『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『北のカナリアたち』を観た(寸評)]

2012-11-05 05:39:09 | 物語の感想

☆時間がないので、寸評ですまん。

 ・・・予告編を見て、田舎の純朴な6人の子供たちが歌う姿が印象的で、吉永小百合演じる主人公が、北海道の大自然の中でなにやら悩む姿が、テーマミュージックのバイオリンの音色と重ねられていたので、なんとも格調高い物語が展開しそうだな、などと考えてもいたが、

 原作が湊かなえと知り、「ああ」と思いつつ見たら、案の定、「俗」な物語であった^^;

 しかし、ミステリーとしては、それがなかなか良かった。

 あまりにも、苦悩密度が濃すぎて辟易もするのだが(特に、作中現在の、とある教え子と再会した元教師の主人公、と言うシーンに、その成長した教え子の浮気相手の妻が乗り込んできたところなど…)、登場人物のそれぞれが「良心の呵責」に苛まれた20年があり、それが明らかになっていく展開は、『藪の中』を見るようだった。

 何よりも、恐ろしいのが、吉永小百合のアンチエイジング振りである。

 この人、『母べぇ』の時も思ったんだけど、「美魔女」とは異なり、でも、なんか、70歳を前にして、作中現在で定年退職の年齢を演じ、更には、それから20年も遡り、仲村トオル演じる男と、秘された逢瀬を重ねると言う展開を、見る者に違和感を感じさせず、あくまでも自然に、なんとも可愛く演じている。

 そのキスシーンなんかには、見ているこちらもグッとくるものがあるのだ。

 なんなんだ、この女は!^^;

 だって、しまいには、作中現在で、20代後半に成長した子供たちと一緒に画面に収まると、下手すると、もしかして、みんな、同年代? などとも思わせてくれるんだぜ。

 果たして、吉永小百合は、何歳まで恋を演じられるのか・・・。

                                            (2012/11/05)


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オジロワシ)
2012-11-06 13:13:45
TBありがとうございました。
ミステリーとしては、確かに面白かったですね。小百合ちゃんのエイジレスぶりもいいですね。私は「カマトト」と表現してみましたが、それがまたイイ。
オジロワシさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-11-08 20:55:48
こんばんわ^^
吉永小百合は、永遠のカマトトだと思いますよ^^
しかし、若い頃の写真を見ると、ちょっと類のない魅力ですね。
心も容姿も曲線、って感じです^^
男性から (sakurai)
2012-11-28 14:28:18
見たら、エイジレスなんでしょうね。
アタシは、どう見てもキモかったです。。。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-11-28 19:55:13
元々、フィルターを掛けて見ているのですが、キモくは感じないですなぁ。

なんちゅうか、私は、「スターウォーズ」の、星の爆発シーンが嘘っぽくて滑稽で大嫌いだったんですが、友人に「そこは、爆発記号として見ろ!」と言われ、なるほどと思ったのです。

吉永小百合も「美人記号」なのですッ!!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事