『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『運命のボタン』を観た]

2010-05-12 22:35:04 | 物語の感想
☆う~ん・・・、これはつまらないし、意味が分からなかった。

 邦題の「運命のボタン」が、かなり悪いと思う。

 キャメロン・ディアスとサイクロプスの若夫婦のもとに、変なボタンの付いている丁寧な造りの箱が送られてくる。

 おって、顔の半分が焼け爛れているが紳士的な男が来訪し、「ボタンを押せば、世の中の誰かが死ぬ。しかし、押せば、あなた方に100万ドルあげよう」と提案してくるのだ。

 期限は24時間。

 私はてっきり、この、「ボタンを押すか、押さないか」だけで物語がグイグイ引きつけられて進むのかと思っていた。

 『幸福の条件』なんて作品を思い出しつつも、

 押すか、押さないか、その究極の二者択一の前で、『カイジ』や『デスノート』なみに、その背景の深い読みが、偏執的に、けど面白く展開されていくのかと思っていた。

 すると、ボタンはあっけなく押され、なんか中途半端な人間ドラマと、なんか中途半端な高次な存在ストーリーが展開される。

 せっかく、70年代のアメリカの宇宙開発を背景にもしているのだから、そこに絡めて整合性を持たせても欲しかったが、「組織」は、カーペンターの『パラダイム』のようにオカルトチックだ。

 オカルトならばオカルト! 宇宙人ものなら宇宙人もの! 人間ドラマなら人間ドラマ!

 はっきりして欲しかった。

 面白くない・・・。

 おそらく、原作は短編で、それを引き伸ばしたから「こんなん」なったんでしょう^^;

 序盤のセピアチックな画面造りなどは良かったんだけどね・・・。

                                       (2010/05/12)

コメント (7)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
« [与党民主党考・58 「民主... | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
珍しい… (KLY)
2010-05-12 23:18:42
私などよりよほど映画に対する許容範囲の広い蘭さんをもってして「つまらない」と言わせるとは。(笑)
そもそもこのブログの映画記事で「つまらない」ってめったに出ない言葉なのに。

>オカルトならばオカルト! 宇宙人ものなら宇宙人もの! 人間ドラマなら人間ドラマ!

私もこれに尽きます。それぞれは全部好きな要素なんですけどねぇ。^^;
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-05-12 23:56:42
この作品、なかなか金が掛かってますよね。

もったいないと思いました。

色んな要素をひっくるめた末の「つまらん」です。

これが、AVかなんかで、エロ描写の合間に、このストーリーやられたら傑作なんでしょうけど^^

宇宙人オチでは、名前を忘れちゃったのですが、ニコラス・ケイジの近作がありましたよね。

あれは、途中から、話が突き進んでくれたので良かったのですが。

ただ、KLYさんがキャメロン・ディアスに感じたエロスは理解できます。

あの時代のファッションが、新鮮なのかもしれません^^
Unknown (Komugi)
2010-05-13 16:54:24
はじめまして!僕もつまらないと感じました。いや超つまらないと感じました。多分、一年後にはサッパリ忘れてそうです、この映画w
いっそコメディー調にした方が面白かったはず。

色々意味不明な部分が多い....2~3回観れば理解できそうですが、もうたくさんです(笑)

「運命のボタン」なんて邦題つけるから、面白そうだと思って見てしまったじゃないか!「The Box」だったら絶対見に行ってなかったぞ!
と映画配給会社に言いたい気分です。

komugiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-05-13 18:08:57
いらっしゃいませ^^

いいところもたくさんあるのですが、映画作品としての芯がダメなので、翻って全部が良くなかったですね^^;

コメディとか、B級作品にすれば、面白い作品になったでしょうね。

このような作品を見ると、映画作りって難しいものだなと思うのです。

金も掛かっていて、役者も有名どころ、舞台設定もきっちり作りこんでありつつ、物語の統合がなってない・・・。

ただ、この作品、アメリカ版「魍魎の匣」と思えば、ちょいと面白いです^^
Unknown (Unknown)
2010-10-27 02:38:31
ボタンを押せば誰かが消えるではなく、押した本人も犠牲になるんだから普通に詐欺ですよね。それに間違って押す人もいるだろうし、押した人がみんな悪人とは全く言えないテスト方法。
キャメロンディアスだから見たけど、ヒドイB級作品だった。
いらっしゃい♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-10-27 22:45:23
ハリウッド映画はたまに、とてつもない変な脚本が豪勢な制作費で、有名スターやCGバリバリで格調高く作られますよね^^;

ああ、音楽もなかなか良かったじゃないすか!

