノらのギャングチームが敵対するボスがあまりにも強大なので、チームから離脱した少年パンナコッタ・フーゴが主人公であり、

 いまや、新ボスとなったジョルノの信用を得るために、過酷な作戦に身を委ねる・・・、そんな物語だ。

 まだ読み終わっていないので、気に入ったセリフを記しておく。

 フーゴが、チームリーダーのブチャラティからマフィアに導かれるときの言葉だ。

・・・「君に更正の目処はない。だから組織に勧誘するんだ。君は”こちら側”でしか生きられない男だ」

 話変わるが、

 このフーゴが、ジョルノらから離脱するときは、確実に、後の両者の戦いの伏線かと思っていた。

 しかし、この後、第5部において、フーゴが登場することはなかった。

 伏線の回収が行われなかったのだ。

 知っている人は知っているだろうが、第4部での「過去の世界で丈助が出会った、血だらけの未来の丈助」の伏線が為されなかったのと同じくらいの違和感であった。

 まあ、だからこそ、こうして、オリジナル小説が生まれて良かったのだが^^

 ただ、フーゴの場合は、本当は、第5部のボス戦前にバトルが予定されていたことはわかる。

 それは、フーゴのスタンドが殺人ウィルスを発するからだ。

 ラス前の戦いにおいても、チョコラータと言う「ゲスw」のスタンドが、肉を腐らすカビを散布すると言う、フーゴと同じ能力属性だったことから分かろう。

 しかし、フーゴの再登場は、昔の仲間であることが闘いを感傷的にさせることと、その能力にルールがない無差別型殺人ウィルスだったので、バトルの展開が構想できず、その再登場が断念されたのだと、私は考えている。

 今回の小説では、その使い勝手の悪い「無差別型殺人ウィルス」の使い手を主人公に据え、

 さて、上遠野浩平、どうまとめる?^^

                                                      (2011/09/26)

コメント   この記事についてブログを書く
« [人類は逸れていく・・・(ゴ... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事