『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~』を観た]

2009-05-12 18:56:15 | 物語の感想
☆往年のファミコンソフト『スパイvsスパイ(ケムコ)』を髣髴とさせるタイトルであるな^^;

 企業スパイの、互いに信じられぬ男女の恋愛を絡めた、コンゲームの物語で、私は楽しんだ。

 『ザ・バンク/堕ちた巨像』の主役を演じたクライヴ・オーウェンと、私的にはお久し振りのジュリア・ロバーツの共演だ。

 昨今、活躍著しいオーウェンに比べ、ジュリア・ロバーツは、ややトウが立ち始めている印象だ(いや、かなりギスギスしてる^^;)。

 しかし、この二人が、変則的な大人の恋愛を見せてくれる。

   ◇

 とある企業の産業スパイに雇われた二人を含むチームが、ライバル社の新製品を物にしようと活躍する。

 だが、そこには、スパイ作戦的にも、物語構造的にも、二重三重のからくりが仕掛けられている。

 とても複雑で、その面白さを整理しようとすると莫大な字数を必要とするので記さないが、

 マトリューシカのように、騙しの中に謀略、作戦の中に罠と、企業の新製品開発に絡んだ個々の人間のテクニックが駆使される。

 もちろん、映画の作り手のテクニックもスタイリッシュに行使されている。

 その中で、お互いに信用できないスパイ稼業ゆえに、愛し合っているが疑心も渦巻いているという、恋人同士の心に去来する普遍の感情…、二人の恋愛模様も進行する。

 私は、ちょいとヒッチコックの『断崖』なんて作品を思い出した。

 ・・・と、こう書いている文章さえも、読んでいるあなた、信用してはならない^^;

   ◇

 現在のスパイ活動と平行に、主人公二人の逢瀬の数々が回想される。

 その恋愛要素に、私はかったるさを感じたのだが、終幕に向かって、段々と現在に近づいている回想は、新たな「カラクリ」を提示してくれる。

 おお!

 私は感嘆するのだが、そこには、更に、更に、この道で何十年と食っているプロの描いた「壮大な絵」が開陳される。

 とはは!!^^

 ・・・そして、二人には愛が残った・・・。

  PS.二つの会社のCEOはどちらも妙な魅力がありましたな^^

     おっと、それから、オーウェンのスパイのダシに使われる妙齢の女性が出てきますが、

     ジュリアのギスギス具合が気になっていたので、その女性が、えらくチャーミングに見えました^^

                          (2009/05/12)

コメント (4)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
« [本日の産経新聞の気になる一... | トップ | [私の1991年のメモ日記・7] »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
しかし・・・ (KLY)
2009-05-12 23:47:39
ジュリアもふけましたねぇ。^^;
私はこのジュリア・ロバーツという女優のあの口の大きさがどうにも苦手でして。
よってクライヴ目当てで観てました。彼は無精ヒゲのほうが好きです。ひげ剃ると印象が薄くなるというか、どうにも加山雄三みたいで、鑑賞中ことあるごとに「パチンコ加山雄三」の音楽がリフレインしてました。^^;

冒頭のCEO同士のケンカ。タダのケンカでしょーもないシーンをスローであんなに時間を取って見せるところが妙に気に入ってます。^^
KLYさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-05-13 18:05:16
私は、結構、口の大きな女性に美人が多いと思うのですが、『プリティー・ウーマン』の頃から、「あんまし可愛くないなあ」と思っていました。

美人かもしれないけど、「プリティ」ではないなぁ、と。

今回などは、髪をアップにしたときがきつかったですね。

頭蓋骨の形が分かりそうなギスギスさです。

同じようなタイプに、『ビバリーヒルズ・チワワ』に出ていたジェイミー・リー・カーチスがいますね(例『ブルー・スチール』)。

私が、初めて、ジュリア・ロバーツにギスギスさを感じたのは『ジキル&ハイド』のメイド姿です^^;
映画 化学式 男女 愛 でHitしたので来ました (Kashi)
2010-04-04 23:24:53
はじめまして。
去年見た映画を書き出していたのですが、どうしてもタイトルがわからず、薄ら覚えの記憶でこの4つの単語を並べたらここがhitしました^^
映画の概要と写真をみてこれだーーー!と探し求めた結果が得られました。
適当に足を運んだ映画館でなんとなくこれをみたので本当に記憶が曖昧で(笑)
見ていて途中失敗だったな~なんて思いましたが、最後には上手くできあがっていたので有りかな、なんて感想をもった映画でした。

