『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ゾンビランド』を観た]

2010-07-30 22:27:25 | 物語の感想

☆面白かった^^

 私は、ゾンビ物は、リアルに構築された世界でのみ面白いのかと思っていたら、

 こうした、コメディ風の味付けでもいけるのだなと新鮮な思いを抱かされた。

 コメディ風ではあるが、予告編などで感じたヴァラエティ路線ではなく、メインの4人の人物造形が感情移入できるレベルの現実感は保たれている。

 主人公は「オタク」と言う触れ込みであったが、やや引っ込み思案なだけで、一時間半ほどの上映時間の中で、その恋愛に対しての成長が感じられ、観終えて、清々しさが起こった。

 物語自体も、オタクやマニアック向けでなく、そのような知識をもたない人物でも充分に楽しめる「こだわり」が随所に見られた。

 例えば、登場人物の会話の中に出てくる映画のタイトルも『タイタニック』とか『ゴーストバスターズ』とかメジャーでとっつき易い。

 ゾンビ物では、スーパーマーケットを独占する主人公達という図が、私の中では定番なのだが、

 この作品では、スーパーの商品を独占するような楽しさではなく、スーパーマーケットにあるガラス細工や陶器、ショーウインドウや棚を破壊しまくると言う楽しさを見せてくれていた。

 作品内世界は、物品は豊富のようなのである。

 おそらく、これまでのゾンビ作品と、ゾンビ化発生時からの時間経過が違うような印象を受けた。

 また、出てくるゾンビは、町の広さに対し、割合とまばらな数で、そこも、私は、アメリカ西部の過疎化みたいなことを勝手に思った^^

 オタク、ゾンビキラー、詐欺師姉妹の4人の道中なのだが、途中から、かなりのマッタリ空間が車中で形成され、座る場所を違え、幾日も旅する車内の風景がダイジェストで映されるのだが、そこが実に良かった。

 私は、このようなシーンを、ちゃんと物語の中で描けるのは、凄いことだと思うんだよね。

 で、そんな旅の仲間が、ビバリーヒルズのビル・マーレィ邸で過ごす時間は、これもまた、ゾンビ物の「世界独占」の変格で楽しい^^

 何よりも、主人公が惚れる女の子(エマ・ストーン)がいい。

 悪女風の容姿だが、その笑顔は優しくて、情が深そうな演出がされている。

 どこかで見たと思ったのだが、『キューティーバニー』の脇役だ!

 目の周りを塗りたくるメイクをしておきながら、それを優しく見せる魅力は素晴らしい^^

     

 ただ、ゾンビどもの、チープなゾンビメイクだけはいただけなかった。

                                         (2010/07/30)


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« [与党民主党考・101 「ピ... | トップ | [中国人の子弟による来日の感想] »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事