『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』を観た]

2013-04-20 14:56:06 | 物語の感想
☆なかなか面白かった。

 ただ、前作がJリーグ全面協力の結果として、やや窮屈な展開になっていたのと同じく、

 今作は、海上自衛隊の全面協力によって、幾つかの物語上の制約が、話をややまだるっこしくしていたかな。

 まあ、元々、「コナン」シリーズは、コナンの正体を明かせないことや、コナンの推理を毛利探偵に肩代わらせるなど、多くのしばりがあるので、作り手はそこに億劫は考えていないようだ

 舞台がイージス艦内・・・、つまり最高機密レベルの情報の集積下においての、情報の収集家たる探偵の物語は、幾つかの、通常の捜査ではあり得ない迂回をさせられていた。

 ただ、コナンの外部との連絡(衛星回線)や、ヒロイン・蘭の携帯が艦内見学中は取り上げられるなどの「迂回」は、後に、物語に絡まる伏線として活きるので、かえって好結果か。

 しかし、子供には理解が難しい点もあろうな。

 私などは楽しいものだったが、前半の状況説明に費やすエピソードの幾つかは、

 例え、テレビで見知っているキャラクターの活躍であろうと、子供には少々 退屈そうだ。

 今回の映画は、前作に比べ、映画ならではの仕掛けがちゃんと組み込まれていたのが長所かな。

 新一と蘭の絆や、蘭の格闘、豪華な、服部平次(彼女を含む)の活躍に代表される京都や大阪の刑事たちオールスターの活躍、入り組んだ大事件などなどだ。

 まあ、今回は少年探偵団はあんまし活躍しない。

 私が最近 思うのが、シリーズ物というのは、話を牽引する大きな事件は別として、シリーズを形成しうるものとしては、幾つかのエピソードのピースの組み換えで成り立っているように考えている。

 例えば、評判の良かった『エヴァ・破』と、評判の微妙だった『エヴァ:Q』だが、この両者、細かく解析すると、同じエピソードのピースで成り立っているのがわかる。

 前者が右上がりに盛り上がっていくのに対し、後者は、それらの順番を組み換えただけで、構成因子は同じなのである。

 でも、その手触りは著しく異なる。

 映画版で公開されている『ヤマト2199』も、右上がりに盛り上がっていく『第二章』に対し、今 公開している『第四章』は、その盛り上げ方が変則であった(『第三章』は締めのエピソードが地味だった)。

 今回のコナンも、前半が、隔離された舞台での地味な会話劇の印象が強いが、作り手の情熱で、なるべく画面の動きをつけて、子供もギリギリ楽しめる範囲におさまったかな。

 ・・・このシリーズを見ていつも思うのが、私、新一(コナンの本当の姿)と会えないけど明るい、毛利蘭が不憫で不憫で!^^;

 ハンドルネームと同じこともあり、その切なさが、過剰に感じられるのだ。

 それから、単独行動から離れて捜査活動したいコナンが、何度も「トイレ」を理由にしていることや、

 また、大人のまだるっこしい捜査に、コナンが子供の挙動で割り込んでいる箇所などは、繰り返されると「またか・・・」となるので、今後はうまく処理されることをキボンヌ^^

                                          (2013/04/20)

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も見てきました! (Emmanuel Chanel)
2013-04-21 02:56:19
新しく作った嘘記事専門ブログで
嘘記事: 名探偵コナン 絶海の探偵ー大人も一緒に楽しめる本格スパイ物の名探偵コナン
http://www.emmanuelc.dix.asia/kitsuneja/2013/04/05/detective_conan_private_eye_in_the_distant_sea/
を書いたので、今回は特に実際に見て書いた記事をブログに上げました。しかも、珍しく、上映初日に見ました。
http://www.emmanuelc.dix.asia/ja/2013/04/21/i-watched-detective-conan-private-eye-in-the-distant-sea-today-20-apr-2013/
天空の難破船、11人目のストライカーと、最初から素直に解釈するとテロ事件なのに公安が出てこないのが、ツッコミどころだなと思っていました。今回は、海上自衛隊側の担当者は出てきますが、スパイ事件なのに公安が出て来ませんね…後、コナン目立ちすぎだなあ…とか…
Emmanuel Chanelさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2013-04-21 07:50:43
面白いブログを立ち上げましたな^^

期待とともに、リンクさせましたので4649です!

明らかに北朝鮮のスパイの暗躍がありましたが、面白いのが、全て「あの国」で処理されていたことでした。

私は、予告編を見て、てっきり、クライマックスは魚雷戦かと思ってましたが、「コナン」らしい終幕でしたな。

「ルパン三世VS名探偵コナン」が楽しみです^^v
Unknown (ふじき78)
2013-05-11 08:06:34
こんちは。

あのコナンの子供っぽさを武器にするのはイヤですね。

コナンくんが死神のように行く先々で事件と施設破壊を繰り返すなら、その煽りを食らってか、蘭姉ちゃんも異常に危機に陥るケースが多い。日本一危険なカップルと言っていいでしょう。
ふじき78さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2013-05-16 00:28:01
子供ぶりっこする時の声もやですね。

一説によると、原作者は、夜の営みをするとき、奥さん(コナンの声の人)にコナンの声を出させるとか・・・^^;

昔の蘭ねーちゃんは、今ほど危険にさらされなかったような気もします。

段々と観る方も刺激を求めているのですね^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事