『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『大いなる陰謀』を観た]

2008-04-19 01:42:36 | 物語の感想
☆とりあえず、この作品の公式HPで、作品の画像を一枚貰おうと思って、飛んだ。

すると、『ライラの冒険』の「あなたのダイモンは?」に似た、「(この作品中の登場人物での)あなたのタイプは?」みたいな企画がありまして、私が挑戦したところ、トム・クルーズ演じるところの<共和党の上院議員>でした^^;

・・・もう一つ、前説的に、一つ語っておきたい事がある。

この『大いなる陰謀』だが、封切り日は先週の土曜だったらしいのだが、何故か、私の行きつけの映画館<MOVIX昭島>は、18日からだった。

なんか「大いなる陰謀」があるのだろうか?

     #     #     #     #

さて、この作品は、同時刻三箇所の、それぞれの「閉鎖空間」をメインにした舞台劇みたいな作品だった。

一つ目のステージは、停滞するイラク情勢の批判を、他の戦場の勝利によって逸らそうと発案した上院議員の執務室だ。

ここでは、時期大統領候補とも目される議員が、その新人の頃に目をかけてくれたベテラン記者(メリル・ストリープ)に独占インタビューをさせていた。

二つ目のステージは、アフガニスタンは雪の山岳地帯。

その軍事作戦のポイントに飛ぶ軍用ヘリの中からだ。

有能だが育った環境の悪かった貧しい二人の軍人が、除隊後の大学院の学費免除を目標として参加していた。

三つ目は、その二人が学んでいたハーバード大の教授室。

才気はあるが、裕福さにかまけて甘えている学生に、ロバート・レッドフォード演じる政治科学の教授が説教していた。

それぞれのシークエンスは、物理的には接点はないが、テーマ的には深くつながっている。

ちょいと、先に観た『バンテージ・ポイント』を髣髴とさせた。

だが、『バンテージ…』が、技巧をバリバリに凝らしていたのに対し、こちらの作品は、上質で洗練された流れを持っていたと思う。

   ◇   ◇

簡単に言うと、この作品は、タカ派路線の共和党の政策に警鐘を鳴らす作品であった。

だが、フィクションである。

作り手は、自分の都合の言いように、幾らでも物語を展開していける。

だから、甘えた学生と議論するレッドフォード教授の主張することは、この物語内では、見事に正しく合致する。

それについて、タカ派にシンパシーを感じる私が難癖つけてもどうしようもない。

例えば、『機動戦士ガンダムSEED』の主人公チームなど、完全にリベラルである。

その物語は、途中から、「相手を殺さない戦争」を続ける。

だが、それについて、「誰も死なない戦闘なんてあるか!」とクレームつけるのも野暮である。

物語にはテーマがあり、それに沿った展開になるのだろうから^^;

・・・故に、タカ派だろう私であるが、この作品は良作だと思った。

   有望な上院議員とベテラン記者。

   弁の立つ学生と真摯な教授。

二つの議論が平行して描かれるが、その会話の応酬が、やや、内容にはリベラル的な青さを感じるが、見事な演技で裏打ちされ、飽きることなくエキサイティングだった。

中でも、トム・クルーズ、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォードと言う大物たちに囲まれていたが、楽しく安穏と暮らしたい学生役のアンドリュー・ガーフィールドが頑張っていた。

実に整った顔立ちで、女の子に人気が出そうだ。

単純なバカ学生ではなく、見込みがあるがやる気を消失させているって設定だ。

レッドフォード教授は、その弁舌に感心しながらも、

   「だが、君の言葉にはハートが足りない!」

というのだ。

「まだまだ経験が足りない」と・・・。

   ◇   ◇

同時刻、上院議員は、ベテラン記者の「国のリーダーは現場を知らない」との言葉に、

   「僕はトップの成績で士官学校を出た。優秀なのが悪いのか?」

と答えるのだ。

   ◇   ◇

現場の者と、遠く離れた場所で命令を下す者の齟齬というものは、永遠に語られ続ける主題であろう。

・・・私事だが、私は、とある製造生産ラインの現場責任者をやっていた。

そこには、数々の、現場を知らない上司からの指示があった。

私は大ゲンカして職を辞し、いまだにネット上で、その会社を糾弾し続けています^^;

