『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『おっぱいバレー』を観た(ブルマ太もも女子バレー^^;)]

2009-04-19 22:35:10 | 物語の感想
☆『おっぱいバレー』は、私の映画鑑賞の歴史で出会った(意識した)初めての「映画女優」と呼べる女優・綾瀬はるかの主演作である。

 私は、ほとんどテレビを見ないので、一番注目して見ている女優の一人と言える。

 何度も書いているが、私は、つくづく、綾瀬嬢の顔を見ると、「変わった顔だなあ^^;」と思うのだ。

 でも、その演ずる物語が展開すると、メチャ魅力的なのである^^v

          ・・・『僕の彼女はサイボーグ
          ・・・『ザ・マジックアワー
          ・・・『ICHI
          ・・・『ハッピーフライト
             (クリック推奨!!)

 で、こんな風に、綾瀬嬢を親しく見てくると、アダルトビデオ全盛で美人のおっぱいなど簡単に見られる世であっても、

 今回の物語のテーマとなる「綾瀬嬢のおっぱい」は、弱小エロ男子バレー部でなくとも、「女房を質に入れてでも見たくなる」ような存在なのだった・・・。

   ◇

 全編を見終えて思ったのが、両極端の思いであった。

     「意外にサッパリしているな」

     「意外に深いな」

 新任の国語教師・寺島(綾瀬)は、男子バレー部の顧問を任される。

 しかし、そのバレー部は、限りなく帰宅部と同義であり、メンバーは、思春期らしく、エロいことしか考えていない。

 何とか彼らにやる気を起こさせたい寺島は、売り言葉に買い言葉・押し売り言葉に押し売られ言葉で、「勝利したらおっぱい見せる」と約束してしまい、物語が動き出す。

 私は、もっともっとドラマチックに盛り上げて、この後が展開されると思ったのだが、割と現実的な進行で、あらゆる要素(試合、おっぱい、教師の責任)が収斂してしまうのが意外だった。

 でも、その「さっぱり」具合…、力の抜き具合が、私にはとても好感だった。

 昭和五十年代前半の北九州は臨海工業地帯を舞台とし、その映像こそが風情とばかりに、それ以上のデコレイトはしないでケレンなく映し出していく。

 私の昭和五十年代前半時の年齢よりも、メンバーたちは、やや年上設定なのだが、そこに配される「少年ジャンプ」や「明星」、「11PM(私も、よりによっての「釣り特集」には泣いた^^;)」や「月刊PLAYBOY」などのギミックはよく分かる。

 私は生徒サイドがメインで、その友情がコテコテに描かれると思っていたので、作り手が、その少年たちに過剰な演技をさせない「さっぱり具合」にも心地いい軽快さを感じた。

 一番笑ったギャグが、大会一回戦を不戦勝し、それでもおっぱいが見れると意気盛んなメンバーに、メンバーの一人がいった言葉「不戦勝でおっぱい見てもスッキリしないだろ」に対しての、唯一無二の純粋おっぱい戦士である<デブ>の一言「見れば、スッキリするよ^^v」!!!^^;

   ◇

 意外に深いと感じたのは、綾瀬先生の過去が丹念に描かれている点だ。

 生徒に嘘をつかないと言う、綾瀬先生のこれまでや、

 綾瀬先生が、教師を志すに至ったエピソード、

 そして、そのかつての恋も、ちょいとアダルトな雰囲気を醸しつつ語られたのには、私たちが綾瀬先生に夢中になるには良い展開であった^^;

 また、ただの少年たちの「憧れのおっぱい先生」と言う記号的な存在でしかないと思われた綾瀬先生が、「ツンデレ」口調の似合う、かなり個性的な性格であることにも驚いたし、

 それを綾瀬はるかが見事に演じている点も、その女優としての魅力の再確認をさせるに至るのだった。

 思えば、新任の挨拶で寺島先生が、朝礼台の上で、「高村光太郎…」といった時点で、その先が読めてしまい、それから最後まで、「パンツの穴」的なネタで、私は笑わされ続けました。

   ◇

 最終的に、おっぱいは見ることは叶わない。

 私は、初勝利した後に、おっぱいを見ようとするメンバーに、不良の先輩が「お前ら、野暮なことすんじゃねえ!」と一喝されて約束がポシャるか、

 初勝利の結果、女の子にモテモテで、先生のおっぱいどころでなくなる、

 あるいは、合宿の時に、先生のシャワーシーンを偶然に見てしまい、罪悪感で約束を断る・・・、

 てな展開を考えていたのだが、一番現実的な、でも一番つまらないオチになってしまった。

 でも、この作品の魅力を損なわなかったけどね。

   ◇

 しかし、メンバーの同級生の女の子・大後寿々花は、可愛さに磨きがかかっている!!

