『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画まとめて語り 『漫才ギャング』]

2011-04-10 22:11:36 | 物語の感想
☆最近、あの、ロシアの娘二人組のお騒がせグループ<タトゥー>が解散しましたよね。

 まだ頑張っていたんだ、の思いはある^^;

 それで思い出したんだけど、私が、今週末に封切りの『エンジェル・ウォーズ』が気になる衝動ってのは、

 <タトゥー>のデビュー時に、ちょいと心を揺り動かされた気持ちと似ていることに気付いて・・・、

 非常にげんなりしました・・・^^;

 ・・・それから、「映画まとめて語り」と題しつつ、一作しか語らないですみません。

 一作品の感想を書いたら、今夜は疲れてしまったのら

   ◇

   『漫才ギャング』

   

 ずーっと笑った。

 「お笑いは<間>が全て」と言われるが、それを見事に実践した作風であった。

 主役の二人は、どちらもお笑いの人材ではない。

 しかし、そこでのネタも面白いが、何よりも間が見事で、

 今回は、小学校4年生の姪を連れて行ったのだが、姪は、理解できないネタもあるだろうに、ツッコミ役の絶妙の間で、私ともども笑い続けていた。

 事情はあれど、彼女や相方と分かれた芸人の飛夫(佐藤隆太)が、先行き見えない中、留置場で知り合ったのが龍平(上地雄輔)で、

 飛夫は、龍平との会話の中に、龍平のツッコミ役の才能を見い出し、コンビ結成を申し出る。

 龍平は、目標のない人生をケンカに明け暮れていたのだが、飛夫の申し出を二つ返事で受ける。

 龍平は、ドレッドヘアーで、両肩にタトゥーを入れていて、一見、とっつき難いのだが、実際はとても気のいい男である。

 この龍平の個性が、いつも変わらない佐藤隆太が演じるところの役柄の個性に比べ、かなり魅力的だ。

 上地雄輔が優しげに、ちょっと不器用な笑顔を浮かべる表情が素晴らしい。

 さて、物語は、そんな龍平のツッコミに魅かれた飛夫が、二人での漫才の道を突き進む話なのだが、そこに、龍平のこれまでの敵対ヤンキーグループとのいざこざや、元相方の借金取りとの絡みがメインとしてある。

 で、龍平のツッコミだけでなく、物語は、各シーンで、登場人物の漫才的掛け合いが形成される。

 飛夫とシャア専用デブ、飛夫と借金取り、元相方と借金取り、シャア専用デブとデブ拓、飛夫とデブ拓、シャア専用デブと龍平・・・、

 編集の見事さもあるのだが、その全ての間が実に見事で、笑わずにはいられなくて、二時間強の長尺の作品だが、私はもっともっと見ていたかった。

 借金取りの、得体が知れないが憎みきれない男を宮川大輔が好演している。

 例えば、お笑いのないシーーンでは、この宮川大輔演じる、ずーっと怖かった男が、何故かいい役を担っていたりして、ちょいとジーンとさせられたりして、

 また、飛夫の別れた彼女である石原さとみとの復縁エピソードだったりして全く飽きさせない。

 ただ、石原さとみ演じる元カノは、とても可愛いが、ちょいと「都合のいい女」過ぎる。

 リアルな感じはあるのだが、それは、男が思い描きつづける「彼女」としてリアルなんだろうな。

 それと、格闘シーンや、敵対チームの順列の描写なども、妙に、一筋縄ではなく面白かった。

   ◇

 私の小4の姪っ子は、その年齢にしては、この作品的な「最終的には気のいいヤンキーや、お笑い青春物語」が好きなようだ。

 憧れがあるらしい。

 先ず、『ルーキーズ』を楽しみ、ならばと私が借りてきてやった『ガチ☆ボーイ』なども楽しんでいた。

 どちらも、佐藤隆太が出ている。

 姪っ子は、佐藤隆太が好きというよりも、佐藤隆太みたいな男が翻弄される世界観が好きなのだろう。

 昨夜も、佐藤隆太が教師・北野広大役の「熱中時代」を録画してたみたいだ。

                                                      (2011/04/10)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« [映画まとめて語り『ナルニア... | トップ | [東日本大震災(東京の私の思... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

