『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『幸せの1ページ』を観た]

2008-09-12 22:53:17 | 物語の感想
☆気軽に楽しめるコメディ作品だと思っていたら、それ以上に痛快なファンタジー・アドヴェンチャーだった。

「痛快」と言うよりは、爽快かな?

南の海の広さが、物語の冒頭で、架空の物語の「アラビアの冒険」から連想された『アラビアのロレンス』の雄大な砂漠を連想させて、なかなか深みが感じられた。

それは、見てるこちらの思い入れか、と思いきや、「…ロレンス」風の旋律が流れていたので、もしかして、計算づくだったのかも知れない。

・・・突き抜けた青い海、蒼い空が心地良かった。

   ◇   ◇

主人公二ムは、学者のお父さんと、南の島の火山島に住んでいる。

自然を満喫しつつも、文明の利器の取り寄せも行なっていて、ネット環境なども充実している。

二ムのお気に入りは、冒険作家アレックスの作品だ。

・・・所変わって、サンフランシスコ。

その冒険作家は、作品の内容とは裏腹に、外出恐怖症の潔癖症の女だった。

冒険の舞台の火山を調べるため、二ムの父親にメールを出す。

・・・時を同じくして、ある日、ヨットで外洋に出た父親が嵐に巻き込まれて、消息を絶つ。

二ムは、冒険作家アレックスに助けを求める。

情緒不安定の作家アレックスは、自分の作り出した幻影の冒険家アレックスの励ましを受けて、シスコから、南の島に旅立つのだ。

   ◇   ◇

物語は、多くのご都合主義に彩られるが、安易に「ご都合主義」とは言えない物語的な技巧が施されていて、私は、観終えて非常に満足した。

   ◇   ◇

先ず、二ム(アビゲイル・ブレスリン)について語りたい。

美少女好きの私だが、何故か、この子には萌えなかった。

何でだろ?

と、考えたのだが、この子の顔が「可愛い男の子」のような顔だからだと思う。

『テラビシアにかける橋』のボーイッシュな娘とは、その萌え度では、似て非なる女の子であった。

ロッククライミングを何気なくこなしたり、木々の間に張りめぐらしたロープに滑車をつけて滑空する様は良かった。

ただ、この子が、最初、アレックスを拒否するその情動が、ちょっと理解できなかった。

南の島で外界から遮断されて育った子供の気持ちが、私には想像できず、共感できなかったのだ。

   ◇   ◇

この作品は、売り方を間違えているかも知れない。

二ムのパートの話としては、堂々の児童文学的な話である。

しかし、この物語の宣伝は、神経症の冒険作家を演じるジョディ・フォスターが、南の島へ旅立つにあたってのコメディ要素ばかりをクローズアップしていた。

確かに、ジョディのパートは、過剰だが、リアルな演技もうまいので見せてくれるし、大笑いした。

だが、それでは、二ム・パートで引きつけられそうな子供の客層を遠ざけてしまったのではなかろうか?

   ◇   ◇

私は、15年ほど前、フィジーを一ヶ月間旅し、島々を小さな飛行機で飛び交ったり、ボートで渡った経験があり、ジョディの、二ムの島までの道行きが実に懐かしかった。

付き添う幻影の冒険野郎が、外界にショックを受け続ける<引き篭もりの冒険作家>に「なるようになるよ^^」とか励ますのがいいね^^

   ◇   ◇

遭難した父親のパートも、鮫や、破損したヨット本体など、あまり効果なくサスペンス要素を盛り上げていたけど、

その親父の、不屈の精神力と言うよりも「能天気さ」で楽しんだ^^;

   ◇   ◇

なんか、あまりパッとしないなと思い、観るのをやめている映画ファンは、是非、観ることをお薦めします^^v

南の海が、いい意味で、狭く感じられるぞ!(身近に感じられるってこと^^;)

                         (2008/09/12)

コメント (4)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | [映画『パコと魔法の絵本』を... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (ketchup36oz)
2008-09-13 14:23:14
TBありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

この映画は僕自身もかなり楽しめました。
難易20度西経162度って、地図で位置を確認しちゃいましたよ。

ジョディー主役視点で物語を追ってしまっちゃうと苦しいですよね。

♪ketchup36ozさんへ (ミッドナイト・蘭)
2008-09-13 17:16:47
はい、嬉しい誤算の作品でした^^

>>難易20度西経162度って、地図で位置を確認しちゃいましたよ。

私も、グーグルアースで見てみようっと!

