『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『シュガー・ラッシュ』を観た(寸評)]

2013-03-30 23:59:55 | 物語の感想

☆・・・面白かった。

 これって、ピクサーじゃないのかな…、いつもの最初の卓上ライト君のデモとロゴがなかったもんね。

 すると、だ、ディズニーの底力をまざまざと見せられたような気がする傑作だ。

 ピクサー印の三大傑作『トイ・ストーリー』、『モンスターズ・インク』、『カーズ』のギミックを包括しつつ、だが、ゲームの世界・・・、しかも、レトロゲームの世界から物語が始まるにもかかわらず、先行の傑作が指向したノスタルジー的なものとは別の方向性を打ち出し得ていた。

 そのテーマとは、二人の主人公を通して語られる「現状再認識」の物語か。

 努力の果てに見つけたものは、メーテルリンクの「青い鳥」の如く、既に自分の世界に存在していたと言うところか。

 あまりにも密度の濃い作品なので、書こうと思えば、色んな面から無限に書けるのだが、ここでは少しだけ・・・、もう一度見たいので、その時、もうちょい書けるかな。

 『オズ はじまりの戦い』の<陶器の少女>に続く、今年の収穫として、この物語のヒロイン<ヴァネロペ>がいる。

   

 ちいちゃくて元気いっぱいで、明るく騒がしく、凄まじく可愛い^^

 幼女のような身体で、絵的に簡略化された四肢だけど、最新のCG技術で、活きがよく動き回る。

 他の少女たちも可愛いのだが、やはり、ヴァネロペは特別に可愛い。

 レースゲーム<シュガー・ラッシュ>の中で、不遇の生活のうちにあるのだが、そんな境遇も、見ている健全な男子の心を鷲掴みにしよう^^

 このお菓子の国のレースゲームの世界は、色とりどりのポップなパステルカラーに彩られていて、女の子たちのファッションもカラフルだ。

 監督は、日本の原宿の女の子たちをイメージしたと語っている。

 エンディングでは、世界公開時にも流れる主題歌としてAKBの歌を採用しているが、

 正直、AKBは、「少女」とは言い難い(私には「汚いババァ」にしか見えん)。

 ヴァネロペと、そのレースゲーム上のライバルたちは、ズバリ、<ミニモニ>に、スタイルもファツションも似ていると思うんだわ。

   
        

 同時上映の短編「紙ひこうき」にも、日本のアニメのようなアダルトテイストが感じられたし、

 アニメ分野での、日本のアメリカへの影響は大きいなぁ・・・、と言うよりも、

 とっくに、彼らの意識野でのベーシックなものとして当然の如くインプットされざるを得ない存在なのだろう・・・。

                                            (2013/03/30)


コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | [映画『ドラゴンボールZ 神と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