長文失礼しました。
Kashiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2010-04-04 23:54:29
コメント有難う御座います。

正直、あまり、この映画は覚えていませんが^^;

最初のCEO同士のスローモーション殴り合いと、

クライブ・オーウェンに騙されたはずの女が、その刹那の逢瀬に幸福を感じて告白する姿に、ジュリア・ロバーツが複雑な表情を浮かべるのが最高に良かった記憶が蘇ってきました^^

感想をネットにアップするのでしたら、ここにTBをお願いしますぜ!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

28 トラックバック

デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『これは、生き残りをかけた“企業諜報合戦”』  コチラの「デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく」は、監督デビュー作の「フィクサー」が、アカデミー賞7部門にノミネートされたトニー・ギルロイ監督の最新作となる5/1公開のクライム・エンターテインメント...
映画 【デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 『フィクサー』のトニー・ギルロイ監督が、産業スパイの内情を赤裸々に描くクライム・エンターテインメント。 おはなし: 「エクイクロム」に雇われた産業スパイのレイ(クライヴ・オーウェン)は、ライ...
『デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ 』 (ラムの大通り)
※ネタばれ注:一部、映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Duplicity) -----この映画ってジュリア・ロバーツの復活作ニャんでしょ。 でも、全米であまり成績が芳しくなかったとか? 「うん。...
デュプリシティ スパイは、スパイに嘘をつく (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:トニー・ギルロ
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] トイレタリー2大企業のガチンコ諜報合戦
デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~見てきた【ネタバレ】 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
丸の内ピカデリーでデュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~を見てきました。 ジュリア・ロバーツの最新作です。 丸の内ピカデリーって新宿ピカデリーのカード使えないんですね。
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (LOVE Cinemas 調布)
主演は最近ちょっと影が薄い感じのジュリア・ロバーツと『ザ・バンク 堕ちた巨像 』が好評公開中のクライヴ・オーウェン。監督は『フィクサー』や「ボーン」シリーズ、そして5月22日に『消されたヘッドライン』の公開が控えているトニー・ギルロイです。本当は仕事で行け...
映画レビュー「デュプリシティ/スパイはスパイに嘘をつく」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Duplicity [Original Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆軍拡並みに熾烈なのが情報戦争。嘘をつかずにはいられない産業スパイの恋がスリリングだ。 【70点】 元MI6の諜報員レイと元CIAの諜報員クレアは、因縁の仲。退職し現在は共に産業スパイとなった...
デュプリシティ  スパイは、スパイに嘘をつく / Duplicity (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click またまたヘンな副題付いてる~ しかも点まで入ってるし 昨年アカデミー賞作品賞ノミネートした『フィクサー』のトニー・ギルロイ監督・脚本作品{/ee_3/} 『フ...
特別試写会「デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 (流れ流れて八丈島)
当直明けにうってつけの昼間の試写会に行ってきました新宿明治安田生命ホールで昼の11時半からの、マスコミ向けトークショー付き特別試写会「デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~」です。冒頭、二人の巨大企業社長がつかみ合うシーンがスローモーションで流れる...
映画 「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 (ようこそMr.G)
映画 「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (だらだら無気力ブログ)
『フィクサー』で企業の闇を描いたトニー・ギルロイ監督が、今度は産業 スパイの内情を描いたクライムサスペンス。トイレタリー業界で躍進著しい新興企業エクイクロム社は老舗のB&Rと シェア争いで激しく争っており、お互いに産業スパイを雇って相手企業の 動向に神...
【デュプリシティ -スパイは、スパイに嘘をつく- (日々のつぶやき)
