『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』を観た(セカンド・インプレッション)]

2013-11-01 13:09:38 | 物語の感想

☆先日、彼女を連れて、二回目を観に行きました。

 彼女は、テレビ版はチラホラと観ていたそうで、今回、私が、映画版「はじまりの物語」と「永遠の物語」を貸して、新作鑑賞前の復習として見てもらった。

 本当は、彼女の家で、中年オタクのしつこい解説を加えて一緒に見たかったのだが、まだまだ、そこまでは仲良くない^^;

   ◇

 確かに、再観してからこそ、心に染みる点がある。

 結末を知っているので、特に、ほむらの一言・一言がグッとくる。

 二度ほど、涙腺が緩んだ。

 エンディングで、上条・仁美カップルに対するさやかの姿にも、二観目でこそ、泣けた。

 もちろん、後で記すが、ほむらの一連の動きには、理解しがたい点もある。

 まあ、作中で、「誰にも理解してもらわなくていい」云々とは言ってるのだけど。

   ◇

 さて、彼女とのディスカッションを記す中で、それらを語っていこう。

 おっと、まずは、彼女の見終えた後の第一声・・・。

     『・・・やっと逢えたね・・・、とか、そんな事態じゃねえじゃん!!!^^;』

     

 彼女は、充分に楽しんだのだが、幾つかのポイントで疑問を呈す。

 一つに、こと、「願い」に関しては「全知全能」であるまどかが、なんで、最終的にほむらにしてやられたのかと言う問題。

 二つに、ちょっと、「劇団イヌカレー」のイメージに飽きてくる、という問題。

 で、私は、こんな風に答えた。

 ・・・俺も、そう思って、映画評で書いたよ。

 「イヌカレー」のイメージは、あれは、あの世界が、全編「魔」の世界なので、普通人の俺らが見疲れするのは当たり前で、それでなくちゃならないんじゃん?

 まあ、そんな不満を差っ引いても、それ以上に面白かったじゃん^^

 ちょっと考えが及ばないような、世界でも稀な、完全完結した作品への、最高に強引な続編だからね。

 ・・・「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と言う完結した過去世界に、更に割り込んだ「PART2」みたいだったよね、「叛逆の物語」は、あれよりも数百倍大変な作業だ(彼女は、この「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のたとえが分からないようだった^^;)。

 ネットとかだと、失敗作と言う人もいるけど、批判やツッコミの余地があるからと言って、駄作とは限らないと思う。

 好き/嫌い、許せる/許せないはあるんだろうけど・・・。

 そういう人を見ると、二元論で決める必要はないから、提示されたものを、まず楽しめと言いたいよ。

 何よりも、魔法少女メンバーの、新しい活躍を見れたのは、何ものにも代えがたい。

 今回は、ほむらをまどかと「白」と「黒」の同格 表裏一体にすることと、全員が元に戻る(幸せになる) 一つの可能性を示してくれたんだな。

 まどかを完全無欠にしたら、話が進まないからなぁ。

 俺も、所詮は宇宙人のインキュベーターが、神であるまどかの力の及ばない不干渉エリアをなんで作れたのか? とか、

 ほむらが、「やむなく悪魔的存在になった」のではなく、本当に悪女みたいになったことは嫌なんだけどね・・・。

 ただ、あの「不干渉フィールド」みたいのが成り立たないと、そもそもの話も成り立たないからね。

 ほむらも、物語の一番最初のイメージは、「得体の知れない、クールな事情通の魔法少女」だったから、それに戻ったとするべきか。

     

                  この、剣を差された、ほむらの砂時計の内部からの構図は凄い!!!

                                                        (2013/11/01)


コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« [天安門テロへの黙示録] | トップ | [映画まとめ語り 『42~世界... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (だらだら無気力ブログ!)
いや~衝撃的だったな。
『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』 (beatitude)
中学校に通い平凡に暮らしていた鹿目まどか(声:悠木碧)が、身を呈して魔法少女たちを悲しき連鎖から解き放った後の世界。まどかを救うためにこれまで尽力してきた暁美ほむら(声:斎藤千和)は、その後も魔法少女として戦い続けていた。そして彼女は心の中で、あの懐か...
【映画】劇場版 魔法少女まどかマギカ 新編【感想】 (七つの海の空の上♪)
まどマギ映画新編、見てきました。 入場者プレゼントの色紙は、さやか&杏子でしたよー。 キャラはより可愛く、変身シーンも格好良くなってましたね。 特にさやかちゃん! 新キャラのなぎさはチョイ役でしたけど><。 ほむらだけがまどかを覚えていて、ほむらの...
魔法少女まどか☆マギカ[新編] 『叛逆の物語』 考察3(ネタバレ含 (R.U.K.A.R.I.R.I)
はじめに言っておきますが、 私は魔法少女まどか☆マギカ大好きですよ! ゲームも、原作(BD)、劇場版は全部買ってます。 フィギュアもほむら、アルティメットまどかと買ってます。 魔法少女まどか☆マギカ プロダクションノート、 魔法少女まどか☆マギカ公式...
映画「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語」感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
繰り返される朝の光景。同じようで何処か違う。 このアニメがカルト的な人気を得たのは、3.11での中断と再開が無縁ではないと思う。昨日まで当たり前だった世界が、こんなにも脆く崩壊する恐怖を肌で感じた目で、待ち焦がれたアニメの終焉を見た時、虚構と現実の喪...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (銀幕大帝α)
2013年 日本 116分 ファンタジー/ミステリー/アドベンチャー 劇場公開(2013/10/26) 総監督: 新房昭之 監督: 宮本幸裕 アニメーション制作: シャフト 原作: Magica Quartet 主題歌: ClariS『カラフル』 Kalafina『君の銀の庭』 挿入歌: Kalafina『mis...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (単館系)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 10/26公開 MOVIXさいたま 宇宙から来た謎の生き物キュゥべえの力によって、どんな願いでも一つだけかなえる 代わりに魔法少女となった鹿目まどかは、魔女と戦うほかの魔法少女たちの悲しい姿を 見て、魔女が存在し...