『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『今日、恋をはじめます』を観た(寸評)]

2012-12-09 23:20:35 | 物語の感想

☆小6の姪っ子と見てきました。

 いや、面白かったですよ。

 ただ、ヒロインを演じる武井咲が、確かに生真面目が過ぎる何事もマジな役柄ながらも、序盤、目の下にクマを作り、瞳が血走っていたので、なんか、その役作り・演出はちょっと筋が違うだろう…、などと思っていたら、最後までそのままだった。

 つまり、彼女は、超売れっ子のハードスケジュールで、疲れが取れていない中での撮影の連続だっただけのようだ^^;

 この作品、わりと画面を加工する特殊効果を多用していたので、武井咲の目だけは画面処理で直せなかったのだろうか。

 だから、クライマックスで、いつしか恋に落ちた彼氏と一夜を過ごしたの時の表情だけが妙に、つかの間 癒された顔になっていた。

 だが、また、次の映画かドラマの撮影がはじまるのだろう。

 しかし、なんで、こうも、武井咲は売れているのだろうか?

 映画の観客動員もドラマの視聴率もけして良いわけじゃないよね。

 顔は正統派だが、なーんか、若い人向けの今風の顔とは言い難い。

 たかもちげんの描くキャラクターのような「線の太さ」がある。

 何よりも、声の質が、市原悦子っぽい。

 そもそも、この少女マンガの映画化作品は、京汰(松坂桃李クン)と言う「イケメン」のクラスメイトが、

 堅物のつばき(武井咲)に、からかい半分で手を出すことにはじまる(そもそも、「京汰」という名の「汰」のサンズイが気になってしょうがない^^;)。

 乱れず崩さない制服姿、おさげ髪のつばきは、京汰に「昭和の女」とからかわれるのだが、武井咲と言うタレント自体が、「昭和の女」なんだよなぁ。

 それがいつしか、京汰が、つばきの頑張り屋な姿に心を引かれ、つばきもまた、手当たり次第に女に手をつける京汰の「孤独」への放っておけない気持ち・興味が恋に変わっていく訳だ。

 しかし、テンポ良く進む高校生活の中で、どうしても、ナンパ男に堕していた京汰が、つばきに真剣な気持ちを抱くに至ったかの、気持ちの変化が分からない・・・。

 その転換点が、描かれていない。

 物語の後半でセリフで語られるが、あまり説得力はない。

 京汰は、色んな女と、かなりいい加減に経験しているわけだ。

 その中で、なんで、つばきはスペシャルになり得たのか?

 まあ、いいや・・・(いいんかいっ!^^;)。

 もっと、私が気になるのは、この間の少女マンガの映画化『僕等がいた』二部作と言い、

 最近の若い女の子は、自分が「恋をしたことのない処女(おとめ)」なのに、好きになる男が、過去に、自分の知らない女たちと経験しまくっていることにこだわりはないのかな・・・、などと考えてしまうのだ。

 私は、「ヴァージン・キラー」だが、つきあった女の子は、かなり、私の過去を気にしたものだ。

 男が「経験が初めての女の子」であって欲しいと考えるように、女も彼氏が「幸い、深く異性とつきあうのは初めての掘り出し物の男」であって欲しいと考えているのではないのか?

 ただ、私の場合はいい歳なので、私に対し、そんなことを考えている女はいないだろうが(私の歳で誰ともつきあったことない人がいたら、ちょいと悲しいだろう…)、交際した娘たちは、その過去は気になるようだ。

 追求された時、私は、

「この歳で、過去に真剣なつきあいをしたことのない男はいないよ。過去には君がいなかったしね。だが、今はいる。僕等がいた。今日、恋をはじめます」

 みたいなことを言うことにしている^^;

 で、話を戻すけど、保守派の私としては、少女マンガに夢中になるような娘さんたちが、この作品や『僕等がいた』などを読んだり観たりして、京汰のようなナンパ男とつきあうのが普通だと考えるのは、あまりよろしくないと思うのだ。

 作中、京汰は、いい面も見せていくのだが、そもそもはいい加減である。

 ハッピーエンド良ければ、全て良し、って訳にもいくまいぞ。

 高校生の恋なのに、あまりにも「ヤクザの情婦」のような達観に至り過ぎやしないかね?

 話が濃厚過ぎる・・・^^;

 てゆーか、オヤジ(私)の、こんな話はウザいですね、失ッ礼しやした~!!