   ◇   ◇

アフガニスタンで行われている新作戦は、思いもよらないタリバン側の攻勢に遭い、二人の行方不明者を出して、一時撤退していた。

・・・雪の中で、二人の軍人は生きていた。

二人は、かつて、理想に燃えていた。

その理想に近づくために、おそらく理想と最もかけ離れた軍隊を志願したのである。

逃げずに、苦難を経てこそ、自分らの大成はあると考えていた。

・・・そう言ったライオンのような戦場の意志が、羊のように脆いホワイトハウスの命令指示者によって蔑ろにされる。

それが、この『大いなる陰謀』の原題「Lions for Lambs」の由来だそうだ。

                         (2008/04/19)

コメント (2)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
« [『おらウェイズ:蘭丁目の白... | トップ | [映画『王妃の紋章』を観た] »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
YES or No (KGR)
2008-04-29 20:37:14
トム・クルーズがメリル・ストリープに迫る
「Yes or No」
電話が入ってメリル・ストリープは
結局返事をしないわけですが、
ある意味怖かったです。
KGRさん♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-04-29 22:00:12
ええ、メリル・ストリープは、無責任だったマスコミの最後の良心のように描かれてましたね。

しかし、現実のメディアは、ひたすらにスキャンダル指向ですよね^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

38 トラックバック

大いなる陰謀 (ネタバレ映画館)
 自衛隊イラク派兵が違法判決を受けたというのに映画を観ていてもいいのか?!  メッセージ色が強すぎることや、ほとんどが会話を読むことに集中させられるという、ちょっと変わった映画だった。ドラマチックな展開もごくわずか。それでも「今、言わなきゃいけない」と...
劇場鑑賞「大いなる陰謀」 (日々“是”精進!)
「大いなる陰謀」を鑑賞してきましたロバート・レッドフォード監督が、トム・クルーズ、メリル・ストリープという2大スターを迎えた社会派ドラマ。政治、マスメディア、軍隊、教育とことなる視点から、アメリカが掲げる”対テロ戦争”の実態と、米国の構造的な問題点を浮...
大いなる陰謀 (eclipse的な独り言)
 これは言いたいことが絞りきれていない映画です。構成が難しかったです。(4月18
大いなる陰謀 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
豪華キャストだけど・・・どうかなぁ~【story】未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。そのころ、大学教授マレー(ロバート・レッドフォード...
「大いなる陰謀」みた。 (たいむのひとりごと)
原題「Lions for Lambs」は、激しく噛み砕いて言えば「愚かな指揮官(将軍)の盾となった勇敢で無垢な兵士」といったニュアンスだろうか?まったく噛み合わない邦題なのだけど、内容は確かに「大いな
『大いなる陰謀』 (ラムの大通り)
(原題:Lions For Lambs) ----この映画、よく聞くけど どういうお話ニャの? どうも、いま一つ分からないんだけど…。 「うん。映画自体は1時間32分くらいしかないのに、 けっこう構成が凝っているからね。 物語は、主に3つの場所で同時刻に起こる。 (1)ワシントンD.C...
大いなる陰謀/ロバート・レッドフォード (カノンな日々)
ロバート・レッドフォード、トム・クルーズ、メリル・ストリープという大物俳優たちの主演でアメリカの対テロ政策の裏側を対話劇で描いていくというサスペンスドラマだそうです。ドラマとしてだけじゃなく名優と言われる彼らの濃厚な演技にも期待しちゃう作品です。 出...
大いなる陰謀 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
無関心こそが罪。これが映画のテーマだ。政治、報道、教育という異なる世界の人間を通して、対テロ戦争を会話で検証する。クルーズとストリープの攻防が見せ場の一つだが、大学教授と生徒のやりとりこそ注目すべき。ただ、作品の志の高さは理解できても素直に評価できない...
大いなる陰謀 Lions for Lambs (いい加減社長の映画日記)
昨日は、会社を早退して、「大いなる陰謀」。 「UCとしまえん」のポイントが溜まっていたので、無料で。 「王妃の紋章」も、今日の夜に観る予定だけど。 なぜか金曜に公開した「大いなる陰謀」を折角だし公開日に、それに時間的にもちょうど良かったので。 「UCとし...
『大いなる陰謀』 (めでぃあみっくす)
この邦題は映画の内容を考えるとちょっと筋違いだと思います。全米ではUA社の初作品にもかかわらず大コケしたこともあって20世紀FOX JAPANも大衆受けしそうな邦題を選んだと思うのですが、それでも陰謀と呼べるほどの陰謀のない映画にこのタイトルはないと思います。 ...
大いなる陰謀(Lions for Lambs) (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
