『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『スマグラー おまえの未来を運べ』を観た(短信)]

2011-11-09 23:43:51 | 物語の感想
☆ちょっと気になっていたので見てきた。

 物語を簡単に言うと、だらだらと日がな一日をパチスロなどで暮らしていたフリーター・砧が、つい、うまい儲け話に引かれ、案の定、失敗し、多額の借金を返すために「裏の運送業」で稼がなくてはならず、そこでの、ヤクザとチャイニーズマフィアの抗争の狭間で、今後の人生を見つめなおすという「拷問ムービー」だ。

 最初、主人公を演じた妻夫木聡の役柄が内気の性格であったので、そのセリフが聞き取れず、対するチャイニーズマフィアの訛りもあって、なかなか物語にノレない雰囲気だった。

 おまけに、ヤクザ事務所のくだりは、変な小芝居っちゅうかショートコントのようなノリで、違和感が大きかった。

 そこへ乗り込んでくる中国人最強の殺し屋コンビも、その戦闘服を着ていること自体にリアルが感じられず、

 また、その戦いの描写も、緩急区分の明確な撮り方のつもりなのかもしれないが、なんか物語のテンポを崩していた。

 だから、私は、この作品内の役者・演出を含めた諸要素を「許せる」「うざい」で判断し見続けていた。

 序盤などは、全てが「うざく」感じられた。

 二人のチャイニーズの殺し屋の言い知れぬ不気味さや、仲間のジジィの矮小な感じは、うざかった・・・。

 つまり、流れが一貫しておらず、部分部分でありながら悪い評価を下してしまっている自分がいたわけだ。

 が、そんな、芝居や演出、撮り方も、中盤になると慣れてきて、

 やっぱり美しい情報屋役の松雪泰子や、活舌のいい、感情を殺した男口調の、組長の女を演じた満島ひかり、いぶし銀の魅力が光る役柄の永瀬正敏などに、物語に感情移入できる面白さを感じてきた。

 最後には別れのシーンがあるのだが、荒んだ物語の中、妙に叙情的であった。

 ・・・しかし、主人公を拷問しまくるヤクザ役の高嶋政宏の「狂気のチンピラ」役はキモかった。

 先日見た「探偵はBARにいる」では、弟の高嶋政伸も、異なるが、異常なことについては似たような拷問ヤクザ役を演じていて、

 兄弟揃って、何をやっているんだよ^^; と思った。

 普通、悪役と言うか、殺し屋みたいな役って、何がしかの魅力があるものだが、今回の高島兄弟、それぞの殺し屋役は、負の格好良さを感じるよりも、キモさだけが際立っていた^^;

 それはそれで凄いことだ^^;

                                                    (2011/10/09)

コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事