                                          (2012/12/09)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [「第34回・羽村ゆとろぎ寄... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ひめちゃん)
2012-12-10 03:22:36
女性が男性の過去を気にするってのは、性病を持っていないか、HIVポジティブではないかと不安になるからじゃないんですか?
ひめちゃんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-12-10 21:27:05
ああ、なるほど!

自分にあまり、そういった考えがなかったので思いつきませんでしたが、そうかも知れません。

最近、学校なんかでも、性病予防の啓蒙がしっかり為されているみたいですね。

この作品、序盤は、やたらと主人公の女の子のモノローグがあるのですが、その中で性病を心配する主人公の気持ちまでも語っていたら、生々しくも、もっと凄い(少女マンガの枠に収まらない)大ヒット作になったかも知れません!(^_^;)
女性宮家創設、内閣官房サイト ((^o^)風顛老人爺)
2012-12-10 21:40:44
拝啓、ミド蘭様

映画は良いですね、最近見ていません。

池波正太郎さんの映画エッセイを読んでいます。

別スレッド宣伝御容赦下さい。

本日、10日24時まで女性宮家創設皇室公務員化
皇室改革( ? )のパブリック・コメントを募集しています。

詳しくは、楽天ブログ「 我が祖国 」さんにあります。ご高覧、ご意見送信宜しくお願いします。
寒さ益々深まる中ご自愛下さい。
m(_ _)m乱文にて 敬具
(^o^)風顛老人爺さんへ^^ (ミッドナイト・蘭)
2012-12-12 23:07:35
見ました。
でも、私、この問題は、あまり分からず、と言いましょうか、自分なりの理屈が構築できず、教えを乞うている先生方の活躍に任せきりです。

ところで、北がミサイル発射しましたね。

なんか、この時期に問題起こしてくれて、自民党に追い風ですが、

森本さんは、PACを使用するべきでした。

いい実戦練習じゃないスか。
m(_ _)m ((^o^)風顛老人爺)
2012-12-13 03:18:16
拝復、ミド蘭様
pakは迎撃ミサイルですよね確か。
発射すべきです、決断は野田首相( ? )が下すべきです。

天皇家、宮家は私も精通していません。
安易な改悪に危惧を覚え取り急ぎ書き込みさせて頂きました。

m(_ _)m乱文にて 敬具
ちょー良かった♪ (まーちゃん)
2012-12-19 23:32:56


2人の役が、とてもお似合いでした!

何回も見たくなりました!

私も恋始めます♪(^o^)
まーちゃんへ^^ (ミッドナイト・蘭)
2012-12-21 23:16:51
よしよし、では、さあ、恋をはじめましょう^^

はい、ワタクシめと、ム~ン^^;
皆さんへ (リンゴ)
2013-01-03 18:57:03
初めまして
今日、映画で「今日恋をはじめます」を、見てきました
とても、ロマンチックで、面白い映画でした
でも、私は小6なのに、付き合ってる人も、好きな人も、いません
今年は、中学生なのに・・・
どうしたら、好きな人が出来ると思いますか



お返事待ってます
私に、どうすればいいかを、教えて下さい
よろしくお願いします
リンゴさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2013-01-03 20:00:31
コメント有難う御座います^^

>>私は小6なのに、付き合ってる人も、好きな人も、いません

最近の子は、小学生でもつきあっている人がいるようですが、それでも、つきあうのは高校生でいいんじゃないですか?^^

だって、つばきも高校になって初めて異性と交際したわけでしょ?

好きな人は、中学になったら、必ず出来ますよ^^

好きになったら、胸がキュキュキューッと締めつけられて、恥ずかしくて、でも、なんか嬉しくなるんですよ^^

あなたが、優しい人と巡りあうことを祈りますよ^^
ミッドナイト・蘭さんへ (リンゴ)
2013-01-06 12:23:18
お返事をくださって、ありがとうございます
ミッドナイト・蘭さんのおかげで、少し自信が持ててきました
ありがとうございます
そうですよね・・・
付き合うのは、高校生からでも、まだまだ遅くはないですよね
つばきも、高校生からだったから・・・