   

 綾瀬嬢のおっぱいは拝めなかったが、寿々花さんのブルマ姿の太ももが眩しかった。

 おじさんはね、あのような華奢で細い、バネのような、両の内側に「えくぼ」のある太ももが大・大・大好きなんですよぉ~^^;

                          (2009/04/19)

   ◇   ◇   ◇

 (お詫び:2009/04/20)

   すいません、間違えました!!!

   大後寿々花は、中学時代の寺島先生を演じていたそうです。

   これは、美少女ハンターとして、とてつもない不覚です。

                          (2009/04/19)

コメント (1)   トラックバック (41)   この記事についてブログを書く
« [映画『マックス・ペイン』を... | トップ | [続・カンボジア「アンコール... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何故かこちらにコメ・・・ (KLY)
2009-04-21 00:46:04
蘭さんこんばんは^^
『マックス・ペイン』より先に『おっぱいバレー』をUPしたのでこちらにもコメを・・・(笑)

結構みなさん絶賛されているようですが、私にはちと物足りなさが残りました。
蘭さんが「意外とアッサリ」と評されている部分がどうにもちょっと。切り口として“おっぱい”がある割りに、あまり活かされておらず彼らの練習もいたってノーマルだったりするのが、期待はずれに感じてしまったようです。^^;

もっとも時代背景が蘭さんもだと思いますが、私もモロ被りですから、そのあたりは音楽含めてノスタルジックに楽しみました。^^
彼らじゃないですが、私、親に隠れて11PM見てそのまま寝ちゃったことがありまして。(笑)朝起こされてあせりまくったのを思い出しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

