『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『悪夢のエレベーター』を観た]

2009-10-15 23:54:42 | 物語の感想
☆どうしよう・・・。

 この映画、メチャ面白かったんですけど、構造上、物語の半分までしか語れない^^;

 それぞれの役者の演技の「柔軟性」の素晴らしさについても、具体的に語れない。

 「語れない」ことについては、松本人志監督の『しんぼる』と同じだが、あちらが強制的に「語れない」のに対し、こちらは、この文章を読む人が作品を充分に楽しんでもらうために、自主的に「語れない」。

 やはり、『しんぼる』と同じく、密室が舞台となっているが、そのうまい語り口は段違いである。

 『しんぼる』で困り果てていた、松本演じる主人公だが、同様の表情を、この作品の主演の内野聖陽は見せてくれる(ここで、巻き込まれ型主人公・斉藤工の名前を出さないのが、私の唯一のネタバレ^^)。

   ◇

 物語は、深夜の、とあるマンションのエレベーターで、チンピラ(内野聖陽)、深夜のジョギングおっさん(モト冬樹)、自殺願望を持つゴスロリ少女(佐津川愛美)と閉じ込められる男(斉藤工)の物語。

 暇を持て余し、ぶつかり合い、それぞれの生い立ちを語り合う羽目になる。

 詳しくは書けないが、作品では、それぞれの役者が、複数の役割を演じていて、役者の演技を楽しむには、一粒で数度おいしい結果になっている。

 内野聖陽も然ることながら、ああ、私はやはり女が好きで、佐津川愛美をとても魅力的に感じた。

 最初は、「綾波レイっぽいなあ。処女太りがメチャ「ムチマロ」で可愛いなあ」などと見ていたのだが、エレベーター内で、その過去が語られ始めると、「おお、こりゃ、エスターとタメを張る娘や!」と嬉しくなってくるのである。

 その後も、それはもう、色んな表情を見せてくれる。

 黙っている顔も、その、おそらく、漆黒のカラコンをしている瞳と、毅然とした頬のラインに魅かれた。

 微笑むと、池脇千鶴のような屈託のなさ・・・。

 万華鏡のように、色んな魅力を持つ「女優」だと思った。

 カッターの刃を「チキチキ」と出し、狭いエレベーター内で身体・髪を振り乱し暴れ叫ぶところや、

 後に、予期せぬチンピラの動きを凛々しく制しようとするところなどは、その声量の広さともども素晴らしい。

 私は、余程のことがない限り、もう、映画館でパンフレットを買うことはしないようにしているのだが、

 佐津川愛美について知りたくて、帰宅してネットで調べる間も惜しくて、パンフを購入してしまった次第だ^^

 でも、400円で安かったっス^^v

 作品について、色々書きたいのだが、うー、それを拒否させるほどのカラクリに満ちた作品である。

 惜しむらくは、観た人なら分かるが、作品のバランスがやや崩れている。

 それから、私は、マンションの管理人役の大堀こういちの演技に、ずっと大声で笑わせられました^^!

   ◇

 今、気づいたが、監督は、お笑いの堀部圭亮なんですね。

 こりゃ、次回作が楽しみだ!

 狭いエレベーター内の使い方なんて、メチャうまかったですよ。

                                     (2009/10/15)

コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« [与党民主党考・9 「派遣村... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

