『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[遅ればせながら、映画『ラスベガスをぶっつぶせ』を観た]

2008-06-14 12:11:55 | 物語の感想
☆あまり映画鑑賞気分じゃなかったのだが、面白かったので良かった~^^

抜群に頭のいい学生が、学費に困り、その記憶力を活かし、ラスベガスのカジノの<ブラックジャック>ゲームでボロ儲け、でも紆余曲折がありまして、という話だ。

ぶっちゃけて言えば、『ジャンパー』『ネクスト』(←クリック!)に続く、冴えない男が、その能力をもって世界を飛び回り、大金をせしめて豪勢に暮らし、最愛の女を手に入れる物語だ。

この作品の主人公の能力は「超能力」ではないので、・・・それでも並外れた能力だが・・・、やや、私にも共感が沸くのだ。

っちゅうか、彼と、そのチームがラスベガスで豪遊する姿を見ていたら、羨ましくて羨ましくて!^^;

   ◇   ◇

簡単に言うと、カジノのカードゲームは、カードの順番が絶対なのである。

つまり、開館の時のカード順序からは、閉館のときのカード順序が読み取れたりする。

主人公チームは、そのカードを「覚える(「カウント」)」というテクニックで、勝利し、大金を得る。

正直、意味ありげな暗符がチーム間で飛び交うのだが、そのテクニックの意味は、我々鑑賞者には分からない。

だが、ハッタリの利いた画面で、我々を圧倒してくれる。

裏づけなしに(裏づけをこちらに認識させることなしに)、迫力のみでこちらに納得させるやり方は、ジャンプのバトルマンガのようだ^^;

でも、「あり」なのである。

『鳴きの竜』など、一時期、麻雀マンガが流行った頃があったが、あの作者達の多くが、麻雀を全く知らないで、主人公が「役」を叫ぶというハッタリだけで作品を成立させていたなんて事があったそうだし^^;

   ◇   ◇

とにかく、最近の映画は映像がクリアーなので、ビデオクリップをみている感じで楽しみもした。

主人公チームがラスベガスに乗り込んでいくくだりなど、なんか、『ダイハード』のテロリストチームみたいにカッコいい^^

そのチームのメンバーは、それぞれ個性的だが、それぞれの役割が不明確な点が勿体無いかな。

   ◇   ◇

リーダーの教授をやっていたケヴィン・スペイシーだが、凄みのある役者である。

物語の前半は、その役者としてのカリスマに圧倒された。

だからこそ、終盤のヘタレっぷりには興醒めした。

いや、物語の展開に対してではないよ。

演技のテンションの急降下にしらけたのだ。

対して、警備側のローレンス・フィッシュバーンだが、初っ端からカリスマ度の下がった印象だ。

この人、もっともっとパワフルなイメージだったのだが。

彼を囲む同僚や上司はいい味出していた。

こういった詐欺(?)を見破る「システム」の流行り廃りも、そこはかとなく、見ているこちらに伝えてくれていた。

   ◇   ◇

主演のジム・スタージェスだが、「オタク秀才」と「大学デビュー」のはざ間を行き交う役を見事に演じていた。

ポール・マッカートニーとか、アル・パチーノに似た顔で、なんとも親近感が沸く。

よく、ヤクザ映画を観た後、男は肩を怒らせながら映画館を後にする、なんてことが言われるが、

私も、この主人公にやや共感し、あたかもカジノを後にする主人公のように映画館を後にした^^

   ◇   ◇

主人公の、オタク友だちとの友情もちゃんと描かれており、

オタクの「度量の広さ」に、私は感動したし、

その二人の<オタ友>が、最終的に、主人公の<カウント>チームに合流し、幸せになるのが実に嬉しかった^^

PS.さあ、今日は、『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』だ!!^^v

                           (2008/06/14)

コメント (3)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | [映画『インディ・ジョーンズ... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オタク (たいむ)
2008-06-14 14:53:20
こんにちは。
オタク友は、世間的にも超優秀な学生で、そのなかでも更にデキル友人を認める器量のあるコたちでしたもんね。仲直りできて嬉しくなったし、後日談も良かったですよね(^^)