41 トラックバック

映画感想『おっぱいバレー』 青春だねぇ。。。 (レベル999のマニアな講義)
内容1979年戸畑第三中学に1人の女性教師が赴任してきた。寺嶋美香子(綾瀬はるか)は、以前いた学校で、事件が起きて生徒たちとの関わりに苦しんでいた。。。。それでも“今度こそは!”と意気込み、全校生徒の前で自己紹介。すると教師になったきっかけとなった、高...
おっぱいバレー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★[5/5] 「おっぱいばれ~、おとな一枚!」・・・噛まずに言えた。
★「おっぱいバレー」試写会♪ (・*:・ふわゆら生活・:*・)
試写会で「おっぱいバレー」観て来ました。■出演■綾瀬はるか青木崇高仲村トオル他赴任早々男子バレー部の顧問になった美香子先生(綾瀬はるか)。。練習なんてまったくしないでおっぱいのことばっかり考えてる連中だよ~っていうか~バレーをやったことがないって!!?...
映画「おっぱいバレー」を観ました!!(2009-7) (馬球1964)
映画「おっぱいバレー」を観ました!!2009年の第7作目です。久々の映画がこの題名、、、さてさて、、、。
おっぱいバレー なんてタイトルなんだ・・・(-_-;) (労組書記長社労士のブログ)
【 22 -6-】 大阪会の年金特別部会(実務コース)に今年は時間のやり繰りが付きそうなので参加することにした。 昨日がその第1回で「老齢年金」、会場に着いたら受験仲間で現在は宴会仲間であるTeam Daieiの中核をなすMさんを発見。 「もし寝てしまったら起こしてね{/m_...
勧めにくい…(映画/試写会:おっぱいバレー) (美味!な日々)
文字にするのも口に出すのも少々恥ずかしい題名の映画『おっぱいバレー』の試写会に行って来ました。
映画「おっぱいバレー」@ワーナー試写室 (masalaの辛口映画館)
 映画の話 赴任早々、廃部寸前の弱小男子バレーボール部の顧問になった女性教師・寺嶋美香子(綾瀬はるか)。ある日彼女は、やる気のない部員たちに、「試合に勝ったら、おっぱいを見せる」という、とんでもない約束をさせられてしまう。おっぱいを見るという目標に向か...
「おっぱいバレー」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「おっぱいバレー」公式サイト水野宗徳による実話を基にした同名小説を映画化。当日監督と綾瀬はるかの舞台挨拶がありました。僕の彼女はサイボーグの時より、彼女太った気が・・気のせい?現場では挨拶が「おはようおっぱい!」だったそうで。監...
おっぱいバレー (Thanksgiving Day)
映画「おっぱいバレー」を観てきました!! なかなか衝撃的な題名ですよね。 でもそんなにふざけた内容ではなく、笑いあり感動ありの楽しい映画でしたよ。 あ、こんなあらすじです。 ↓↓↓ 『1979年、北九州市の公立中学校。新任教師、美香子(綾瀬はるか)は赴任早...
西方凌 (西方凌)
西方凌の特集サイトです。
穂のか (穂のか)
穂のかのファンサイトです。
おっぱいバレー (ともやの映画大好きっ!)
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★☆☆) 水野宗徳原作。 実話を元にした同名小説を映像化した青春コメディ映画。 1979年、福岡県北九州市。戸畑第三中学に臨時採用された新米国語教師の寺嶋美香子(綾瀬はるか)は、赴任早々男子バレー部の顧問を任されることになる...
「おっぱいバレー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「おっぱいバレー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、田口浩正、市毛良枝、光石研、石田卓也、大後寿々花、福士誠治、木村遼希、高橋賢人、橘義尋、本庄正季、恵隆一郎、吉原拓弥、他 *監督:羽住英一...
劇場鑑賞「おっぱいバレー」 (日々“是”精進!)
おっぱいバレーオリジナル・サウンドトラック「おっぱいバレー」を鑑賞してきました実話を基にした水野宗徳の同名青春小説を「ハッピーフライト」の綾瀬はるか主演で映画化。70年代後半の中学校を舞台に、新任女性教師の成長と彼女のおっぱい見たさに見違えるように練習...
おっぱいバレー (Akira's VOICE)
目の前に夢があるから頑張れる!  
おっぱいバレー (はじめの日記)
[映画『おっぱいバレー』を観た(ブルマ太もも女子バレー^ ... ... 『お...
おっぱいバレー (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[おっぱいバレー] ブログ村キーワード 評価:8.5/10点満点 2009年36本目(34作品)です。 赴任した新しい中学校で廃部寸前の男子バレー部の顧問になった寺嶋美香子(綾瀬はるか)。 やる気のない素人同然の部員達に「試合に勝ったら何でもする」と宣言すると、「試合...
『おっぱいバレー』 (めでぃあみっくす)
ナイスおっぱい!そう言いたくなるほど楽しい映画でした。実話を基にした青春コメディとはいえ、笑えるだけでなく感動もさせてくれる、まさにお疲れ気味の日本にぴったりの元気映画。 私も中学生男子を経験してきた者として、これほどまでにおっぱいに対する憧れをきちん...
おっぱいバレー/綾瀬はるか、青木崇高 (カノンな日々)
このタイトルばかりが話題先行しちゃってるようですけど、確かに思春期の男の子にはインパクト大みたいで先日『ドロップ』を観に行ったときにこの映画の予告編がかかると、いかにもヤンキールックでの中学生男子たちがギャーギャーと大興奮していたのがとても面白かったで...
「おっぱいバレー」 実はノスタルジー映画 (はらやんの映画徒然草)
あまりにストレートなタイトルと予告を観ると、本作のストーリーがなんとなく想像でき
おっぱいバレー (あーうぃ だにぇっと)
監督: 羽住英一郎 キャスト 寺嶋美香子☆綾瀬はるか 堀内健次☆青木崇高 城和樹☆仲村トオル バレー部の先輩☆石田卓也 寺嶋美香子(中学時代)☆大後寿々花 美香子の元カレ☆福士誠治 戸畑第三中学校教頭☆光石研 竜王中学男子バレー部コーチ☆田口浩正...