って、いいトコを探そうとする私・・・^^;
TBありがとうございました (シムウナ)
2010-11-14 17:07:44
TB有難うございました。
前半はボタンを押す、押さないと
見応えがあったのですが後半はトンでもない
展開となってしまい、一瞬、
ジュリアン・ムーア出演の「フォーガットン」を
思い出しちゃいました。
自己の徳のために誰かを犠牲に出来るのか…
それが第三者なら…。第三者って家族も
含まれる可能性もありますよね。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

40 トラックバック

運命のボタン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE BOX。リチャード・マシスン原作、リチャード・ケリー監督、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン。はっきり言って、あの運命のボタンはアメリカ大統領がアタッシェ...
運命のボタン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『あなたなら、押しますか?』  コチラの「運命のボタン」は、キャメロン・ディアス、ジェームズ・マーズデン共演、リチャード・ケリー監督、ボタンを押すと100万ドルが手に入るかわりに世界のどこかで誰かが死ぬという謎の箱を手に入れた夫婦を描く5/8公開のSFサスペ...
『運命のボタン』 (ラムの大通り)
(原題:The Box) ----あれっ。原題は【THE BOX】、箱なのに なぜ、日本のタイトルはボタンになるの? 「うん。これはね、 ボタンと言っても
運命のボタン (LOVE Cinemas 調布)
リチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説の映画化。ある日突然家に届いたボタン。それを押せば1億円が手にはいる代わりに、自分の知らない誰かが死ぬ…。奇妙な選択を迫られた夫婦を待ち受ける想像もつかない運命を描き出したサスペンスミステリーだ。主演...
運命のボタン (Memoirs_of_dai)
短編を長編化することの難しさ 【Story】 ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、...
運命のボタン/キャメロン・ディアス (カノンな日々)
ボタンを押せば100万ドルが手に入る。ただし、どこかで知らない誰かが死ぬことにもなる。 究極の選択を強いられる究極のifの世界とも言えそうな物語はまるで『世にも奇妙な物語』や『笑ゥせぇるすまん』のハリウッド版みたいだなと思っていたら原作は『アイ・アム・レジ...
運命のボタン /THE BOX (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click あなたなら、押しますか? ボタンを押せば1億円、 ただし見知らぬ誰かが死ぬ{/atten/} お金が欲しいとか、誰かが死ぬとか関係なく、 そこにそんな怪しい...
運命のボタン (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
傑作短編を大胆に膨らませたSF不条理劇。ある朝、ノーマとアーサー夫妻の元に、赤いボタンの付いた不思議な装置が送られてくる。夕方、謎めいた男スチュワード氏がノーマを訪ね驚くべき提案を持ちかける。「このボタンを押せばあなたに100万ドル(1億円)を差し上げま...
運命のボタン (ダイターンクラッシュ!!)
2010年5月9日(日) 20:50~ TOHOシネマズ川崎3 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『運命のボタン』公式サイト 本国で大コケと聞いていたが、こいつは、トンデモ映画の範疇だ。 ある日、キャメロン・ディアス夫人の3人家族の玄関先に、早朝...
運命のボタン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
なんの仕掛けもない箱の上にある赤いボタンを押すと、100万ドルが手に入り代償として知らない人間が死ぬという。そんな条件が決まっていたのに、最終的には因果応報のエンディングが待っている。わては、見ていて気分が悪くなった。
映画感想(2010年前半) (ちからをぬいて気楽にいきたい)
 今年前半は例年になく映画をよく観た(といっても全部で6本ですが)。けっこう気分転換によかった。というわけで,観た映画についてごくごく簡単に感想を書いてみようと思う。 ・アバター  前評判が高いことは知っていたが,じつはそれほど期待していなかった。とこ...
「運命のボタン」 (或る日の出来事)
こういう終わり方ですか!
運命のボタン<試写会> (お萌えば遠くに来たもんだ!)
試写会で観ました。 <一ツ橋ホール> 監督・脚本:リチャード・ケリー 原作:リチャード・マシスン 1976年。探査機バイキング1号が火星に到達し、様々な情報がもたらされた。 NASAに勤めるアーサーとノーマ夫婦のもとに、赤いボタンが一つついた箱が届く。そ...