インディはやっぱりインディです。
感想、お待ちしています!
おじゃまします (ピロEK)
2009-01-26 12:19:36
おじゃまします。私のブログにコメントを頂いたミッドナイト・蘭さんってこちらで宜しかったでしょうか?
反応が遅くなってスイマセン。
「とどろけ一番!」情報感謝でありました。同じ頃友人からもコミックのタイトルだけは教えてもらったのだけど、どんな絵柄だったかは全く思い出せません。しかも後半はボクシングマンガに…ってのも記憶に無いから、そのころはもう読んでいなかったのかもしれませんね私。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。
ピロEKさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-01-26 23:19:28
こんにちわ^^

多分、そうです。

「とどろけ一番!」についてコメントした覚えがあります。

あのマンガは、『ゲームセンターあらし』が流行っていた頃のフォロアーでした。

あのタイプのマンガを量産すれば、コロコロはジャンプ的な存在になれたようにも思えます。

(参考)
http://my.reset.jp/~mars/btg/ichiban/ichiban1.htm

これからもよろしく!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

47 トラックバック

『ラスベガスをぶっつぶせ 』 2008-No36 (映画館で観ましょ♪)
原題は『21』 ・・・この方がいいような気がするんですが。 数学の才能はカジノで活かされる。 こんな風にチームを組んでしまえば目...
ラスベガスをぶっつぶせ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
重なる時には重なるもので、ちょっと多忙な今日この頃。バタバタアタフタ・・・映画を観賞したり感想を書いたりが今後スローペースになりつつありますが、マイペースでボチボチとやっていきますのでヨロシクお願いしま~す【story】マサチューセッツ工科大学の学生ベン(...
★ラスベガスをぶっつぶせ(2008)★ (CinemaCollection)
21その戦略は、天才だけに許される。圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く──実話の映画化。上映時間122分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/05/31ジャンルサスペンス/ドラマ/青春【解説】ベン・メズリ....
「ラスベガスをぶっつぶせ」みた。 (たいむのひとりごと)
素人がギャンブルに手を染める物語の場合、切っ掛け→成功→大成功→増長・亀裂→失敗→喪失→再出発なパターンがほとんどで、この作品もそのままひととおりを見せてくれる。でも、次にどうなるって分っていても、有
ラスベガスをぶっつぶせ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その戦略は、天才だけに許される。 圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く──実話の映画化。』  コチラの「ラスベガスをぶっつぶせ」は、数学の天才がブラックジャックを攻略する5/31公開の青春サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ...
ラスベガスをぶっつぶせ(映画館) (ひるめし。)
その戦略は、天才だけに許される。
ラスベガスをぶっつぶせ 39点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
この世に果たしてロマンはあるか、人生を彩る愛はあるか 公式サイト ブラックジャック必勝法を実戦したMIT学生達の実話を取材した、ベン・メズリックによるノンフィクション本『ラス・ヴェガスををブッつぶせ!』を原作に映画化。 映画版の原題は『21』だが、原作...
インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国 (そーれりぽーと)
映画界の巨匠がタッグを組み、巨額を投じて製作した考古学アドベンチャー映画と言えば『インディー・ジョーンズ』シリーズ。 今やVFXでなんでも出きる時代、セットだって背景だって、物理的に無理な事だってみんな映像に出きる時代に帰ってきた『インディ・ジョーンズ ク...
ラスベガスをぶっつぶせ(2008年) (勝手に映画評)
卓越した数学力を持つMITの学生ベン(ジム・スタージェス)。彼は、一つ問題を抱えていた。進学先の学費を捻出しなければならないのだ。そこへ、ベンの卓越した数学力に目を付けたミッキー・ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)が現れ、ベンをブラックジャック攻略チーム...