これからもよろしく!!
Unknown (KLY)
2009-02-26 23:30:33
こんばんは^^

確かにその通りで、ニムが主人公として話が進みながらも、やっぱり主演はジョディでしょみたいな。
一本の作品の中に2つのストーリー多あって、それぞれ楽しい話だったんですが、何だか一緒にやらなくても良いような気もしたんですよね。

ジェラルド・バトラーはほんと色んな役やりますねぇ。(笑)
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-02-27 08:27:04
こんにちわ^^

この作品とか、『スパイダーウィックの謎』とか、あまり大風呂敷を広げない系の作品は、すがすがしいですね。

>>ジェラルド・バトラー

今、そのフィルモグラフィーを見たら、確かに多彩ですね。

「オペラ座の怪人」のファントム役もやってたんですね。

イケメンだから、どんな役でもできるわけですね^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

39 トラックバック

幸せの1ページ(2008年) (勝手に映画評)
作家アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は、”アレックス・ローバー”を主人公にした大人気冒険小説を書いているが、彼女には対人恐怖症で外出恐怖症、そして不潔恐怖症と言う秘密があった。そんな彼女が、煮詰まりつつある執筆中の小説のネタのために出し...
幸せの1ページ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
大好きなジェラルド・バトラーが出る映画なのに、「コチラでは上映されない~」と思っていたら、された♪ラッキー【story】勇気あるヒーロー”アレックス・ローバー”(ジェラルド・バトラー)を主人公にした冒険小説で人気の小説家アレクサンドラ(ジョディ・フォスター...
幸せの1ページ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生なんて、 たった1行で変えられる。 引きこもりの冒険作家に、 ドアを開けさせたのは、 南の島の少女からの SOSメールだった!』  コチラの「幸せの1ページ」は、オーストラリアの人気作家、ウェンディ・オルーのベストセラー小説「秘密の島のニム」をジ...
映画 【幸せの1ページ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「幸せの1ページ」 ウェンディ・オアーの人気児童書の映画化。 おはなし:対人恐怖症の人気冒険小説家、アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は何年も自宅に引きこもって暮らしていた。彼女はネットで、孤島で暮らす海洋生物学者(ジェラルド・バトラー)...
幸せの1ページ (to Heart)
人生なんて、たった1行で変えられる。 原題 NIM'S ISLAND 製作年度 2008年 上映時間 96分 製作国・地域 アメリカ 原作 ウェンディー・オルー『秘密の島のニム』(あすなろ書房刊) 監督 マーク・レヴィン/ジェニファー・フラケット 出演 アビゲイル・ブレスリン/ジョ...
「幸せの1ページ」あの人の、新たな一面が…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 常に悪と闘う正義の味方的女優の代表、ジョディ・フォスター。そんな彼女史上初のコミカルな演技が見られる本作。「幸せの1ページ」(角川映画)。この秋、気軽に楽しめるファミリー・ムービー…って、こんなジャンルの映画に、あのジョディが??って、感じですわ。 ...
幸せの1ページ/Nim' s Island (我想一個人映画美的女人blog)
いつも強そうで怖いものなんか全くナシ!ってキャラを演じて来たジョディ、新境地開拓?! ジョディ・フォスターが、ハートフルファンタジー{/eq_1/} 今回演じるのはベストセラー冒険作家で、超!が付くほど潔癖症で引きこもりの作家、アレクサンドラ・ローバー。 父...
幸せの1ページ (Memoirs_of_dai)
あくまで子供向けだと割り切って 【Story】 対人恐怖症の人気冒険小説家、アレクサンドラ(ジョディ・フォスター)は何年も自宅に引きこも...
映画なんて、宣伝一つで変えられる●幸せの1ページ (Prism Viewpoints)
人生なんて、 たった1行で変えられる。   ―――   (公式キャッチコピー) 『Nim's Island』 幸せの1ページ - goo 映画 アレクサン...
幸せの1ページ (ともやの映画大好きっ!)
(原題:NIM'S ISLAND) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) ウェンディ・オルー原作の児童文学を映像化したファミリー向けアドベンチャー映画。 海洋生物学者のジャック(ジェラルド・バトラー)と11歳になる娘のニム(アビゲイル・ブレスリン)は、休火山...
