『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『メッセージ』を観た]

2017-05-19 14:16:11 | 新・物語の感想

☆・・・私は、たまに「10年に一度の傑作」と言う言葉をよく使うが、名作は数あれど、そういう場合は特に、物語に「大きな時代の転換点」が付随されたものを言う。
 これまでの作品では、『アポカリプト(メル・ギブソン監督)』『ブラインドネス』『インターステラー』などを挙げる。
 フランス映画などは、個人の真理への深みはあれど、私的には「10年に一度の傑作」とは言えない。
 この『メッセージ』は、「10年に一度の傑作」としての歴史が描かれ、なおかつ、フランス映画風の個人への深い洞察が描かれている。
 ハードSFであるが、母としての、「失った娘への想い」からはじまる物語は、全編を女性的な柔らかさが覆う。
 突然、世界中に、巨大なUFOが現われる。
 クラークの『幼年期の終わり』から、米テレビドラマ『V…ビジター』、そして、『インデペンデンスデイ』の系譜に連なる偉容の物体だ。
 クラークの作品では、人類を静観していたが、この作品の異星人は、人類からの干渉を受け入れる。
 だが、糸口のないコンタクトに、アメリカ政府は、言語学者のルイーズを招聘する。
 学問で名を成しているとは言え、未知の相手に恐怖を禁じ得ない主人公。
 異形のUFO。
 オーバーテクノロジーの重力変換。
 異形の異星人。
 手に負えない声音言語。
 かつて見たことのない文字言語。
 地道に繰り返されるコミュニケーション。
 昼夜問わない研究の中で、ルイーズは、「過去」の娘との生活を何度となく思い出し、その記憶が異星人とのコミュニケーションのヒントを経ていくのだった。
 (しかし、ゴジラのような単体災厄ならば戦争もありなのだが、今回の、明らかに科学力が数段レベル上の、しかも背後に文化文明が見える種族に、その侵略行為も受けていないのに、なぜに、武力で挑もうとする発想が起きる勢力が現われるのか・・・^^;)
 ・・・全てを受け入れたルイーズは、世界の平和と、そして、個人の悲劇に至るのだった。
 悲劇は、リザルト思考においては悲劇のままであるが、プロセス思考においては、必ずしも「悲劇」のままではない・・・。

 話変わるけど、極上の美幼女・美少女が出演してます。

                               (2017/05/19)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [よろしくない未来予想図] | トップ | [生ハム大皿盛り] »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
狭山茶「 新茶 」が出ましたよ。m(__)m ((^o^)風顛老人爺)
2017-05-22 19:43:09
拝啓、ミド蘭様お久し振りです益々の御発展御健勝何よりで御座います。

お知らせします、狭山茶「 新茶 」が出ました。
「 老茶樹園 」へお出で下さい。
宜しくお願いします。
m(__)m乱文にて 敬具
Unknown (onscreen)
2018-01-14 18:54:29
完全に毎年のお楽しみ化している、映画ベスト10が満10周年!にふと気づき
過去10年 映画ベスト10 にトライしてみました(笑)
 
 結果、この作品がトップ3に入りました!