ラスベガスをぶっつぶせ/21 (我想一個人映画美的女人blog)
ラスベガスを"ぶっとばせ"だか"ぶっつぶせ"だか"やっつけろ"だか、ややこしい邦題がついちゃったこの映画。 原題は、主人公の年齢21とブラックジャックの21をかけてる。 5月の気になるリストにいれてたけど、観ないかも?なんて思ってたら 実は『キューティ・ブ...
ラスベガスをぶっつぶせ (映画鑑賞★日記・・・)
【21】2008/05/31公開(05/31鑑賞)製作国:アメリカ監督:ロバート・ルケティック出演:ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー、アーロン・ヨー、ライザ・ラピラ、ジェイコブ・ピッツ、ジョシュ・ギャッド “そ...
ラスベガスをぶっつぶせ (<映画情報>ホーギーの気ままに映画の旅)
本作品のキーワード : 『an uncommon experience』  【公   開】 2008年 【時   間】 122分 【製 作 国】 アメリカ 【監   ...
『ラスベガスをぶっつぶせ』 (Sweet*Days**)
監督:ロバート・ルケティック  CAST:ジム・スタージェス、ケヴィン・スペイシー、ケイト・ボスワース 他 マサチューセッツ工科大...
[映画]ラスベガスをぶっつぶせ (お父さん、すいませんしてるかねえ)
原題「21」のままにすると、「24」からクレームがつくのでしょうか? 邦題にすると主旨がかわってくるんですが… あらすじを簡単に MITの優秀な学生ベンはハーバード医科大に合格。 洋々たる前途だったが、必要な学費は30万ドル。 時給8ドルで働く彼に、到底用...
ラスベガスをぶっつぶせ (eclipse的な独り言)
 毎日、家や劇場で映画を観ています。こんな生活はいつまで続くのでしょうか。(5月
映画 【ラスベガスをぶっつぶせ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ラスベガスをぶっつぶせ」 実話を基にした大ベストセラーの映画化。 おはなし:マサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授ミッキー(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラックジャックの必勝法を編み...
ラスベガスをぶっつぶせ (ネタバレ映画館)
コッシー、コッシーとうるさい!ええ、秘技を盗ませていただきますよ・・・
ラスベガスをぶっつぶせ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
最近もっぱら流行の理科系男子を主人公にした痛快な青春映画は、貧乏な天才学生がラスベガスのカジノで荒稼ぎした実話が基。主役のスタージェスをはじめ、チームを組むMITの学生を演じる俳優たちが秀才に見えないのは難点だが、キャラクターの個性やノリの良さは楽しい...
『ラスベガスをぶっつぶせ』・・・って何をぶっつぶすんだか(笑) (SOARのパストラーレ♪)
MIT(マサチューセッツ工科大)の天才たちがその頭脳を駆使してカジノで大儲け・・・。学生時代数学が大の苦手だった私にとってこんな話は断固許すわけにはいかな~い!(笑) というわけで、実話に基づくというこの作品をさっそく観てきた。
『ラスベガスをぶっつぶせ』 (ラムの大通り)
(原題:21) ----『24』ならまだ分かるけど この原題の『21』って、どういうこと? 「トランプのブラックジャックって聞いたことないかな。 ディーラーとプレーヤーが1対1で勝負して、 合計の数が21に近い方が勝ちという…」 ----ああっ。それなら分かる。 これ、カード...
ラスベガスをぶっつぶせ/ジム・スタージェス (カノンな日々)
予告編での映画のイメージは超優秀な大学生たちが頭脳を駆使して合法的にラスベガスでのカードゲームでビッグマネーを手にする。そんな感じで知的なゲーム感覚の作品 が楽しめるんじゃないかと期待して観に行きました。 出演はその他に、ケイト・ボスワース、ローレン...
ラスベガスをぶっつぶせ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題「21」。ロバート・ルケティック監督、ケヴィン・スペイシー、ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン。実話を元にしているらしいけれど、実話は映画のようにばんばん儲けられるということじゃなく、Card countingでちょ...
ラスベガスをぶっつぶせ (☆SunFlower☆)
試写会『ラスベガスをぶっつぶせ』マサチューセッツ工科大学に通うベンは夢のハーバード大学医学部進学資格を得ながら、30万ドルの学費を捻出できずに頭を痛めていた。そんな時、ミッキー・ローザ教授から秘密の研究チームに誘われる。彼は優秀な学生たちにブラックジャッ...
