『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『SUPER8/スーパーエイト』を観た(短信)]

2011-06-24 23:59:17 | 新・物語の感想

☆15日からの現シフトになってから、一度たりとも定時帰宅がなくて、今日も忙しかったが、まだまだ残業のところを午後8時半に何とか切り上げ、そのまま会社の制服で、午後9時20分からの『SUPER8/スーパーエイト』のレイトショーを観てきた。

 面白かった。

 先ず書いておきたいのは、この作品、ジョー・ダンテが監督したかったんじゃなかろうか、と感じた。

 でも、結果として、スピルバーグ印の、J・J・エイブラムス監督作で、「片寄らない」正攻法・高品質の作品になっていたと思う。

 60年代末期、オハイオの片田舎の町を舞台にしたパニック物語だ。

 主人公は、仲間たちとモンスター映画を作ることに夢中の少年だ。

 撮影中に、何かしらの大きな裏が感じられる大列車事故に、目撃者として遭遇、物語は進む。

 簡単に書いてしまうが、かなり面白かった。

 特に、テーマが重層的でありつつ、それらがそれぞれ、見事に結実するストーリー性が上手かった。

 仲間との友情とささやかな確執、初恋、それぞれの親との愛情と反目、謎のモンスター、その「ジョーズ」的ななかなか見せないもったいぶり、特殊な科学ギミック、異星人の思い、・・・

 それまでのスピルバーグ作品とは違った、また更なる淡白さが感じられたし、そして、やや脚本にご都合主義が見られるも、それはJ・J・エイブラムス監督の「現代性」で押し切れたと思う。

 作品の各所では、大震災・原発事故後の日本を彷彿とさせるかのような描写があるので、その「同時代性」にも驚く(もちろん撮影期間は以前なのだが)。

 余談だが、NHK朝のドラマ「おひさま」も、東京大空襲を背景に描いた現エピソードのシーン描写の数々が、これまた大震災・原発事故後とリンクしていて興味深い・・・。

 さて、主人公のジョー(ジョエル・コートニー)だが、とても可愛い顔をしている。

 もうちょい年齢が上ならば、女性陣がキャーキャー喜びそうだ^^

 だが、やはり、ヒロインのアリス(エル・ファニング)が登場すると、場を攫(さら)う。

 『SAMEWHERE』での美少女振りとは全く異なる現実的な少女っぷり、私は、無免許で父親の車を借りてきて運転しているアリスのハスッパな姿に魅了された。

 私は、女の好みの原風景に『がんばれベアーズ』のアマンダがあり、あの少女を取り巻いていたベアーズの面々の落ちこぼれの雰囲気が、この作品にもちょいと感じられ、その中でのアリスの「リアル」な美しさがたまらなかった。

 映画作りの仲間たちも、その類型性は薄味で、それが却って良かったな。

 町がパニックに陥っている中、仲間たちは映画作りを継続させる。

 エンドロールで、その作品が流れるのだが、作品内で撮られたシーンや、その背景が描写させられている状況(アリスのゾンビメイク ← それでも可愛い^^)だけで、ちゃんと作品として完成されていたことに驚く。

 主人公が死んだ母親の思い出として後生大事に持っていたロケットネックレスの行く末の、クライマックスでの作劇的な用い方もうまかった。

 また、異星人との価値観・風俗の違い(その食物)と、だが、協調できる点(望郷の思い)を両立して描けているのも、アメリカ映画では斬新な気がした。

 列車事故や、クライマックスの軍隊の戦闘が、妙に大仕掛けだったが、作品自体はいい感じでコンパクトにまとまっていた。

 いい作品ですな^^

 ああ、撮り方もフィルムフィルムしていたよね。

                                                    (2011/06/24)


コメント (6)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | [必見! 映画『デンデラ』を... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ダンテ (ふじき78)
2011-06-27 23:59:54
そう言えばダンテっぽい。

甘すぎないとこや。良い子より悪ガキなとこ。全体とても面白かったです。

ただ、あの、秘密になってる「あれ」はどこかでみたようなデザインでちょっとガッカリしました。
ふじき78さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-06-28 20:33:23
こんばんわ^^

「あれ」は、私は、旧「ガメラ」の敵のバイラス(だっけか?)と、マンガ「漂流教室」の未来人と、「火の鳥・宇宙篇」のヒロインの化身の植物を足して3で割ったようなイメージでした。

安易に、「E.T」や「未知との遭遇」の宇宙人みたいにせず野蛮さを残していたのには感心しました。

私は、あまりスピルバーグのファンじゃないので、あまりオマージュとかは感じずに、普通に楽しみました。

てゆーか、私、「E.T」を見たことない^^;

あの列車事故の中、子供たち、よく生きてましたよね^^;
実は (sakurai)
2011-06-30 20:09:27
あたしもちゃんと「ET」みたことないです。ちょうど、一番貧乏な大学生のころだった・・。
話はほとんど知ってますが。
スピさんを特別な監督と思わずに来れてしまった功罪のような気がします。
時代は、スリーマイルの事故が流れてましたから、79年のことだと思われます。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-06-30 21:16:12
あの時代は、映画館が「居丈高」でしたよね。
人気作は数時間ならばないと見れなかったし、
私は、『エレファントマン』を担任の中学の女先生と見た記憶があります。
いや、もちろん、生徒は四,五人いましたよ。
超満員で、通路の階段に座って見ました。
「E.T」は、見たら新鮮な感動がありそうな気もしています。
ふと考えると、「E.T」の造型は強烈ですよね^^;
エレファントマン! (sakurai)
2011-06-30 21:26:55
大学の先輩と初めて見たレイトショーでした。
あんなもん、夜中に見るもんじゃなかった。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-06-30 21:35:12
私は中一だったので、「エレファンントマン」をヒューマニズム溢れる作品として認識し見ちゃいました^^;
その後、D・リンチの何たるかを数年かけて理解した次第です^^;
私の精神の数パーセントはD・リンチです。
それで人生が狂った・・・!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事