21 トラックバック

漫才ギャング (LOVE Cinemas 調布)
『ドロップ』が大ヒットしたお笑い芸人・品川ヒロシ監督第2作。今度は自らのホームであるお笑いの世界を舞台に、売れない漫才師が偶然留置場で出会った不良と漫才コンビを結成するというドタバタコメディだ。主演は『ROOKIES』の佐藤隆太と『クローズZERO』の上地雄輔。...
漫才ギャング (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。品川ヒロシ監督、佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、綾部祐二、秋山竜次、新井浩文、宮川大輔、笹野高史。主役の飛夫(佐藤隆太)と龍平(上地雄輔)が留置場で出会った途端 ...
漫才ギャング (新・映画鑑賞★日記・・・)
2011/03/19公開 日本 137分監督:品川ヒロシ出演:佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、綾部祐二、秋山竜次、新井浩文、宮川大輔、笹野高史、河本準一、長原成樹 コンビ結成10年目を迎える売れない漫才コンビでボケとネタ作りを担当する飛夫は、相方から解散を告げられる。....
漫才ギャング/佐藤隆太、上地雄輔 (カノンな日々)
劇場鑑賞自粛解禁最初の映画はこの作品です。真っ先に観に行きたい映画は別にあってこちらはむしろスルーでもいいかなと思っていたんですけど、細かいことをくどくど考えずに笑え ...
漫才ギャング (だらだら無気力ブログ)
自身の自伝的小説を映画化した『ドロップ』で映画監督デビューを果たした お笑いコンビ品川庄司のおしゃべりクソ野郎こと品川ヒロシの監督第2作。 売れない漫才師がひょんなことから留置場で出会った不良と漫才コンビを 組んで頂点を目指したり、成長していく様をコミ...
漫才ギャング (シネマDVD・映画情報館)
漫才ギャング 監督・脚本・原作:品川ヒロシ 出演:佐藤隆太/上地雄輔/石原さとみ/綾部祐二/宮川大輔/新井浩文/秋山竜次/笹野高志/長原成樹/西代洋/大吾/金成公信 内容:結成10年の売れない漫才コンビを組む飛夫は、借金を理由に相方に芸人を辞められてしま...
漫才ギャング (花ごよみ)
監督、脚本はお笑いコンビ、 品川庄司の品川ヒロシ。 品川ヒロシ作の同名小説の映画化。 佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、綾部祐二、 秋山竜次、新井浩文、宮川大輔、笹野高史等が出演。 ボケ役の主人公、飛夫には佐藤隆太、 相方のツッコミ役の龍平には上地雄輔、...
漫才ギャング (とりあえず、コメントです)
原作・監督・脚本を品川ヒロシさんが手がけたコミカルな青春映画です。 「ドロップ」は未見ですけど評判が高かったので、今作はどうだろうなあと気になっていました。 漫才&喧嘩がたっぷりの2時間でした(^^ゞ
漫才ギャング (だめ男のだめ日記)
「漫才ギャング」監督品川ヒロシ原作品川ヒロシ出演*佐藤隆太(黒沢飛夫)*上地雄輔(鬼塚龍平)*石原さとみ(宮崎由美子)*綾部祐二(石井保)*秋山竜次(-)*新井浩文(城川)*宮...
漫才ギャング (うろうろ日記)
試写会で見ました。相方にコンビ解消を告げられた佐藤隆太が留置所であった上地雄輔と
『漫才ギャング』 (こねたみっくす)
品川庄司の笑いに対する評価が、この映画の評価に繋がる。 「漫才」に関西の笑いを期待していると楽しめないだけでなく、関東の笑いによくあるオモロない部分がそのままこの映画 ...
『漫才ギャング』 (京の昼寝~♪)
    □作品オフィシャルサイト 「漫才ギャング」□監督・原作・脚本 品川ヒロシ□キャスト 佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、宮川大輔、綾部祐二、秋山竜次、新井浩文、笹野高史■鑑賞日 4月9日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足...
漫才ギャング (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
漫才ギャング 公式ビジュアルブック芸人の映画界進出が目覚ましいが、「ドロップ」で監督デビューした品川ヒロシの才能はどうやら本物のようだ。今回は自分が最もよく知る世界“ ...
映画:「漫才ギャング」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成23年4月4日(月)。 映画:「漫才ギャング」。 【監督・原作・脚本】品川ヒロシ 【 キャスト 】佐藤隆太・上地雄輔・石原さとみ・綾部祐二・成宮寛貴・金子ノブアキ          大島美幸・大悟・西代洋 ・河本準一・亘健太郎・村上健志・秋山竜次 ...
「漫才ギャング」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2011年・日本/配給:角川映画監督・原作・脚本:品川ヒロシ 初監督作品「ドロップ」で、興行面のみならず作品的にも大成功を収めたお笑い芸人の品川ヒロシが、再び自らの原作を脚色し、監督も務めた異色の青春
【漫才ギャング】 (日々のつぶやき)
監督:品川祐 出演:佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、綾部祐ニ、宮川大輔  もうハンパじゃ、終われない!! 「下積みの長い漫才コンビの飛夫は、相棒の保から解散を告げられる。何とか止めようと酔っ払って保のアパートの前に居たところ借金取りとトラブルにな
「漫才ギャング」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「おしゃべりクソ野郎」ことお笑い芸人・品川ヒロシ原作の人気小説を、著者自ら監督・脚本で映画化。 奇妙な偶然から出会ってしまった、売れない漫才師と札付きの不良が、漫才コ...
漫才ギャング (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  相方が借金取りに追われて、コンビを解消されてしまった黒沢飛夫。いつも喧嘩ばかりしているが、卑怯なことは絶対にしない鬼塚龍平。ひょんなことからこの二人がブタ箱で知り合い、新しい漫才コンビを組むことになる、というかなりおかしな展開である。  主な...
「漫才ギャング」 緩急自在のテンポが心地よい (はらやんの映画徒然草)
品川ヒロシさん、「ドロップ」に続く監督第二作目になります。 実は「ドロップ」は未
漫才ギャング (銀幕大帝α)
10年/日本/137分/青春コメディ・ドラマ/劇場公開 監督:品川ヒロシ 原作:品川ヒロシ 脚本:品川ヒロシ 主題歌:Superfly『Beep!!』 出演:佐藤隆太、上地雄輔、石原さとみ、綾部祐二、秋山竜次、新井浩文、宮川大輔、笹野高史、大島美幸、成宮寛貴、金子ノブア...
漫才ギャング (A Day In The Life)
DVDにて観賞 解説 自身の自伝的小説を映画化した『ドロップ』で監督デビューを果たした お笑いコンビ品川庄司、品川ヒロシの監督第2作。 売れない漫才師が留置場で出会った不良と漫才コンビを結成して巻き起 こす騒動や友情、そして彼らの成長を描く。 ボケ担...