ラスベガスをぶっつぶせ (5125年映画の旅)
ハーバード入学を目指す数学の天才ベン。しかし高額の授業料のためにその夢は潰えかけていた。そんな時、ベンは教授の勧めでブラックジャックのクラブに入会する。そこで彼は配られる手札を予測する手段を教わり、その技術を駆使してラスベガスで大儲けを敢行する。学...
ラスベガスをぶっつぶせ (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 21 上映時間 122分 製作年度 2008年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/05/31 監督 ロバート・ルケティック 脚本 ピーター・スタインフェルド、アラン・ローブ 音楽 デヴィッド・サーディ 出演 ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシ...
ラスベガスをぶっつぶせ (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年5月31日 公開 2分後が見えるんじゃなくてぇ~、カウントしてるんだよぉ~♪ 途中、少々退屈気味なところもありましたが、終盤のドンデン返しは爽快だった! これね、またまた実話です。 あるんだねぇ~こんな話し...
ラスベガスをぶっつぶせ (to Heart)
その戦略は、天才だけに許される。 原題 21 上映時間 122分 製作国 アメリカ 原作 ベン・メズリック 『ラス・ヴェガスをブッつぶせ!』(アスペクト刊) 脚本 ピーター・スタインフェルド 、アラン・ローブ 監督 ロバート・ルケティック 出演 ジム・スタージェス/ケイト...
ラスベガスをぶっつぶせ (えいかん。)
http://www.sonypictures.jp/movies/21/ 「いかにも」な感じで、「やっぱり」な展開だったけど、だからこそ楽しめた。 オチも読みどおりだったけど、だからこその見終わったときの爽快感。 ぶっちゃけ、私はブラックジャックを知らんので、ゲームの内容はさっぱ...
ラスベガスをぶっつぶせ (C'est Joli)
ラスベガスをぶっつぶせ’08:米 ◆原題:21 ◆監督: ロバート・ルケティック「キューティ・ブロンド」◆出演:ジム・スタージェス 、ケイト・ボスワース 、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー、アーロン・ヨー、ライザ・ラピラ、ジョ...
映画 『ラスベガスをぶっつぶせ』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆マサチューセッツ工科大学の数学の天才学生たちが、ラスベガスのカジノで荒稼ぎしたという実話を基にした大ベストセラーを映画化。オスカー俳優ケヴィン・スペイシーが製作と出演を務め、監督は『キューティ・ブロンド』のロバート・ルケティックがあた...
「ラスベガスをぶっつぶせ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ラスベガスをぶっつぶせ」公式サイトMITの学生が、カジノで荒稼ぎしたという実話を映画化。カードカウンティングを使って大もうけ。カードカウンティングとは、記憶力と計算力で確率を割り出し、確実に稼いでいく方法。でもブラックジャック...
最後に彼が手にしたモノは・・・。『ラスベガスをぶっつぶせ』 (水曜日のシネマ日記)
マサチューセッツ工科大学の数学に才能のある学生たちが、ラスベガスのカジノで荒稼ぎする物語です。
【映画】ラスベガスをぶっつぶせ (新!やさぐれ日記)
■動機 原題「21」に興味 ■感想 序盤のダラダラと時間の長さが惜しい ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ マサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラッ...
「ラスベガスをぶっつぶせ」久しぶりに痛快! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
観たな~っ!と思える映画になかなか出会えなかったこの頃。 久々に痛快、かつ違和感なし!の、楽しめる映画に出会った。 舞台は早口言葉で有名な‘マサチューセッツ工科大学‘。 実話に基づいた話というから、ますます興味倍増~~真面目な天才少年が、いったいどんな...
「ラスベガスをぶっつぶせ」世界のナベアツには、絶対無理(^^;! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 全米2週連続NO.1!「ラスベガスをぶっつぶせ」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。原題は「21」←ブラックジャックで最も強い点数のことなんですと。で、ブラックジャックって何…?(^^;  MIT(マサチューセッツ工科大学)の優秀な学生・...