後、昨日今日恋の、漫画が、全巻そろいました
とても、うれしかったです

また、お返事まっています

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

今日、恋をはじめます (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
「今日、恋をはじめます」オフィシャル・アルバム少女まんががそのまま動いているような純愛映画「今日、恋をはじめます」。女の子が妄想するラブストーリーの定番。日比野つばき ...
今日、恋をはじめます (佐藤秀の徒然幻視録)
意外と古風な斜陽族風恋愛譚 公式サイト。水波風南原作、古澤健監督、武井咲、松坂桃李、木村文乃、青柳翔、山崎賢人、新川優愛、高梨臨、ドーキンズ英里奈、藤原令子、高岡早紀 ...
今日、恋をはじめます (とりあえず、コメントです)
水波風南著の同名コミックを武井咲&松坂桃李主演で映画化した青春ドラマです。 今を時めく二人の主演なのでチャレンジしてみました。 これが今どきの高校生の夢ですね~と思うような、キラキラした物語でした。
『今日、恋をはじめます』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「今日、恋をはじめます」□監督 古澤 健□脚本 浅野妙子□原作 水波風南□キャスト 武井 咲、松坂桃李、木村文乃、青柳 翔、山崎賢人       高岡早紀、長谷川初範、麻生祐未、村上弘明■鑑賞日 12月15日(土)■劇場 ...
今日、恋をはじめます (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://kyokoi-movie.jp/ 原作となる水波風南のマンガは未読だし、テレビアニメも未見。 松坂桃李の高校1年生役に違和感を感じつつの鑑賞。 勉強一筋で真面目さ一色の日比野つばき(武井咲)。 高校の入学式当日、彼女は成績もルックスも人並み外れた...
「今日、恋をはじめます」 (NAOのピアノレッスン日記)
~それは、最悪のファーストキスで始まった!~ 2012年  日本映画   (2012.12.08公開)配給:東宝       上映時間:120分監督:古澤健原作:水波風南 『今日、恋をはじめます』(小学館Sho-Comiフラワーコミックス刊)脚本:浅野妙子音楽:Flying...
今日、恋をはじめます  ★★ (パピとママ映画のblog)
「るろうに剣心」の武井咲、「ツナグ」の松坂桃李共演で贈る学園ラブストーリー。真面目だが垢抜けない女子高生と学校一の秀才イケメンという一見不釣り合いな2人が出会い、愛を育んでゆく姿を描く。原作は水波風南の少女漫画。監督は「アナザー Another」の古澤健。全12...
今日、恋をはじめます/武井咲、松坂桃李 (カノンな日々)
水波風南さん原作の少女マンガを『アナザー Another』の古澤健監督が映画化した作品です。正直、期待値の高い監督さんではないのですがブレイク中の松坂桃李さんと『愛と誠』でのコ ...
「今日、恋をはじめます」 ガリ勉女が人気者と出会った先にみた自らやりたい事と嫌いだった奴を愛した正直な気持ち (オールマイティにコメンテート)
「今日、恋をはじめます」 は水波風南原作の「今日、恋をはじめます」を実写化した作品で、ガリ勉の昭和女が高校入学当日に人気者の男子高生にキスをされ、付き合う事になりその付 ...
『今日、恋をはじめます』 2012年12月28日 TOHOシネマズ錦糸町 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『今日、恋をはじめます』 を鑑賞しました。 パスポートで3本目なんですが、その前のは殆ど寝てたので 実質2本目の映画です。 【ストーリー】  勉強一筋で真面目さ一色の日比野つばき(武井咲)。高校の入学式当日、彼女は成績もルックスも人並み外れた椿京汰(松坂...
今日、恋をはじめます(2012-146) (単館系)
今日、恋をはじめます MOVIXさいたま 勉強一筋で真面目さ一色の日比野つばき(武井咲)。 高校の入学式当日、彼女は成績もルックスも人並み外れた椿京汰(松坂桃李)の隣に。 すると、いきなり京汰にファ...
『今日、恋を始めます』をUCT12で観て、日本のお家芸、それは恥ずかしいラブコメだふじき★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★ちなみに、昭和女の武井咲の方が断然好みだ】    オリジナルのマンガは劇場配布の小冊子を読んだ気がする。 余りにも少女マンガなストーリーにちょっとゲ ...
映画『今日、恋をはじめます』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-107.今日、恋をはじめます■配給:東宝■製作年、国:2012年、日本■上映時間:121分■観賞日:12月30日、TOHOシネマズ有楽座(有楽町)■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督:古澤健◆松坂桃李(椿京汰)◆武井咲(日比野つばき)◆木村文乃(菜奈)...
今日、恋をはじめます (のほほん便り)
ザ・少女漫画、の王道をいく、可愛いオハナシでした。 ここまで、ファンタジーに徹すれば、それはそれでサービス精神。アリだったかな? 武井咲と松坂桃李が目の保養。 武井咲チャン、あまりにも正統派・美少女すぎて、ひねりのある難しい役が多かった為、制服の...