幸せの1ページ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ジョディ・フォスターとアビゲイル・プレスリンがアクション・アドベンチャーで初共演。引きこもりの小説家アレクサンドラと、南の島で暮らす少女ニム。大切なものに囲まれた自分の世界に生きている二人を、アレクサンドラの書く冒険小説のヒーローが織りなすハッピー...
映画「幸せの1ページ」(2008年、米) (富久亭日乗)
  ★★★☆☆  南太平洋の島を舞台にした冒険ファンタジー。  原題は「Nim's Island」。       ◇  少女Nim Rusoe (Abigail Breslin)は、 作家で科学者の父Jack (Gerard Butler)と 南太平洋の孤島で暮らしていた。 楽しみは冒険家Alex Rover (Gerard Butler...
幸せの1ページ (マー坊君の映画ぶろぐ)
「幸せの1ページ」監督・脚本:ジェニファー・フラケット&マーク・レビン 出演:ジョディ・フォスター(『ブレイブ ワン』『フライトプラン』)アビゲイル・ブレスリン(『幸せのレシピ』『リトル・ミス・サンシャイン』)ジェラルド・バトラー(『300』『オペラ座の怪人...
映画「幸せの1ページ」を見ました☆ (はろはろ日記)
今回(9/10)、「幸せの1ページ」を鑑賞しました。 今年、邦洋合わせて6作目となります。 公式サイト http://www.shiawase1.jp ☆監督: ジェニファー・フラケット マーク・レヴィン ☆出演: ジョディ・フォスター ジェラルド・バトラー アビゲイル・ブ...
映画「幸せの1ページ」の感想です。 (MOVIE レビュー)
「幸せの1ページ」を観ました。この映画は日本語のタイトルで公開されているんですけど、 英題の「 NIM'S ISLAND 」の方がさすがにピッタリくるタイトルですね! このままのタイトルで良かったのに!女性客層をターゲットにしたような 安易な日本語タイトルは映画のイメ...
幸せの1ページ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
知的女優ジョディ・フォスターのコミカルな演技が新鮮なファミリー・ムービー。引きこもりの人気作家アレクサンドラは、孤島で暮らす海洋生物学者の娘で9歳のニムとネットで知り合うが、ある日彼女からSOSメールが届く。ヒロインが生み出した小説の主人公が彼女を外の...
幸せの1ページ (A・B・CINEMA)
『幸せの1ページ』人生なんて、たった1行で変えられる。アレクサンドラは、大人気の冒険小説家だけど“対人恐怖症”で引きこもり。そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。新しい小説のネタを探していると、孤島で暮らす海洋学者の記事が目にとま...
幸せの1ページ (映画鑑賞★日記・・・)
【NIM'S ISLAND】2008/09/06公開(09/06鑑賞)製作国:アメリカ監督:マーク・レヴィン、ジェニファー・フラケット出演:アビゲイル・ブレスリン、ジョディ・フォスター、ジェラルド・バトラー 人生なんて、たった1行で変えられる。ひきこもりの冒険作家にドアを開け...
幸せの1ページ (悠雅的生活)
ニムの島へようこそ♪   
『幸せの1ページ』・・・ニムのケガの心配もしてやらんと! (SOARのパストラーレ♪)
思ったよりもこじんまりとまとまった感じの作品だったがなかなかよかった。子供目線のアドベンチャーにしたいのか、大人目線のドラマ仕立てにしたいのか、どっちつかずな中途半端感は否めないが不思議と悪い印象は残らない。ハートフル・アドベンチャーとはなるほどよく言...
これ、南の島のフローネ?【幸せの1ページ】 (犬も歩けばBohにあたる!)
元祖クール・ビューティーといえばジョディ・フォスターでしょう。 子役のころからス
幸せの1ページ (小部屋日記)
Nim's Island(2008/アメリカ)【試写会】 監督・脚本: ジェニファー・フラケット/マーク・レヴィン 出演:ジョディ・フォスター/アビゲイル・ブレスリン/ジェラルド・バトラー/マイケル・カーマン/マーク・ブラディ 上映時間:96分 劇場公開:9/6 人生なんて...
幸せの1ページ (心のままに映画の風景)
ベストセラー冒険小説家のアレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は、極度の潔癖症と対人恐怖症で家から一歩も出られない引きこ...
幸せの1ページ (Diarydiary!)
《幸せの1ページ》 2008年 アケリカ映画 -原題 - NIM'S ISLAN
『幸せの1ページ』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
