『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『サウルの息子』を観た(短評)]

2016-02-09 02:52:30 | 新・物語の感想

☆・・・これは見なくてはなるまい、と新宿の映画館に向かいました。
 ・・・物語はネットの紹介によると以下。

 ≪1944年10月、アウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所。ハンガリー系のユダヤ人、サウル(ルーリグ・ゲーザ)は、同胞であるユダヤ人の屍体処理に従事する特殊部隊・ゾンダーコマンドとして働いている。ある日、サウルはガス室で生き残った息子とおぼしき少年を発見。その少年はすぐさま殺されてしまうが、サウルはラビ(=ユダヤ教の聖職者)を捜し出し、ユダヤ教の教義に則って手厚く埋葬してやろうと収容所内を奔走する……。≫

 大量虐殺の現場、折り重なる死体の連続・・・、かなり凄まじいシーンの数々があり、これは、後々、自分の生活に支障が出るのではないかと、はじめのうちはそう思ったのだが、どうやら私に限っては平気そうだった。
 何故か?
 序盤から主人公が「絶望」のうちにいたからだ。
 人は「落差」というものに心を揺り動かされる。
 異常が常態においては、何ら衝撃は起こらない。
 が! 終局において、私を含めた鑑賞者は、更なる「落差」を知る。
 既に、主人公が、端(はな)っから、「絶望」を通り越した「狂気」の中にいたことを知るからだ。

                         (2016/02/09)

コメント   この記事についてブログを書く
« [世に棲む日々・92] | トップ | [世に棲む日々・93] »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事