悪夢のエレベーター (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『怒涛のどんでん返しがあなたを翻弄する! 究極の人間不信エンタテインメント!!』  コチラの「悪夢のエレベーター」は、劇団ニコルソンズを主宰し脚本・演出も手掛け、俳優としても「パッチギ!」に出演したりとマルチな活躍をしている小説家の木下半太が2006年に...
わけあり4人の最悪な夜。~「悪夢のエレベーター」~ (ペパーミントの魔術師)
ある依頼があってある人物をハメようと 芝居を打った人間がいた、 ところが物語はそれだけじゃ終わらなくて この話には主人公も知らない続きがあって 4人以外の人間にもその悪夢は派生していく。 例えば↑の人はホント災難としか言えない。 それからこの子。 ひとは見...
『悪夢のエレベーター』(2009)/日本 (NiceOne!!)
監督:堀部圭亮原作:木下半太出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、大堀こういち、芦名星、本上まなみ公式サイトはこちら。<Story>小川順(斎藤工)は、鋭い頭の痛みで目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中だった。一緒に乗り合わせたのは、...
悪夢のエレベーター/内野聖陽、佐津川愛美 (カノンな日々)
予告編を観て何気に楽しみにしてたんですよね。密室のエレベーター内を舞台に繰り広げられるシチュエーション系サスペンス・コメディ。俳優や構成作家としても活躍する堀部圭亮さんの初監督作品です。 出演はその他に、モト冬樹、斎藤工、大堀こういち、芦名星、本上ま...
悪夢のエレベーター (LOVE Cinemas 調布)
タレント堀部圭亮の長編映画監督デビュー作。脚本も当人が務める。木下半太の同名小説をベースに映画化したミステリーコメディだ。主演は『252 生存者あり』の内野聖陽。共演に『鈍獣』の佐津川愛美、『いけちゃんとぼく』のモト冬樹、『ロボゲイシャ』の斎藤工が出演...
悪夢のエレベーター (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  見知らぬ男女四人が、突然深夜のマンションのエレベーターに閉じ込められてしまう。悔しいことに、非常ボタンは故障し、唯一の携帯は電池切れで、外部との連絡が全くとれない。さらに不運なことに、エレべーターが2台あり、住民たちは他の1台に乗るため故障...
悪夢のエレベーター (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。木下半太原作、堀部圭亮監督、内野聖陽、斎藤工、佐津川愛美、モト冬樹、大堀こういち、芦名星、いか八朗、堀井茶渡、本上まなみ。何かおかしい、このエレベーター、この人たち。
【悪夢のエレベーター】 (日々のつぶやき)
監督:堀部圭亮 出演:内野聖陽、モト冬樹、佐津川愛美、斎藤工、芦名星、本上まなみ    このウソ、ホントにキリがない。 「小川順が目を覚ましたらそこは、あるマンションのエレベーターの中。何かのトラブルで止まってしまったらしい。他にいるは前科のあ
悪夢のエレベーター (だらだら無気力ブログ)
木下半太の同名小説を、これが長編映画監督デビュー作となるお笑いタレント の堀部圭亮が映画化。 エレベーター内に閉じ込められた4人のワケあり男女が繰り広げる人間模様を 描く。小川順が意識を取り戻すと、そこはエレベーターの中だった。小川の他には、 関西弁のヤ...
悪夢のエレベーター (花ごよみ)
原作は木下半太の同名小説。 監督は堀部圭亮。 主演は内野聖陽、共演は佐津川愛美、 斎藤工、モト冬樹…。 エレベーター内に閉じ込められた、 男3人女1人の物語。 エレベーター=密室という、 特殊な状況設定。 原作は読んでいます。 映像化すればどのようになっ...
【映画】悪夢のエレベーター (新!やさぐれ日記)
▼動機 もしかしたら掘り出し物? ▼感想 たまには騙されるのも悪くない ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ 鋭い頭の痛みで小川順(斎藤工)が目を覚ますと、そこは急停止したエレベーターの中だった。一緒に乗り合わせたのは見るからにワケありな男...
悪夢のエレベーター (ダイターンクラッシュ!!)
2010年1月9日(土) 17:20~ キネカ大森3 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフレット:未確認 『悪夢のエレベーター』公式サイト 昨年見逃したテアトル系公開作品のキネカ大森での補完計画。第一回目。 ずっと密室劇(回想シーン有り)のキサラギスタ...
悪夢のエレベーター (銀幕大帝α)
09年/日本/105分/ミステリー・コメディ/劇場公開 監督:堀部圭亮 原作:木下半太『悪夢のエレベーター』 脚本:堀部圭亮 特殊メイク:西村喜廣 残酷効果:西村喜廣 特殊造形:西村喜廣 出演:内野聖陽、佐津川愛美、モト冬樹、斎藤工、本上まなみ、長澤つぐみ ...