ロバート・レッドフォード監督・出演、トム・クルーズ、メリル・ストリープ。およそこれほど内容を裏切った邦題の大いなる陰謀はないだろう。それだけならまだ耐えられるが、内容も、3大スター競演なのにぬるくてこれはひどい度100%。
大いなる陰謀 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『何のために立ち上がり、何のために戦い、 何のために生き、何のために死ぬのか──?』  コチラの「大いなる陰謀」は、4/18公開となったロバート・レッドフォード監督による感動と衝撃のヒューマン・ドラマ超大作?なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  ...
映画 【大いなる陰謀】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「大いなる陰謀」 ロバート・レッドフォードの7年振りの監督作品。 おはなし:上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。そのころ、大学教授マレー(ロバート...
大いなる陰謀 56点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ひつじにあやまって なかなおししてくる 公式サイト ロバート・レッドフォードによる7年ぶりの監督作となる、アメリカの対テロ戦争を題材としたポリティカルドラマ。 監督がビッグネームだけに、そちらの名前ばかりが謳われがちだが、脚本を担当しているのが『キン...
大いなる陰謀(2007年) (勝手に映画評)
9.11以降、アメリカの映画と言えば”テロとの戦い”がテーマになっていますが、これもその一つ。しかも、最近のアメリカの風潮を反映して、「テロ戦争とは何か?」と言うテロとの戦いへの疑問を明示する内容となっています。 「事件は会議室で起きているんじゃない! 現...
大いなる陰謀 (映画鑑賞★日記・・・)
【LIONS FOR LAMBS】2008/04/18公開(04/08鑑賞)製作国:アメリカ監督:ロバート・レッドフォード監督:ロバート・レッドフォードほか出演:ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ペーニャ、デレク・ルーク、アンドリュー・ガー...
大いなる陰謀/Lions for Lambs (我想一個人映画美的女人blog)
トムちんが、「イエスか、ノーか{/eq_1/}」と迫るシーンが予告篇で一番印象的。 『モンタナの風に抱かれて』(←つまらなかった)以来約7年振りとなる ロバート・レッドフォード監督作品。 アフガニスタンにおけるアメリカの対テロ戦争の裏側を描くといった社会派映画...
「大いなる陰謀」 (かいコ。の気ままに生活)
アメリカの対テロ政策の裏を描く レッドフォード監督作品。「大いなる陰謀」公式サイトレッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズの豪華キャストにもかかわらず、公開前から酷評。どんな映画なんダロー て思って観てきました。観客 おじいさんばっかりでした...
大いなる陰謀 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマ。 政治家とジャーナリストの間で繰り広げられるサスペンスフルな展...
『大いなる陰謀』・・・う~ん微妙にハズレ(^^ゞ (SOARのパストラーレ♪)
『ブラックサイト』を観るつもりが時間が合わず、GWに観ようと思っていた『大いなる陰謀』に急遽変更。ま、こちらもかなり期待していた作品だったので。 それにしてもふだんは公開最終週にあわてて観に行くことの多い私にとって、公開2日目の鑑賞というのは非常~にめず...
「大いなる陰謀」トム君が出てるけど…、軽い映画じゃないよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
※公開初日を投稿日時に設定。公開開始1週間後まで固定。 記事投稿日 2008年4月10日 22:56   ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズが共演!おまけにレッドフォード自身が、7年振りにメガホンを握った本作「大いなる陰謀」(2...
「大いなる陰謀」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「大いなる陰謀」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *原題:LIONS FOR LAMBS *出演:ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズ、マイケル・ペーニャ、デレク・ルーク、他 *監督:ロバート・レッドフォード 感想・評価・批評...
【映画】 大いなる陰謀 (Coffee and Cigarettes)
今回は、映画「大いなる陰謀」 ベテラン・ジャーナリスト、ジャニーン・ロスは、未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院...
アメリカの現実?『大いなる陰謀』 (水曜日のシネマ日記)
対テロ戦争を巡る物語です。
大いなる陰謀 (利用価値のない日々の雑学)