海洋生物学者の父ジャックと南海の孤島で暮らす11歳の少女ニムは、この島での暮らしが大好き。アシカやペリカン、トカゲ、カメたちが友だちだ。そんなニムのお楽しみは読書。特に冒険小説「アレックス・ローバー」のシリーズは大のお気に入りだ。 ある日ジャックは、研...
幸せの1ページ (映画を見に行きましょう!! )
          幸せの1ページ アレクサンドラは、大人気の冒険小説家。なのに、対人恐怖症で引きこもり。そんな彼女が書くヒーローは、空想で作った理想の男性像だった。新しい小説のネタを探していると、孤島で暮らす海洋学者の記事が目にとまった。彼に協力を求...
『幸せの1ページ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「幸せの1ページ」□監督・脚本 ジェニファー・フラケット、マーク・レヴィン □原作 ウェンディ・オアー □脚本 ジョセフ・クォン□キャスト ジョディ・フォスター、アビゲイル・ブレスリン、ジェラルド・バトラー、マイケル・カーマン、...
幸せの1ページ★★★★劇場72本目:期間限定なら行ってみたい... (kaoritalyたる所以)
ひきこもりな冒険小説作家、アレックス・ローバーの冒険物語であり、火山の島に住むニムの「ホーム・アローン」的おうちを守る物語に、家族と疑似恋愛がスパイスのハートウォーミング・コメディな映画を昨晩観ました。解説とあらすじはいつものYahoo!からのコピペで。その...
幸せの1ページ (まぁず、なにやってんだか)
「幸せの1ページ」は試写会が当たっていたのに、別の試写会と日程が重なってしまったので、泣く泣くお友達に観にいってもらった作品です。 ようやく観にいってきました。 この映画、チラシのイラストがとても美人な若い姉さんとアビゲイルちゃんだったのよ。この若い...
【2008-208】幸せの1ページ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 人生なんて、 たった1行で変えられる。 ひきこもりの冒険作家に ドアを開けさせたのは、 南の島の少女からの SOSメールだった!
幸せの1ページ【2008アメリカ】 (ピョンスケさんの徒然blog)
原作:ウェンディ・オアー原題:NIM'S ISLAND(2008年アメリカ)監督
幸せの1ページ (ダイターンクラッシュ!!)
9月20日(土) 14:35~ チネ1 料金:0円(ポイント使用) プログラム:600円(買っていない) 『幸せの1ページ』公式サイト ちょっと、あんまりなタイトル。しかも、最後の最後しか関係無いし。 原題は、Nim's Island。Nimは、主人公の少女の名前。原題もアレだけ...
幸せの1ページ (シネマ大好き)
試写会で「幸せの1ページ」を観た。 海洋学者の父ジャック(ジェラルド・バトラー)と南の無人島で暮らす少女ニム(アビゲイル・ブレスリン)は、アレックス・ローバーが活躍する小説の大ファン。豊かな自然と仲良しの動物に囲まれて幸せに暮らす彼女だったが、父が調...
『幸せの1ページ』 2008-No57 (映画館で観ましょ♪)
厳しい顔で、一人でも戦える強い女性ばかりを演じていたジョディ・フォスターが 引きこもり・対人恐怖症・潔癖症な冒険小説家になっていま...
「幸せの1ページ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ジョディ・フォスターとジェラルド・バトラーのこういった役、珍しかったです・・
幸せの1ページ (LOVE Cinemas 調布)
主演はオスカー女優ジョディ・フォスター。しかしストーリーの主人公はアビゲイル・ブレスリン演じるニムです。更に、私の大好きな作品『P.S.アイラヴユー』、そしてつい先日鑑賞した『ROCKNROLLA/ロックンローラ』にも出演していたジェラルド・バトラーが一人二役で出演...
【映画】幸せの1ページ…の記事&そういえば先々週、鳥栖に行きました (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} ひとつ前の記事で予告したとおり、本日2つめの記事です{/face_nika/} まずは、ここで溜まりに溜まった{/ase/}近況報告(の一つね) 先々週2009年5月10日(日曜日)、またまた「鳥栖プレミアム・アウトレット」に行ってきました。私は既に季節を過ぎた{/...
幸せの1ページ (Blossom)
幸せの1ページ NIM'S ISLAND 監督 マーク・レヴィン 出演 アビゲイル・ブレスリン ジョディ・フォスター     ジェラルド・バトラー ...
映画『幸せの1ページ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
84.幸せの1ページ■原題:Nim'sIsland■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:96分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:10月4日、シネパレス(渋谷)スタッフ・キャスト(役名)...