17 トラックバック

『シュガー・ラッシュ』を109シネマズ木場8で観て、これは大絶賛ふじき★★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★★負けた負けた負けた】 超絶面白いんである。 大衆娯楽の行きつく到達点のようである。 ちなみに私はゲームを基本やらん人なんで、 ゲーム知らんで ...
「シュガー・ラッシュ」 ゲームをするワクワク、映画を観るワクワク (はらやんの映画徒然草)
ディズニーはピクサーを買収してから、映画の質があがったと思います。 形としてはデ
『シュガー・ラッシュ』 肝になるのは4番目の世界 (映画のブログ)
 いったい、映画何本分のアイデアを注ぎ込んでいるのだろう。  『シュガー・ラッシュ』がべらぼうに面白い理由の一つは、豊富なアイデアを溢れんばかりにぶち込んだことにあるだろう。  『シュガー・ラ...
シュガー・ラッシュ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
シュガー・ラッシュ オリジナル・サウンドトラック [CD]ヒーローに憧れる悪役キャラの冒険を描く秀作アニメーション「シュガー・ラッシュ」。併映の短編「紙ひこうき」も最高!人気 ...
『シュガー・ラッシュ』 2013年3月9日 ディズニー試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『シュガー・ラッシュ』 を試写会で鑑賞しました。 ディズニーの試写室はいつ行ってもいいところですね 【ストーリー】  アクション・ゲーム「フィックス・イット・フェリックス」の敵キャラを30年間も演じているラルフ。人々から嫌われている状況にうんざりしていた...
シュガー・ラッシュ 2D 吹替版/同時上映『紙ひこうき』 (カノンな日々)
ゲームの世界の住人たち、その中で嫌われ者となる悪役キャラを主人公にして世界を救うために活躍する姿を描いたディズニー映画の3DCGアニメ・アドベンチャー・ムービーです。設定か ...
シュガー・ラッシュ(2D) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) 女戦士カルホーン軍曹!これに尽きる(笑)
シュガー・ラッシュ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
ヒーローになりたいと願うゲームの悪役キャラクターが、少女とゲームの世界を救うため活躍する姿を描く3DCGアニメ。 監督は、『ザ・シンプソンズ』シリーズのリッチ・ムーア。声の出演は、「9<ナイン> 9番目の奇妙な人形」のジョン・C・ライリー。2012年アニー賞にて....
シュガー・ラッシュ・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
誰だって、ヒーローになれる。 大人も子供も大好きな、ゲームの世界を舞台とした痛快なCGアニメーション。 ヒーローになりたいと願う悪役キャラクターのラルフと、不良プログラムとしていじめられている少...
シュガー・ラッシュ (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「シュガー・ラッシュ」監督:リッチ・ムーア声の出演:山寺宏一、諸星すみれ、花輪英司、田村聖子、多田野曜平、友近、最上嗣生、高岡瓶々、石塚運昇 他配給:ウォルト・ディズニ ...
シュガー・ラッシュ (だらだら無気力ブログ!)
素晴らしい出来で面白かった!
シュガー・ラッシュ(2D 日本語吹替版)  監督/リッチ・ムーア (西京極 紫の館)
【声の出演】  山寺宏一 (ラルフ)  諸星すみれ(ヴァネロペ)  花輪英司 (フェリックス)  田村聖子 (カルホーン軍曹)  多田野曜平(キャンディ大王) 【ストーリー】 30年前のゲーム「フィックス・イット・フェリックス」。ゲームの仲間たちは30周年パーテ...
★シュガー・ラッシュ&紙ひこうき(2012)★ (Cinema Collection 2)
WRECK-IT RALPH いま、ゲームの世界の“裏側”で “悪役キャラ”ラルフの冒険が始まる! 「誰だって、ヒーローになりたいんだ…」 上映時間 101分 製作国 アメリカ 公開情報 劇場公開(ディズニー) 初公開年月 2013/03/23 ジャンル ファンタジー/アドベンチャー/...
ヒーローになりたい!/壊し屋ラルフ~『シュガー・ラッシュ』 【2D・吹替え版】 (真紅のthinkingdays)
 WRECK-IT RALPH  レトロなゲーム 「FIX-IT FELIX」(原題と対になっている) の悪役である 大男のラルフは、壊し屋であるゆえに、皆から疎んじられることに飽き飽きし ていた。ヒーロー...
『シュガー・ラッシュ』(2013) (【徒然なるままに・・・】)
ゲームの悪役キャラのラルフは、自分もヒーローになりたいと「シュガー・ラッシュ」という他のゲームの中へ逃げ出してしまう。そこで彼は、仲間外れにされていた少女ヴァネロペと出会う。似た境遇の二人はやがて深い絆で結ばれて行くが、その時「シュガー・ラッシュ」に隠...
シュガー・ラッシュ (銀幕大帝α)
WRECK-IT RALPH 2012年 アメリカ 101分 ファンタジー/アドベンチャー/ファミリー 劇場公開(2013/03/23) 監督:リッチ・ムーア 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:リッチ・ムーア 挿入歌:AKB48『Sugar Rush』 声の出演: ジョン・C・ライリー:ラルフ サ...
シュガー・ラッシュ (いやいやえん)
ゲームの世界の話なので、実在するゲームのキャラクターも登場。マリオやスト?のキャラやソニックなんかが脇役としてですが、ゲーム好きには嬉しい登場ですよね。しかも、コナミコマンド「上上下下左右左右BA」まで出ちゃう。あまりにも懐かしいんで、胸の辺りがキ...