「おっぱいバレー」プチレビュー (気ままな映画生活)
数か月前に、「おっぱいバレー」というタイトルの映画が 公開されるという情報を耳にして、いったんどんな映画?と ずっと気になっていた。 綾瀬はるか出演!?でまさか・・・ と思って見たら、以外な事に感動ものでした。 不覚にも涙もろい私は、涙腺がかなり刺激さ...
おっぱいバレー (LOVE Cinemas 調布)
インパクトのあるタイトルが特徴だが同名の小説が原作。なんとノンフィクションだそうです。主演は『ハッピーフライト』の綾瀬はるか。更に「海猿」シリーズの羽住英一郎が監督を務めています。同僚の教師役・青木崇高は現在公開中の『ニセ札』にも出演中。予告編で仲村ト...
「おっぱいバレー」 (みんなシネマいいのに!)
 予告編の仲村トオルのセリフ「ナイスおっぱい」が、あまりにもバカバカしいものの、
『おっぱいバレー』・・・「道程」そして「道標ない旅」 (SOARのパストラーレ♪)
ただただおバカなだけの映画だろうと予定に入れてなかったのだが、日頃お世話になってる映画ブロガー諸氏、特に私と世代の近い男性陣がまずまずの評価をされているので、ワーナーマイカルの千円の日を利用して観ることにした。
映画 【おっぱいバレー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「おっぱいバレー」 放送作家&脚本家・水野宗徳の実話を基にした同名青春小説の映画化。 おはなし: 赴任早々、廃部寸前の弱小男子バレーボール部の顧問になった女性教師・寺嶋美香子(綾瀬はるか)。ある日彼女は、「試合に一勝したらおっぱいを見せる」と...
おっぱいバレー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。羽住英一郎監督、綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、大後寿々花、福士誠治、光石研、田口浩正。子供たちの心に火をつけたのは「道程」ではなく、「おっぱい」というあられもない肉塊。確かにこの写真の角度から見ると豊かだ。夢見る文学少女が自ら...
おっぱいバレー ★★ (えいがのはこ。)
柚木「全然駄目!!結局、二時間待って綾瀬はるかのおっぱいが見れないなんてふざけてる!!」 楠本「見る前から予測可能でしょ!!主演・綾瀬はるかの時点で、おっぱいNGじゃん。」 柚木「大人の事情なんて聞きたくない!!なんで、少年の心を持った純粋な大人の...
所詮三次より二次だったか・・・ (HISASHI'S ver1.34)
             (ヽ三/) ))          __  ( i)))         /⌒  ⌒\ \  今日ついにあの話題の    ...
「おっぱいバレー」 (★ Shaberiba ★)
「おっぱい」への憧れ・・。しかと感じました(笑)
【101.5Kg】 「おっぱいバレー」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
皆さん、おはようございます。 せっかくの土曜日なのに、関東地方は雨ですねー。なんか、雨って、それだけで気が滅入っちゃう。この土日は、とくに予定もないし、映画でも観て、実家に戻ろうかなぁ、と思います。
『おっぱいバレー』シークレットライブ・舞台挨拶付き完成披露試写会@渋谷C.C.レモンホール (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、4/18公開『おっぱいバレー(OPV)会場は、渋谷C.C.レモンホール(旧渋谷公会堂)登壇するのは、綾瀬はるか、青木崇高、『LIMIT OF LOVE ...
「おっぱいバレー」見る事を夢見て目標へ向かってがんばる事を知った青春バレー (オールマイティにコメンテート)
「おっぱいバレー」は23歳の新任女性教師が赴任した学校のバレーボール部でやる気のない部員に勝ったら何でもするという約束に部員たちが「おっぱい見せてください」というとんでもない約束をさせられ部員たちが目の色を変えて猛練習して1勝を目指すストーリーである。...
おっぱいバレー (だらだら無気力ブログ)
実話を基にした同名青春小説を『海猿』シリーズや『銀色のシーズン』の 羽住英一郎監督が『ハッピーフライト』、『ICHI』の綾瀬はるかを主演で 映画化。70年代後半の九州の中学校を舞台に新任女性教師と弱小男子バレー ボール部の部員達が勝利を目指して奮闘する様を描...
おっぱいバレー (綾瀬はるかさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆綾瀬はるかさん(のつもり) 綾瀬はるかさんは、現在公開中の映画『おっぱいバレー』に寺嶋美香子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
ナツメロPV映画?『おっぱいバレー』 (水曜日のシネマ日記)
1979年の北九州を舞台に描かれた作品。中学校の弱小男子バレーボール部とその顧問になった新任女性教師の物語です。
映画 「おっぱいバレー」 (ようこそMr.G)
映画 「おっぱいバレー」
おっぱいバレー (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:日本 監 督:羽住英一郎 「試合
おっぱいバレー (単館系)
自分なら映画館でチケットを購入する際、そう言っちゃうよなぁ。 綾瀬はるかの噂のFカップが拝める?「おっぱいバレー」に主演! http://eiga.c...
「おっぱいバレー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
もっとコメディっぽいのかと思ったら、結構まじめなお話でした
羽住英一郎監督 「おっぱいバレー」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
「このタイトルでまさかの涙」のコピーに惹かれ劇場公開時に観たいと思ってた映画 タイトルがタイトルだもんで オッサンの自分が映画館に行くのは、ちょい恥ずかしくて観損なってしまってたのですが… やっとDVDで鑑賞しました(:^◇^A 公式サイト⇒http://www...