とにかくメッセージの多い作品だった。その場の台詞やカット毎には良く理解でき、受け止められたのだが、実際作品を観終わった段階で、ではトータル的に何が残っているかというと、鑑賞中に受けたメッセージを集約されたものが何一つ自分の中に残らなかったという珍し...
「大いなる陰謀」 R・レッドフォードの監督魂 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 昨年秋、アメリカで公開された時は興行的には振るわず、評判も賛否に分かれていて、どちらかと言えば“否”の評判の方が多く聞こえて来ていたこの作品…。 これだけの映画人が関わっていながら、ひょっとして駄作?と、恐る恐る観に行ったの...
★「大いなる陰謀」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末のナイトショウ鑑賞は・・・ 6000マイル貯めて一ヶ月無料パスのゲットを狙ってるTOHOシネマズで本作を「ウォッチンぐぅぅぅぅーーーー」。
映画「大いなる陰謀」(2007年、米) (富久亭日乗)
    ★★★☆☆  Robert Redford 監督、主演の社会派ドラマ。 原題は「Lions for Lambs 」。  カルフォルニア大教授Stephen Malley (Robert Redford)の 優秀な学生2人は、Malleyの反対を押し切って、 志願して軍隊に入る。 2人は、アフガニスタンでテロ組織を壊...
大いなる陰謀 (アートの片隅で)
「大いなる陰謀」を観て来ました。 今回は久々に試写会では、ありません。(特別鑑賞券が当たったからなんだけどね) この映画は一般試写会が無かったので、特別鑑賞券に応募したら当たったのです♪♪ 公開初日土曜日の新宿歌舞伎町の映画館でしたが、お客の入りは2割...
【大いなる陰謀】 (日々のつぶやき)
  監督:ロバート・レッドフォード 出演:トム・クルーズ、メリル・ストリープ、ロバート・レッドフォード、マイケル・ペーニャ、デレク・ルーク 「対テロ戦争で、新たな作戦が実行された。 自分の野望のため作戦を掲げ行使した議員のアーヴィングは懇意にし...
[映画]大いなる陰謀 (お父さん、すいませんしてるかねえ)
そういやロバート・レッドフォード監督作品見るの、リバー・ランズ・スルー・イット以来だ。 映画通じゃないな、ぼく…。 あらすじを簡単に 上院議員のアーヴィングはテレビ局のジャーナリスト・ロスに、 「アフガンで新たな作戦が始まる」 という軍事情報をリークする。...
真・映画日記(2)『大いなる陰謀』 (          )
JUGEMテーマ:映画 (1から) 午後6時過ぎに外出し、池袋へ。 池袋「サンシャインシネマ」の『大いなる陰謀』8時45分の回。 2日目なのにガラガラ。 20人もいたかどうか。 やはり『フィクサー』と同様に「男の映画」は動員が厳しい。 「男の映画」と言っ...
大いなる陰謀 を観ました。 (My Favorite Things)
久しぶりの原題VS邦題対決かな?
大いなる陰謀  (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
映画が始まる前の映画会社のロゴ。 まずは20世紀FOXのジャンジャジャジャーンから始まり、 MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)UA(ユナイテッド・アーチスツ)。 今回初めて、UAのロゴが変わっているのに気がついた。 この関連については、別に書いて...
「大いなる陰謀」投げっぱなし (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
私と年がそれほど変わらないのに、いつかどこかでトム・クルーズに会って、結婚することになるかもしれないから・・・と言って、英語の勉強を欠かさない友達のお付き合いで、恒例のトム・クルーズ映画を観に行った。
映画『大いなる陰謀』を観て (KINTYRE’SDIARY)
39.大いなる陰謀■原題:LionsForLambs■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:92分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:4月19日、吉祥寺スカラ座(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・製作:ロバート・レッドフォード□脚本・製作:マシュー・マ...
mini review 08332「大いなる陰謀」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
ロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマ。政治家とジャーナリストの間で繰り広げられるサスペンスフルな展開に...
『大いなる陰謀』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじベテラン・ジャーナリスト、ジャニーン・ロスは未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院議員の独占インタビューに赴き、対テロ戦争の新作戦について知らされる。同じ時刻、カリフォルニア大学の教授マレーは優秀であるのに勉学に身が入らない学生...