『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』を観た]

2009-10-23 23:09:30 | 物語の感想
☆<ワーナーマイカル・日の出>で、『スラムドッグ・ミリオネア』と『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』が1000円でリバイバル上映されている。

 私は、後者は未見だったので、いそいそと行く。

 昨夜の最後の回で、客は、私と、どこぞのお姉さん二人だけだった^^;

   ◇

 未見だったのには理由があり、他のブロガーの評判がすこぶる悪かったからだ。

 でも、私には非常に面白かった。

 このような観念的と言うか、イマージュ重視の作品ばかりだけの映画界ならば厭だが、30作品に1作ぐらいならばいいものだ。

 物語はシンプルで、アジアに消えたシタオ(木村拓哉)と言う青年の捜索を依頼された、LAの警官崩れの探偵クライン(ジョシュ・ハートネット)が、行き着いた香港で、シタオが共に行動することになった女・リリ、その恋人・中国人ヤクザ・ドンポ(イ・ビョンホン)との愛憎状況を絡めて描いている。

 「人捜し」の点では同じだが、『96時間』と対極の作風である。

   ◇

 雰囲気が実に面白い。

 本来、話をグイグイ牽引していくような要素を排して、あたかも編集時にカットするかのような「二の線」のシーンばかりを集めて、物語を展開させているのだ。

 これが、キューブリックが言うところの「マジック」効果を生んで、他愛のない物語に深みを加えてくれていた。

 そして、その雰囲気の中で、これでもかと、主演の3人の男優の男臭さを描いてくれる。

 とは言え、不必要な猟奇風味や、汚い映像、ショッキング展開もあるのだが、イケメンっちゅうのは、何やってもカッコいいようで、清潔感がある。

 クラインなんて、かつての警官失格の理由としての、猟奇殺人鬼を捕まえるための「猟奇殺人鬼との同調」なんて危ういことをしておきながらも格好良い。

 そのクラインが、今回は、超自己に埋没した情念の捜査をする。

   ◇

 シタオの彷徨へのキリスト暗喩も不必要だと思った。

 木村拓哉の演技はとても見事で、シナリオ上の暗喩なくとも、シタオの自他問わない救済希求の旅には、何らかの聖人の生き様が滲み出てくると思うのだ。

   ◇

 作中、3人の男の裸体が惜しげもなく披瀝されるが、3人とも、無駄な肉がついてなくて、「ザ・男」って感じでよかったっス^^;

 イ・ビョンホンは、どうにも、私は顔が嫌いなのだが、その肉体は、研ぎ澄まされた強さが感じられた。

 私は、イ・ビョンホン演じるヤクザのリーダー・ドンポの部下たちに非常に魅力を感じた。

 仕事に失敗して殺されるのに戻った男の表情など、なかなか記憶に残る。

 ボスの横にいつも待機している丸顔のひげの奴も良い。

   ◇

 クラインの旧友の香港警察の男も格好良くて、クラインと水を掛け合ってじゃれあったり、下らない話をしている空間描写が秀逸だと思った。

 男が少年のあどけなさを垣間見せるのだ。

 そんな横道のシーンを楽しく見せてくれたこの作品の監督は非凡だと思うのだ。

                                     (2009/10/23)

コメント (2)   トラックバック (19)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観念的 (sakurai)
2009-10-24 16:05:58
とっても観念的でもあったのですが、それよりも、猟奇的の方が先に来てしまって、焦点をみつけられないまま、なんだかよくわかんないで終わってしまった・・・という感じでした。
もう一回見直す気持ちもないし・・・。
この映画のときは、途中で出て行った人が今まで見た映画の中で、最多ではなかったかと思います。
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-10-25 01:09:43
う~ん、批判的な方の文章の意味もよく分かるんですよね。

私も、一本筋の通ったテーマは見出せなかったですし、監督が仕掛けたテーマ性にもあざとさを感じて目を閉じました。

でも、妙に活きの良いシーンがありました。

例えば、ヤクザの二台の車に、逆走でのカーチェイス、そのオチがとぼけたギャグだったことも含めて良かった。

ただ、途中で出て行く人の気持ちは分からないです。

見終えてつまらなかったなら分かりますが、途中ならば、結論まで見通せないような気がするのです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

