『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『亜人』を観た]

2017-10-01 02:19:55 | 新・物語の感想

☆・・・人間ドラマは排し、いや、全編これアクション描写で押し通す作風の中で、その挙動、微妙な表情、セリフ回しなどで人間を描くという、日本の映画では珍しいアグレッシブな作風だと思った。

 サイドミーニングとして、登場人物の一人を演じた川栄李奈(auのCMの可愛い織姫役)の、女優業を続けていく上での「過去のトラウマ恐怖症の克服」があると思う。
 かつて、AKB時代の握手会で、川栄李奈は狂信的なファンに刃物で切り付けられていたのが事件としてワイドショーなどを賑わせていた。
 その後、川栄李奈は「握手会が怖い」とフラッシュバックに苦しませられたようだ。
 だが、AKBを卒業、女優業に専念する川栄李奈は、今作において、刃物で襲われ流血、それでも戦うシーンを長々と演じていた。
 フラッシュバックに苦しまされるというレベルを超えたシーンの数々だった。
 作り手は確信的にやっていて、川栄自身も納得しての演技だろう。
 これが終わったとき、川栄李奈は事件を克服できたのだろう、か・・・。

                          (2017/10/01)


コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« [選挙戦へ<洗脳は繰り返し、... | トップ | [九月の売り上げは如何だった... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

『亜人』 2017年9月24日 東宝試写室 (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『亜人』 を試写会で鑑賞しました。 中だるみ感あって眠気が来た 【ストーリー】  2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復......
踊るスピンオフ?『亜人』 (水曜日のシネマ日記)
再生特殊能力を持つ不死身の新人類、亜人の戦いを描いた作品です。
亜人★★★★ (パピとママ映画のblog)
桜井画門のコミックを原作に、不死身の主人公を『るろうに剣心』シリーズなどの佐藤健が演じ、『踊る大捜査線』シリーズなどの本広克行監督がメガホンを取って実写化。交通事故で......
亜人 (だらだら無気力ブログ!)
テンポよくて面白かったし、コレは実写化成功じゃない?
亜人 感想 (源之助の日記)
9月に見に行くかは微妙と以前書きつつも結局見に行った映画その3。 昨日(9月30日)に僕のワンダフルライフとセットで鑑賞。 意外というか普通に?見て楽しむエンタメ映画としては9......
『亜人』 (こねたみっくす)
俳優・綾野剛の魅力に惚れ惚れする映画だ! あの佐藤健がその存在感をかなり薄められるほど、俳優・綾野剛の役者魂を思う存分味わう作品だ。 アニメ版と比べても人物描写などを端......
亜人 (ネタバレ映画館)
君のドテラを食べたい
65『亜人』取捨選択が抜群 (シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ)
人気漫画の実写映画化は、アクション一点突破痛快作! 『亜人』 ~あらすじ~ 2017年の東京。研修医の永井圭(佐藤健)はトラックと衝突し死亡するが、その直後、肉体が回復......
『亜人』('17初鑑賞111・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 10月6日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン8にて 11:00の回を鑑賞。
亜人 (映画的・絵画的・音楽的)
 『亜人』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)佐藤健と綾野剛が共演するというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、字幕で、「亜人とは、死ぬことができない......
『亜人』 (こねたみっくす)
俳優・綾野剛の魅力に惚れ惚れする映画だ! あの佐藤健がその存在感をかなり薄められるほど、俳優・綾野剛の役者魂を思う存分味わう作品だ。 アニメ版と比べても人物描写などを端......