監督:トニー・ギルロイ 出演:ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーエン、ポール・ジアマッティ、トム・ウィルキンソン 「トイレタリー業界大手のB&R社に敵対心を燃やす新興企業のエクイクロム社はスパイを組織しB&R社の機密を入手しようと躍起になっていた。
[デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:DUPLICITY公開:2009/05/01製作国:アメリカ上映時間:125分鑑賞日:2009/05/01監督:トニー・ギルロイ出演:ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーウェン、トム・ウィルキンソン、ポール・ジアマッティ、デニス・オヘア、トーマス・マッカーシー、キャスリーン・チャ...
デュプリシティ/スパイは、スパイに嘘をつく (とりあえず、コメントです)
クライヴ・オーウェン&ジュリア・ロバーツ主演のクライム・ストーリーです。 ライバル企業に雇われたスパイたちの諜報合戦が面白かったです~ 2003年ドバイ。MI6のレイ(クライヴ・オーウェン)は 一人の美女(ジュリア・ロバーツ)に目を留め、声をかけた。 直ぐに二...
『デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:DUPLICITY監督・脚本:トニー・ギルロイ出演:ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーウェン、トム・ウィルキンソン、ポール・ジアマッティ試写会場 : 東京厚生年金会館公式サイトはこちら。<Story>元MI6の諜報員だったレイ(クライヴ・オーウェン)は産業ス...
デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「フィクサー」のトニー・ギルロイが、監督兼脚本を務め、熾烈を極める大企業の新製品開発をめぐっての産業スパイ合戦に奔走する、男女スパイの一筋縄ではいかない恋愛模様を描いている。 物語:ニューヨークでは、トイレタリー企業の大手二社のバーケット・ランドル...
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (Diarydiary!)
《デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~》 2009年 アメリカ映画 -
「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」(アメリカ 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
画期的な新製品を巡っての企業の諜報戦。 最後に笑ったのは?
デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (勝手に映画評)
家庭用品メーカ間の熾烈な“情報戦”を描いた映画。“情報戦”と書きましたが、ジュリア・ロバーツが演じるクレアはCIA出身、クライヴ・オーウェンが演じるレイはMI6出身と、実際にはスパイ合戦と言うほうが正しいですね。 MI6のエージェントがプレイボーイと言うのは、0...
デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (心のままに映画の風景)
トイレタリー業界最大手の老舗メーカーB&R社CEOタリー(トム・ウィルキンソン)が、画期的な新製品を発売するという情報をキャッチしたライ...
「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 脚本家が演出をする弊害 (はらやんの映画徒然草)
原題の「DUPLICITY」というのは、「裏表二心あるということ」という意味だそ
男と女のコン・ゲーム~『デュプリシティ/スパイは、スパイに嘘をつく』 (真紅のthinkingdays)
 DUPLICITY  MI6諜報員のレイ(クライヴ・オーウェン)は、デュバイでCIAエージェントの クレア(ジュリア・ロバーツ)に騙され、民間企...
映画日記りぼーん『デュプリシティ ~スパイはスパイに嘘をつく~』 (CHEAP THRILL)
この日はまったりと午後から西新井のシネコンで『デュプリシティ ~スパイはスパイに嘘をつく~』を見た。 クライマックスシーンやラストはいいんだけど、 ……これ、時間軸をいじりすぎでしょ。 『フィクサー』もそういう作りだったから監督トニー・ギルロイのや...
「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
化学式を観て、それがなんだかわかる・・ってすごい
「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
未公開特集も動物特集も終わりで、 今回は、「今年劇場公開を見逃した作品」。 これも特集組めそうだなーーーーっ。
デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (paseri部屋)
「デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~」を観ました。監督・脚本:トニー・ギルロイ出演:ジュリア・ロバーツ、クライヴ・オーウェン、トム・ウィルキンソン、ポール・ジアマッティ<内容>CEOハワード率いるトイレタリー業界最大手のB&R社に激しいライバル心を...
デュプリシティ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】MI6の諜報員だったレイ(クライヴ・オーウェン)は、フリーランスの産業スパイに転身する。彼はNYでトイレタリー用品の新興企業エクイクロム社のために、宿敵B&R社を探るスパイチームの一員として働いていた。そこでライバル社に潜入中の情報提...