運命のボタン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BOX) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★★) 「アイ・アム・レジェンド」やスピルバーグ監督の「激突!」、海外ドラマ「マスターズ・オブ・ホラー」の1エピソード「ダンス・オブ・ザ・デッド」などの原作を手掛けるリチャード・マシスンの、1970年...
運命のボタン (あーうぃ だにぇっと)
監督・製作・脚本: リチャード・ケリー キャスト ノーマ☆キャメロン・ディアス アーサー☆ジェームズ・マースデン フランク・ランジェラ ジェームズ・レブホーン ホームズ・オズボーン 他 【ストーリー】 ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)と...
運命のボタン (映画道)
1976年、ヴァージニア州のとある街。郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が届けられた。アーサーが開けてみると、そこには赤いボタンの付いた謎の装置が入っていた。その日の夕方、今度はノーマの元に謎の男が訪ねてくる。その男いわく、「ボタンを押せば現金...
映画「運命のボタン」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『運命のボタン』を本日鑑賞。客席は20人程度で意外?は入りに感じた。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら50点、尺が60分なら65点(笑) ざっくりストーリー 1976年12月16日の朝5時45分にルイス夫妻の玄関のベルが鳴る。妻のノーマが出ると、玄関...
運命のボタン コミカルな映画だと思っていたら・・(||゜ω゜||) (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=23 -8-】 昨日は大津で交通政策に関する大勉強会、夜の懇親会は大広間で300人近くが一堂に会してってなので、たいへんな迫力だった。 そんな大人数での宴会ってのはお膳に出された会席料理が多いが、俺はいつも乾杯から最初の10分くらいでとりあえずのお膳...
運命のボタン (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOX】 2010/05/08公開 アメリカ 116分監督:リチャード・ケリー出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーンあなたなら、押しますか?ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死...
運命のボタン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
気になっていた映画を観に行けた~【story】ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男(フランク・ランジェラ)がノーマを訪ね、「このボタンを押せば100万ド...
運命のボタン◎THE BOX(2009) (銅版画制作の日々)
 あなたなら、押しますか?ボタンを押せば1億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。決断の期限は24時間── 東宝シネマズ二条にて、、、、。レディスディということで、1000円で鑑賞しました。キャメロン・ディアス初のスリラー映画挑戦!キャメロンと言えば、やはりラ...
『運命のボタン』・・・ああ、そっち系の話でしたか (SOARのパストラーレ♪)
キャメロンが精神的に追い詰められていく様子や絶対的な未知の存在を連想させる中盤の不可解な空気感に、ふとジョニデとシャーリーズ主演の『ノイズ』を思い出した。夢と希望に満ちあふれた・・・少なくともそういうイメージが先に立つ宇宙探査や宇宙飛行士という存在。そ...
運命のボタン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】 雰囲気は50年代のミステリー映画のよう。
運命のボタン (C'est joli~ここちいい毎日を~)
運命のボタン’09:米◆原題:THE BOX◆監督:リチャード・ケリー「ドニー・ダーコ」◆出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ◆STORY◆1976年、ヴァージニア州のとある街。郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が...
映画3本:「運命のボタン The Box」「RAILWAYS」「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
これまで観た映画でイマイチのものは、よっぽど書きたいことが無い限り、切り捨てて何も書かないようにしてきた。 のだけれど、最近3本続けてそういうことがあったので、なるべくネタバレしないようにしつつ、3本まとめてアップ(笑) 1.まずは、もうすぐ公開「運命...
運命のボタン (だらだら無気力ブログ)
