『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ロボジー』を観た(短信)]

2012-01-15 09:48:43 | 物語の感想

☆忙しくて時間がなく、20分で書く・・・。

 後から書き足しをすると思う、あしからず。

   ◇

 私はどうも、この作品の監督・矢口史靖の、なんちゅうか「優しさ」とか「手作り感」のある作風に苦手意識を持っており(例えば、出演の濱田岳の顔に代表される善良性)、

 この作品も見るに乗り気ではなかったのだが、連れが楽しんでくれそうなので赴いた。

 物語は、家電メーカーの、うだつの上がらない社員3人が、社長から「うちでもアシモみたいのを、広告塔として作れ!」みたいなことを言われ、ロボット博の一週間前までに、どうにかこうにかロボットを「歩かせる」ことが出来るまでこぎつけていたが、そのロボット「ニュー潮風」は、三階の研究室から、そのまま「歩いて」窓から落ちて大破してしまうのだった。

 かくして、3人は知恵を絞り、ロボットの中に「生きた人間」を仕込み、世間をだまくらかそうとする。

 だが、「ニュー潮風」の外装を着ることのできる体格の人間は限られている。

 かくして、極秘オーディションの末に選ばれたのが、寂しい隠居老人の鈴木重光(73歳)で、・・・そこから始まる悪戦苦闘の物語だ。

 先ず、窓際社員3人のイメージが、思ったよりも矢口史靖のステロタイプが出ておらず、なかなか良かった。

 「矢口史靖のステロタイプ」でないという事は、3人のそれぞれが、外見は、デブ・のっぽメガネ・気弱なチビで類型的ではあるが、その言動が思ったよりもありきたり(カタログ的)ではないという点だ。

 そして、ミッキー・カーチスが日本名「五十嵐信次郎」の芸名で演じる鈴木老人がいい。

 世を拗ねているが、寂しがり屋で、割りと前向きで、頑固で、でも、優しい。

 ラストシーンの笑顔は忘れられないや^^

 コメディとして成立するギャグの数々も、細かく細かく実に楽しい。

 セリフなども笑える(特に爺さん)。

 そして、ロボットおたく少女を演じる葉子(吉高由里子)が、他の作品のおとなしい役柄ではよそよそしさを感じさせられたものだが、

 この作品では、熱狂的な「ニュー潮風」ファンが高じて、ストーカー的な狂気を宿していくのだが、それが実に、彼女の真の姿を表現しているかのようで、私にはグッとくるものがあった。

 彼女の所属する大学のロボット研究会の面々の「理数系顔」もリアルで、

 彼ら、理数系大学生のディスカッションの数々で、本当のロボットが出来つつあるプロセスもいい感じだ。

 一種の詐欺師である3人が、ほとんど知識がない中で、学生たちの講演会を受け、だが、質疑応答の末に、学生の「自分の知識を披瀝したい」と言う願望を巧みに吐き出させ、

 3人が、自分らの無知をバラしてしまうようなことなく、学生たちから最新のロボット知識を吸収していくプロットは見事だ。

 ・・・楽しい観劇のひと時を楽しませてもらった^^

                                                    (2012/01/15)


コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (アヒラス)
2012-01-15 16:48:51
アヒラスもなかなか楽しめました♪
実際に起きてたら意外と疑わずに信じちゃいそうだしw
学生達の講義から吸収していく様も
いろんな意味でリアルな感じがして良かったです(*゜∀゜*)
面白かった (KGR)
2012-01-15 18:01:19
出だしはちょっととろいかなと思いましたが、よく練られた脚本で、面白かったです。

大学でのあんな単純なことで本物が設計できてしまうことはあり得ませんが、あるかもねーと思わせてしまうところがまた楽しい。

吉高由里子の入れ込み方も面白かったです。
あのメイクも最高でした。

ところで、古高由里子、わざと?
御二方へ^^ (ミッドナイト・蘭)
2012-01-15 23:54:56
>>アヒラスさんへ♪

妙に細かい描写の積み重ねが、荒唐無稽な話でありつつも、リアルを生んでいるのですね。
ただ、あの、妙に太いよだれの描写や、ゲロのシーンは全く必要がなく、こちらの印象もマイナスになってしまいましたよね^^;

>>KGRさん♪

私も、序盤の展開の停滞に、「おいおい、こんなのんびりでいいんかい」などと思いましたが、後半、その蓄積が活きていたように感じました。
手持ち無沙汰の鈴木老人の生活なんて良かったなぁと。
どうも、家族との絡みが描写不足な感がありました。
「古高由里子」は、私の根本的な間違いです。
直しました^^;
Unknown (yutake☆イヴ)
2012-01-16 15:32:35

こんにちは☆
ご訪問&TBありがとうございます。
コメント欄無く失礼しておりますが、どうかよろしくお願いします。

私も、楽しい観劇のひとときで気分転換できました☆
yutake☆イヴさんへ^^ (ミッドナイト・蘭)
2012-01-18 18:45:36
割りとありきたりな話のようでいて、「+1」のスパイスが効いていて、良作になりましたね^^
じーじ!!やってくれるじゃん (q アイティアを広げて)
2012-01-23 20:38:54
鈴木じーじサマへ
題名から想像はできたものの
あれ!じーじサマ
このご時勢の御方ですわね
偏屈屈折主役がしたい
なのに「モテたいオレサマ」
実は寂しい気持ちの裏と見えまする
む?!「トリオ・ざ・社員」に頼られ
本音は・・・
「しゃーないオレが1つ助けるか」って
嬉しかったとお見受け致しますわ
あーら葉子サマ
「オタクの花道」もっと開けたのね
皆様揃い揃ってロボットに愛の眼差し
これまた観ている我々へ暖かく
「この先の未来どんなだろう」
と夢を投じて頂きましたのよ
え??やっぱ竹中サマがオイシイ~
qさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-01-23 21:32:40
ロボジーが「組み立て溶接ロボット」に振り回されるシーンがあったじゃないですか?

あれ、中の鈴木のじーさん、脳震盪起こすと思いますよ^^;

私、車の工場で、オペレーターやっていた時もあったので、妙に、あのシーンが怖かったのです。

また、「ハッピー・フライト」を見ては、成田空港で働いていた時もあったので、見につまされました。

矢口史靖監督作品は、ブルーカラーに優しいですね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事