『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[安倍元総理を思う]

2022-07-10 09:03:47 | 新・保守の一考

◇・・・いつの間にやら、私のブログ、閲覧数が1000万人を超えていた。
 そこに至る道で、最も、テーマとして語っていたのは安倍元総理であった。
 ずーっと、国を想うときのトップだったからだ。

 私が、「安倍総理のネット工作員」と言われ、ロッキード事件で活躍した弁護士に訴えられ、ホームページを消され、霞ヶ関の東京地検に呼び出され聴取されたのは「いい思い出」で、私に箔がついた。
 それは、私にとっての「御免状」となり、物腰柔らかく、女子供には優しい私だが、けして、不当な圧力にも、汚い経済力にも抗し得る拠り所でもあった。
 どんなイキったヤツも、国のトップの名を出されたら、私の前では、おとなしくなるしかない。
 まあ、いつしか、そんな「印籠」がなくても、自分が正しいと思える事を貫けるようになっていた。

 …正直、安倍元総理の死去は信じられない。
 私にとってのこの方は、「まだまだ、やってもらわなくてはならないことが多数ある」であり、私は本気で「第三次安倍政権」があると思っていた。

 少しでも、管理職サイドについたものは、どんなに全体のために尽くしても、何かしらのイチャモンをつけられるっては、みな わかるだろう。
 安倍さん然り、菅(すが)さん然り、麻生さん然り…、…なーんにもしないで、日々のルーティンをこなしているだけの岸田総理が、それゆえに、なーんにも言われないことでわかろう。
 日本を良くしようとすると、それを「アベ政治を許さない」として湧いてくる不気味な勢力があるんだわ。

 正直、安倍元総理の不在に、私は実感が起こってこないのだが、それでも、真摯に御冥福を祈りたい。

 右は、自民党本部ホールの、自民党総裁としての安倍元総理の肖像画。

                  (2022/07/10)


コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« [「ガーシーに一票を!」の... | トップ | 『反国葬 について ①(在日半... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・保守の一考」カテゴリの最新記事