19 トラックバック

アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (LOVE Cinemas 調布)
主演のジョシュ・ハートネット、そして共演の木村拓哉、イ・ビョンホンというイケメン人気俳優トリオが評判となっている作品ですね。劇場もキムタクファンの30代女性から、イ・ビョンホンファンのおば様方まで幅広い観客が訪れていました。監督はトラン・アン・ユン、と...
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」劇場鑑賞 (流れ流れて八丈島)
「群青」に引き続き、新宿武蔵野館でインターバル20分、2本目は「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」を観ましたこれは、きっと賛否両論が分かれる映画でしょうねギャガはまたやっちゃったかもしれませんねまあ、キムタクとイ・ビョンホンのおかげで、そこそこの興行成績...
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」トラン・アン・ユン (Mani_Mani)
アイ・カム・ウィズ・ザ・レインI COME WITH THE RAIN 2009フランス 監督:トラン・アン・ユン 脚本:トラン・アン・ユン 撮影:ファン・ルイス・アンチア 出演:ジョシュ・ハートネット(クライン)木村拓哉(シタオ)イ・ビョンホン(ス・ドンポ)トラン・ヌー・イ...
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン/I Come With The Rain (いい加減社長の映画日記)
またしても、レビューを書くのが遅くなってしまったけど^^; 先週の土曜日のレイトショーで、「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」を鑑賞。 別にイケメンに興味があるわけじゃないけど、キムタクは好きだから^^ 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな。 「アイ・カム・ウ...
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン/ジョシュ・ハートネット (カノンな日々)
先日シネコンのロビーにて年配の女性二人組がこの映画のポスターを前にしてこんな事を会話されてました。 「どうしてビョンホンの名前が3番目なのかしら???」 「ねぇ、まったく、やーねーもう(怒)」 ・・・ウケた(笑) ファン心理としては気持ちはよくわかりま...
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」 (塩ひとつまみ)
他人の痛みを身代わりとなって引き受けるという 不思議な力を持つシタオ(木村拓哉)。 彼の父の依頼により シタオの捜索をする元刑事の探...
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン ICOMEWITHTHERAIN (まてぃの徒然映画+雑記)
う~ん、よくわかりませんでした。監督は『青いパパイヤの香り』や『シクロ』『夏至』のトラン・アン・ユン。ヨーロッパ映画的な映像美を狙ったのか、それとも自分には理解できない壮大なモチーフが隠されているのか。キリスト教が大きな意味を持っているのだとは思うけれ...
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (迷宮映画館)
いた!!きも・・・。
人間の痛み (笑う学生の生活)
9日のことだが、映画「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」を鑑賞しました ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン この豪華な共演の作品 かなりの、エンターテイメントを期待すると思うが・・・ 今作はまさに、アート作品といった感じ ストーリーは、ある意...
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (悠雅的生活)
苦痛ゆえの美しさ・・・
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:I COME WITH THE RAIN公開:2009/06/06製作国:フランスPG-12上映時間:114分鑑賞日:2009/06/07監督:トラン・アン・ユン出演:ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホン、トラン・ヌー・イェン・ケー、ショーン・ユー、イライアス・コティーズ男たちの運...
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (そーれりぽーと)
ぜーんぜん興味無かったけど、賛否両論話題を呼んでたので『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』を観てきました。 ★★★ へー、そうですか。 イ・ビョンホン、キムタク、ジョシュ・ハートネットのトリプルスターキャストとか言われてたけど、『インファナル・アフェア』...
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (Diarydiary!)
《アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン》 2009年 フランス映画 - 原作 - I
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (とりあえず、コメントです)
木村拓哉、イ・ビョンホン、ジョシュ・ハートネットという3人のスターが競演して話題の作品です。 かなり不安な噂が多いのでどうしようかなと思ったのですけど、とりあえずチャレンジしてみました。 参りました…という感じでした(^_^.)
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
各国を代表する“美しい男”たちが、かつてない演技で魅せる__いままで見た事のない美しい男たちの競艶! 物語:ある男が失踪した。手がかりは、名前と年齢、数枚の写真だけ。彼の名はシタオ。他人の痛みを身代わりとなって引き受けるという不思議な力を持つ。 彼...
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」 (てんびんthe LIFE)
「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 どうしても初日にみたいというビョンホンファンの要請に応えて、初日鑑賞。 初回上映がなく、午後一の回はキムタク舞台挨拶のためチケット完売。 そのため3時の回はお姉さま方の予約で前日にチケ...
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン★I COME WITH THE RAIN (銅版画制作の日々)
男たちの運命は、美しく、そして切ない・・・・ 何と!前売りチケットは1500円。なので割引ディに行くことに。東宝シネマズ二条は毎週火曜日が会員の場合1300円ということで、9日(火)に鑑賞しました。 キムタクが見たさに行ったわけではなく、またイ・ビョン...
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (シネマDVD・映画情報館)
 HEROなどで映画俳優としても活躍する木村拓哉が、ハリウッド俳優ジョシュ・ハートネット、韓国の大スター、イ・ビョンホンと共演したサスペンス超大作。キムタク演じる他人の傷や痛みを自分の体に引き受ける特殊能力を持つ男をめぐり、香港マフィアも巻き込む壮絶...
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『男たちの運命は、 美しく、そして切ない…』  コチラの「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」は、ジョシュ・ハートネット、木村拓哉、イ・ビョンホンという、アメリカ、日本、韓国のスター俳優3人が共演したPG-12指定のサスペンスです。監督は、「青いパパイヤの香り...