よろしかったら、のぞいてみてくださいませ

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

新・物語の感想」カテゴリの最新記事

28 トラックバック

劇場鑑賞「メッセージ」 (日々“是”精進! ver.F)
答えは、自分の中にある… 詳細レビューはφ(.. ) https://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201705190001/ メッセージ オリジナル・サウンドトラック [ ヨハン・ヨハンソン ]
メッセージ〜村上春樹的UFO (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:Arrival。テッド・チャン原作、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ。世界12......
メッセージ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にしたSFドラマ。球体型宇宙船で地球に飛来した知的生命体との対話に挑む、女性言語学者の姿を見つめる。メガホンを取るのは......
「メッセージ」第29回東京国際映画祭 (ここなつ映画レビュー)
特別招待作品。アメリカ映画。監督はこれまでにも私が個人的にイチ押ししているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督。実は、今年の東京国際映画祭は、チケット発売日にチケットが買えないと......
メッセージ  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ (西京極 紫の館)
【出演】  エイミー・アダムス  ジェレミー・レナー  フォレスト・ウィテカー 【ストーリー】 巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。世界中が不安と混乱に包まれる中、言......
メッセージ・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
それでも、あなたに会いたい。 ネビュラ賞、スタージョン賞を受賞した、テッド・チャン作の傑作SF短編小説「あなたの人生の物語」を、ケベック出身の若き異才ドゥニ・ヴィルヌー......
メッセージ (Akira's VOICE)
ドラマチックに満ちた映画体験に涙がこぼれた。 
メッセージ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(11)(11) 宙に浮かぶ謎の物体と朝靄のコントラストが美しすぎる。
メッセージ / Arrival (勝手に映画評)
ネタばれあり。 『宇宙船のモデルは、“ばかうけ”だった』、監督が衝撃の告白をした(冗談ですよ)、話題の作品。 うーん、この手の接近遭遇ものでは、地球外生命体から人類が......
「メッセージ」:日本の墨絵にも似て (大江戸時夫の東京温度)
映画『メッセージ』は、かなりハウブラウな所を狙っておりますね。結構アタマ使いなが
"あなたの人生の物語"『メッセージ(Arrival)』ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、エイミー・アダム...... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞、ラストその他全般に触れています。『メッセージ』Arrival原作 : テッド・チャン監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演 : エイミー・アダムスジェレミー・レナーフォレスト......
映画:メッセージ Arrival 21世紀版、エイリアンとのファーストコンタクト、は 映画初...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まずオープニングで舌を巻く。 ほんの数分で主人公の職業・経歴・経験値だけでなく、心の状態までもが露わにされる。 ほぼ平行して直ちに事件が発生、鑑賞者もその危機的状態......
『メッセージ』('17初鑑賞51・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 5月19日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 15:30の回を鑑賞。 字幕版。
『メッセージ』 2017年4月13日 TOHOシネマズ六本木ヒルズ (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『メッセージ』 を試写会で鑑賞しました。 上映後にドゥニ・ヴィルヌーヴ監督と関根麻里が登壇した。 関根麻里は出産後初仕事?(かなり顔もふっくらした印象で分からなかった)......
メッセージ (セレンディピティ ダイアリー)
エイミー・アダムス主演、地球にやってきた異星人とのコンタクトを描いたSFドラマ。テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を「ボーダーライン」のドゥニ・ヴィルヌーヴ......
[映画] メッセージ (12時間Blog)
「メッセージ ARRIVAL」を新宿TOHOシネマズにて観てきました いやー、何とも ”渋い” 映画でした(゚д゚;) 人類が人類以外の知的生命体と出会ういわゆる ”ファーストコンタクト” 物......
メッセージ(2016)**ARRIVAL (銅版画制作の日々)
 ある日突然、巨大飛行体が地球に。その目的は不明―― 言語学者ルイーズが解読した、人類へのラストメッセージとは――。 人気SF作家テッド・チャンのベストセラー短編集『......
17-158「メッセージ」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
未来が判っても、選択は変えない?  ある日、宇宙から飛来した巨大な楕円形の飛行体が地球の12ヵ所に突如姿を現わし、そのまま上空に静止し続ける。その目的が判然とせず、世界中......
映画「メッセージ」 (FREE TIME)
映画「メッセージ」を鑑賞しました。
メッセージ (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【ARRIVAL】 2017/05/19公開 アメリカ 116分監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演:エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、フォレスト・ウィテカー、マイケル・スタールバーグ ある日突然......
『メッセージ』 (こねたみっくす)
未知との遭遇でのコンタクトに必要なもの。それはメッセージを受け取る勇気。 さすがドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品だ。細部まで丁寧に描かれたその手腕は素晴らしいの一言。 た......
「メッセージ」 (或る日の出来事)
なかなか地味どしたなあ。
映画「メッセージ(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『メッセージ(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★☆☆(最高5つ星で3つ)。100点満点なら60 点にします。 なお、原作:テッド・チャンの短編小説「あな......
「メッセージ」☆これこれしかじか (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
評判も高く映像も美しい、思わせぶりな映像の連続と謎の宇宙人との緊迫したやりとりに目が釘付け。 重厚そうに見えて実は判りやすい「メッセージ」は良いとして、ラストの着地点......
メッセージ (だらだら無気力ブログ!)
なんで未来が分るんだっけ?
メッセージ(2016) (映画的・絵画的・音楽的)
 『メッセージ』(2016年)を渋谷Humaxシネマで見ました。 (1)アカデミー賞のいろいろな部門でノミネートされた作品(注1)なので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は......
メッセージ (映画好きパパの鑑賞日記)
 予告編からみて、宇宙人とのファーストコンタクトものと思い、実際その通りなんだけど、見終わってみれば生きることの意味や家族とは何かといった哲学的命題を考えさせられる傑......
メッセージ (銀幕大帝α)
ARRIVAL 2016年 アメリカ 116分 SF/ドラマ 劇場公開(2017/05/19) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『ボーダーライン』 原作: テッド・チャン『あなたの人生の物語』 出演: エ......