『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章〈最終章〉新星篇』を観た]

2019-03-02 02:00:40 | 新・物語の感想

『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第七章〈最終章〉新星篇 劇場予告編(60秒)

☆・・・惜しくも、完成度が高いとは言い難く……。
 七部作、これにて終幕。
 私は既に2回 観た。
 「ヤマト」は大好きで、特に絵柄がリニューアルされた、この「2202」シリーズと、前作となる「2199」シリーズには狂喜乱舞した。
 その間に作られた映画完全オリジナル「星巡る方舟」も良かった。
 さて、今シリーズである。
 今までの「ヤマト」シリーズを紐解かなくちゃならないし、書いたら、原稿用紙50枚はかかるだろう。
 だから、問題提議だけ、先ず、しておく。

  ①「ヤマト」シリーズの歴史は、ヤマトが特攻(『さらばヤマト』)するか、生き永らえる(『ヤマト2』)かで分枝する。
  ②旧シリーズの矛盾を訂正した「2199」と、尺の高パーセンテージをつじつま合わせに費やした「2202」。
  ③あまりにもの、ガトランティス帝国の物量。その軍事インフレ。引っ張られる地球軍・ガミラス軍。
  ④言葉でサラリと流され、何度も繰り返される、異なるハードSF設定。
  ⑤テレビ用に作られた構成を、映画館で見せるということ。作り手の作り方の違い。観客・視聴者の感じ方の違い。
  ⑥異なる「愛」の数々を描いた「2202 愛の戦士たち」。その脚本家の福井晴敏には愛はあったのか?

 ……ともあれ、満席の館内で「ヤマト」を観れる感動は、なにものにも代え難い٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

                               (2019/03/02)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« [『映画ドラえもん のび太の... | トップ | [映画『七つの会議』を観た] »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (中谷圭の妻です)
2019-03-06 03:08:02
突然すいません。

いま、圭くんを思い出し、そして、
たまたま、このblogにたどり着きました。

ラーメンと写真がのっていました笑

ずっと前の記事だけど、うれしくて
涙がでてきました。

ありがとうございます。
中谷妻さんへ^^ (ミッドナイト・蘭)
2019-03-19 10:38:17
ナカヤくんについては、やばい話などたくさん書いていて近親の方には頭が上がらないっス^^;
失恋した私とずっと一緒にいてくれたり、優しい男でした・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事