『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ATOM』を観た(妙にエロい)]

2009-10-13 15:57:50 | 物語の感想
☆はい、観てきました。

 私は、宮崎駿よりも手塚治虫が好きな男で、手塚マンガも、何百冊持っているか分からない。

 そんな私だが、アトムにはそれ程に思い入れがない。

 オリジナルのテレビ初期の爆発的なブームの後に、私は生まれたからだと思う。

 だから、二週間ほど前、<MOVIX・昭島>のロビーで座っていた時に、通りすがりの老若男女が三組ほど、私の後ろの『ATOM』ポスターを見て、「これはアトムじゃない」と呟いて行っても、私自身はそれ程には気になっていなかった。

 その三組だが、見事に世代が違っていて、二度リメイクされたテレビ版に、それぞれ影響された三世代であった。

   ◇

 ハリウッド製の、香港のクリエイターが作った「アトム」であるが、絵が手塚調でないことを除けば(それが致命的と思う人もいるだろうが)、ちょっと画面作りが希薄に思えることもあるが、CGもうまく、作品としての完成度も高い。

 冒頭の、舞台となる「メトロシティ」の生い立ちを語るにあたっての、手描き調のアニメや、

 アトム誕生時のたどたどしい歩き方(ピノコ誕生時みたい)、

 乱闘シーンの、手塚治虫が1コマで表現するかのような、大きく弧を描く敵のやっつけ方など、

 手塚マンガをよく研究している気配もあった。

 ただ、惜しむらくは、物語がつまらないのである・・・。

   ◇

 その「つまらなさ」の原因は、どこから来ているかと言うと、

 アニメ技術的な現代性があり、されど、アニメ作劇上の現代性のなさに起因する。

 今、原作の『鉄腕アトム』を読んでもあまり面白くない。

 映画版は、その、原作のケレンのなさに準じているからだ。

 浦沢直樹の『PLUTO』程にアレンジしろとは言わないけど、このハリウッド版は、律儀に、原作からの物語的な冒険をほとんどしていないのである。

 原作そのままの道徳的雰囲気に忠実なのである。

 これでは、現代の客には受けまい。

 現在は、戦うにあたっては「熱血」の時代である。

 「ロマン」派の手塚の、戦いは物語のツマ程度に考える志向を、そのまま移殖してしまっても、客は燃えない。

 多くのファンは、<ピース・キーパー>と戦うアトムに血の通った姿を求めるし、

 落下する<メトロシティ>を下から支えるアトムに、「うおおおーっ!」と言う叫びを期待しているのである。

 クラシックな物語をきっちりと語るだけでは、アトムを現代に蘇らせる意味はない。

 日本におけるアニメ版の二度のリメイクでは、その当時の作劇傾向や、更にその時代の先に進めようという意志が感じられたものだが・・・。

 ただ、ずーっとつまらない思いで観ていたのだが、和解した父親・天馬博士の「逃げよう」の優しさを振り切り、自分の使命とばかりに、<ピース・キーパー>との戦いに赴くアトムの姿にはグッときた。

 ここで、作品テーマが明確になったからだ。

 このシーンがなければ、この作品はつまらないままだった。

   ◇

 それから、アトムであるが、非常に可愛かった。

 元々が手塚治虫の絵は、セクシュアルなイメージを持っている。

 確か、泉麻人など、子供の頃、アトムで夢精したとか言っていた。

 今回のアニメCGは、アトムの表情が非常に豊かだった。

 端整に描かれたアトムの顔が、不愉快なことに眉を吊り上げたり、歯をむき出したりと、表情をあらわにするシーンが多いのだが、

 それが、ロリコン漫画で、主人公の少女がエロいことをされるシーンの表情に似ているのである。

 で、アトムの身体の、二の腕などの肉感も見事で、柔らかそうだった。

 日本語版の声を上戸彩が素直にあてているのも、相乗効果を上げている。

 天馬博士に「お前みたいな機械は息子なんかじゃない!」とか言われて、「ひどい…」と言うアトム・・・。

 また、アトムは、物語のクライマックス前で、悪い大統領に拘束されるのだが、その頬を撫でられたりしちゃって、妄想が膨らむってものだ^^;

 ・・・えっ? 「そんなことを考えて『ATOM』を見ていたのはお前だけだ!」だって?