【2008-133】ラスベガスをぶっつぶせ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ”運(ツキ)”は存在しない 信じるのは”数式”だけ とめられない、この快感。 その戦略は、天才だけに許される。 圧倒的な数学力でMITの学生が人生を切り開く ──実話の映画化。
『ラスベガスをぶっつぶせ』@有楽座 (映画な日々。読書な日々。)
マサチューセッツ工科大学に通うベンは夢のハーバード大学医学部進学資格を得ながら、30万ドルの学費を捻出できずに頭を痛めていた。そんな時、ミッキー・ローザ教授から秘密の研究チームに誘われる。彼は優秀な学生たちにブラックジャックの必勝法であるカード・カウンテ...
ラスベガスをぶっつぶせ (future world)
原題は「21」(ブラックジャック)、この方がずっとクールでしっくりくるんだけど・・・ 邦題「ラスベガスをぶっつぶせ」って・・・題名だけ聞いた時、テリー・ギリアム監督が「ラスベガスをやっつけろ」の続編作ったのかと勘違いしました。。 天才大学生が教授らと...
ラスベガスをぶっつぶせ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  刹那のひととき、夢のあと・酸いも甘いもラスベガス  
ラスベガスをぶっつぶせ (花ごよみ)
ハーバード大学医学部進学資格を得た、 マサチューセッツ工科大学在学中の 学生ベン(ジム・スタージェス)。 ハーバード大学医学部進学のための学費、 30万ドル捻出に苦悩。 30万ドル(3000万円) 高いっ!! マサチューセッツ工科大学からなぜ、 ハーバードの医学部に...
☆「ラスベガスをぶっつぶせ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目は、九段会館にて試写会。 いやー、今月は3週連続試写会だよーーーー。 超嬉しいっ。
ラスベガスをぶっつぶせ (奥村香織日記にいざ給え)
映画、「 ラスベガスをぶっつぶせ 」を観ました! (ちょっとネタバレあり!?な内容なのでこれから観る予定の方は気を付けて下さい!) 「山のあなた 徳市の恋」 を観ようと思っていたんですが、上映時間の関係で「ラスベガスをぶっつぶせ」も気になっていたのでこちら...
ラスベガスをぶっぶせ!頭脳明晰の男が挑んだのは?? (銅版画制作の日々)
 「運」は存在しない。信じるのは「数式」だけ。   5月末にロードショーが始まった「ラスベガスをぶっぶせ」を遅まきながら、7月8日、東宝シネマズ二条にて鑑賞してきました。11日で終了ということだったので、火曜日を逃すと、会員料金で観れないので、慌て...
「ラスベガスをぶっつぶせ」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「ラスベガスをぶっつぶせ」 監督:ロバート・ルケティック 出演:ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、ローレンス・フィッシュバーン、ケヴィン・スペイシー、アーロン・ヨー、ライザ・ラピラ、ジェイコブ・ピッツ、ジョシュ・ギャッド、ジャック・マクギー、サ...
「ラスベガスをぶっつぶせ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
理系大学の最高峰MIT(マサチューセッツ工科大学)の学生ベン・キャンベル(ジム・スタージェス)。 医者を目指している彼にとって悩みは巨額な学費。そんなある日、ベンの頭脳に目を付けたミッキー・ ローザ教授(ケヴィン・スペイシー)が彼を自分の研究チームに勧誘...
【映画】ラスベガスをぶっつぶせ…モテるには頭脳より財力らしい (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日{/kaeru_rain/}{/hiyoko_cloud/}は予告通り昼過ぎまで寝ていました{/kaeru_night/}{/face_ase2/} で、起きて、 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を観始めたのですが、映画の終盤にきて… あ、今日(日曜日)って「たかじん」がある{/ee_3/}と気がついて映画を中...
『ラスベガスをぶっつぶせ』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじマサチューセッツ工科大学の学生ベン(ジム・スタージェス)はある日、並外れた数学的資質を教授(ケヴィン・スペイシー)に見込まれ、ブラックジャックの必勝法を編み出した天才学生チームに誘われる。チームに参加した彼は仲間たちと日夜トレーニングを重ね卓越...