リチャード・マシスンの短編小説を原作に、キャメロン・ディアス主演で 映画化したサスペンススリラー。 ある日、ボタンを押せば大金が手に入り、その代わりに見知らぬ誰かが死んで しまうという謎のボタン装置を送りつけられた夫婦の運命を描くサスペンス スリラー。19...
運命のボタン (心のままに映画の風景)
1976年12月の早朝、 ヴァージニア州郊外に暮らすノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻宅の玄関前に、赤...
「運命のボタン」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 ごく普通の、平和な夫婦のもとに届いた謎のボタン。押せば、自分達の知らない誰かが死ぬかわりに、100万ドルが手に入るという。 生活苦と良心の間で揺れ動く夫婦。次第に二人...
運命のボタン (5125年映画の旅)
あなたの人生を変える「運命のボタン」。そのボタンの作用は二つ。一つ、ボタンを押すと、あなたの知らない誰かが死にます。二つ、あなたは1億円を手にします。あなたはボタンを押しますか?それとも押しませんか? 『アイ・アム・レジェンド』の原作『地球最後の男』...
運命のボタン (シネマDVD・映画情報館)
大金か死か、究極のゲーム! ストーリー:ある日の明け方、ノーマとアーサー夫妻のもとに箱が届く。箱の中には赤いボタン付きの装置が入っていた。その日の夕方、スチュワートと名乗る謎の人物がノーマを訪ね、驚くべき提案を持ちかける。「このボタンを押せば、あなたは...
運命のボタン/THE BOX (いい加減社長の映画日記)
今週末公開は、「ボックス!」だけで、いまいち興味が持てず。 他に観たいものがあったので、パスしていた「運命のボタン」を、金曜日のレイトショーで鑑賞。 (そういえば、この作品の原題も「THE BOX」^^;)「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとしても、少ないかな...
「運命のボタン」  THE BOX (俺の明日はどっちだ)
・ ある日突然、痩せた喪黒福造みたいなセールスマン風の男から24時間以内にボタンを押せば100万ドルが手に入るが、その代わりに見知らぬ誰かが死ぬという奇妙な箱を受け取った夫婦の運命をミステリアスに描いたリチャード・マシスンが1970年に発表した短編小説を映画化し...
運命のボタン 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
運命のボタン (映画的・絵画的・音楽的)
 『私の中のあなた』で好演したキャメロン・ディアスが出演するというので、『運命のボタン』を日比谷のTOHOシネマズ・スカラ座で見てきました。 (1)映画は、1976年12月 のある日、ルイス家のノーマ(キャメロン・ディアス)が呼び鈴に応じて入口のドアを開けると、...
運命のボタン (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェー...
No.225 運命のボタン (気ままな映画生活)
運命のボタン [Blu-ray]出演:ジェームズ・レブホーンジェネオン・ユニバーサル(2010-10-22)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 【ストーリー】 「ドニー・ダーコ」の鬼才リチャード・ケリーが、リチャード・マシスンによる短編小説をキャメロン・ディアス主演で映画化し...
『運命のボタン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 運命のボタン 』 (2009)  監  督 :リチャード・ケリーキャスト :キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン、ホームズ・オズボーン、サム...
運命のボタン (The Box) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リチャード・ケリー 主演 キャメロン・ディアス 2009年 アメリカ映画 115分 サスペンス 採点★★★ 「火星の自転周期と人間の体内時計はほぼ一緒だから、人類は昔火星からやってきたんだー!」とか、「地球人は科学の進んだ宇宙人の実験用に作り出されたんだ...
映画『運命のボタン』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-30.運命のボタン■原題:TheBox■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:115分■鑑賞日:5月9日、新宿武蔵野館(新宿)■料金:1,800円スタッフ・キャスト(役名)...
【映画】運命のボタン…ビジンダーの第三ボタンなみの誘惑と危険度なボタン (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ヤバいです…といっても朝鮮半島の話では無くてゲームの話 久しぶりにシミュレーションゲーム、しかも何時でも何処でも寝床でも出来るPSPのソフトなどを購入してしまったため、寝る間もブログを書く間も惜しんで遊んでおります 先日の土曜日から日曜日にかけてなどは徹夜...