 そりゃまた、どうも失礼いたしやしたっと!!!^^;

                                     (2009/10/13)

コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« [与党民主党考・8 「迷走・... | トップ | [新連載企画 『ダム・ファッ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

ATOM (シネマDVD・映画情報館)
1951年より連載、1963年から日本で初めての国産TVアニメとしてアニメ化され、いまなお絶大な人気を誇る巨匠・手塚治虫の「鉄腕アトム」。その伝説的漫画を、ハリウッドで3DCG化した。製作は、新進気鋭の会社としてドリームワークスやピクサーなどと同等の技術力を持つイマ...
『ATOM』・・・まつ毛のないアトムなんて!(友人談) (SOARのパストラーレ♪)
ロボット工学の第一人者である博士が、不慮の事故で亡くなった息子の記憶を移植したロボットを作る。アトムと名付けられたそのロボットは正義の心を持ち人間のために悪と戦う・・・。1950年代に生まれたこの物語がいまだに世界中で愛され続けるのはなぜだろう。そんなこと...
ATOM (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
手塚治虫生誕80周年ー あの「鉄腕アトム」がとてつもないスケールで ついに本格的映画化!!ジェット噴射で空を飛び、おしりから弾丸が飛び出す強くてユニークなヒーロー、アトム。この世界一有名なロボットが、新たに生まれ変わり、スクリーンに登場する。 物語:...
ATOM(アトム) <日本語吹替版> (映画君の毎日)
<<ストーリー>>空中都市メトロシティで暮らしていたが、事故で帰らぬ人となった少年トビー。テンマ博士は息子トビーをロボットとしてよみがえらせておきながら、もとのトビーとは違うからという理由で捨ててしまう。地上にやって来たトビーは、旧型ロボットや人間たち...
ATOM (LOVE Cinemas 調布)
言わずと知れた、日本漫画界の誇る手塚治虫の名作「鉄腕アトム」を、ハリウッドがフルCGアニメーションでリメイク。アトムは『奇跡のシンフォニー』のフレディ・ハイモア、テンマ博士はニコラス・ケイジ、お茶の水博士はビル・ナイといった超豪華な俳優陣が声優を務める...
「ATOM」 (或る日の出来事)
ええっ! シャーリーズ・セロンさんが声の出演をしているって!?
♪♪「ATOM アトム」観てきました♪♪ (♪♪かずくんままのマネー&映画日記 ♪♪)
昨日、かずが学校から帰ってきてハリウッド版「ATOM」を観にいってきました。 かずに「観にいく」と聞くと「どんなの」 「うーん、ロボットの話」と返事をすると食いつきがよく「行く行く」 かずの頭の中ではロボットってガンダムのような気がしましたが・・・ 少々ネ...
[映画][劇場公開]ATOM 75点 (さとうれおはオレだけか)
アトムは平気だったがお茶の水博士がキモい。アトムがキモいと話題なので日本ではヒットしないだろうな。 お茶の水博士もバッサリ切っていいようなストーリーでしたが違うのか?思い入れがないのでテンマ博士もよくわからん。 映像はシャープネスさがなく迫力がないテイ...
ATOM 今週末公開 (映画情報良いとこ撮り!)
ATOM あのアトムが帰ってくる。 最愛の息子を亡くしたテンマ博士は、息子をロボットしてよみがえらせることに。 しかし、博士は彼を棄てる。 そんなトビーは、地上へ。 そこで、人間達とふれあい、アトムとなって、新たな船出を。 キャスト フレディ・ハイ...
ATOM (花ごよみ)
監督・脚本:デビッド・バワーズ 出演:字幕版ではフレディ・ハイモア、 ニコラス・ケイジ。 上戸彩、役所広司 が吹き替え版に出演。 吹き替え版を観ました。 アトムの声の上戸綾、 天馬博士の役所広司はぴったり、 とてもいい感じに思いました。 手塚治虫作の名作...
ラララ科学の子~『ATOM』 【吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 ASTRO BOY  未来の地球。ロボットが人間に仕える空中都市メトロシティ。ロボット工学 の大家テンマ博士の息子トビーは、軍事用ロボッ...
ATOM (2ちゃんねる映画ブログ)
【鉄腕】 ATOM 1万馬力 【アトム】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1239552490/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/04/13(月) 01:08:10 ID:o8xosV0C 【鉄腕】 ATOM 1万馬力 【アトム】 手塚漫...