『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『009 RE:CYBORG(3D)』を観た]

2012-10-28 08:40:15 | 物語の感想
☆凄いや!

 アニメは、もう『ヱヴァ』だけで充分だと思っていたら、『まどか☆マギカ』で驚かされ、『アシュラ』で「これもありだな」と思い、ここにきて、またも凄いのを観せられた・・・。

 大概、『009』級のビッグタイトルだと、古くから知っている人の心の中には、「俺だったら、こうする!」みたいな構想があるもんだと考える(そんな考えで、私は、いきあたりばったりだが、小説「JOJO」を、このブログで書いている^^)。

 私にも「俺009」があった。

 そもそも、私、「009」は大好きで、サンデーコミックス(秋田書店)版も定期的に読み返すし、『超銀河伝説』も映画館で見たし(パンフもいまだに持っている)、そのテレビ放映では、クライマックスで犠牲になったハインリッヒの復活シーンがカットされていたのも覚えているし、こんなエントリーも残している。

   [『サイボーグ009』の映画と萬画(2009/01/09)]・・・クリック!

 だが、今回の作品は、私の「俺009」をはるかに凌駕するイマジネーションに溢れていた。

 果たして、石ノ森章太郎タッチかと言われると異なるのだろうが、その原形は残している作画のレベルは、現在のアニメでは最高位に位置すると思う。

 3D効果も抜群で、奥からの継ぎ目(段階)のない滑らかな立体感覚であった。

 それぞれのキャラが、それぞれ自立して動いている様が現代的で、原作晩期の、キャラ別短編連作のハードボイルドでアダルトな雰囲気を思い出す。

 アダルトといえば、「003」ことフランソワだろう。



 「009」の島村ジョーに下着姿で縋りつき、濃厚なキスをむさぼるシーンはエロかった。

 エロくて良かったが、本来のフランソワとは違うなぁ…、顔はローラみたいだったし、それはそれでいいんだけど、フランソワは、メーテルや和登サンと同じ、「永遠の美しき女」のイメージでもあるからなぁ。

 また、ギルモア博士の、全能ならざる故の「胡散臭さ」なども(特に初期の、00チームの「ブラックゴーストからの離脱篇」の時の、目の黒い頃の博士ね)、うまく作品に抽出されていた。

 原作版も、わりと初期の頃から、ベトナム戦争に突入せざるを得なくなったり、晩期のアダルトタッチと言い、現実の社会情勢への照らし合わせが行なわれているが、

 今回の作品も、アメリカの陰謀論や軍産複合体などと言う言葉が出てきて、石ノ森スピリッツに溢れていた。

 アクションシーンも、これでもかとリアルな空気感だ。

 00チームが、現代兵器に対し、必ずしも無敵でないのが、いいね。

 兵器の重厚さに対し、それぞれの00メンバーの能力の発現も、物語に則し、非常に効果的に配されている。

 かっこいいハゲの007(グレート)は、スパイ稼業ゆえ、アダルティーに地味に、

 006(張々湖)は、非常に有能なギルモアのエージェント的な活躍をし(その中華料理屋の登録商標の訴訟でギルモアと争っているそうだが^^;)、その能力は、全てを焼き尽くす。

 ジェロニモは、インパルスさえも伴なうパワーを発揮し、そのとき、身体にアメリカインディアンのタトゥーを浮かび上がらせる。

 001(イワン)は、無敵で不気味でちっこくて可愛い。

 004の能力は機能的だし、なんか暗い過去から解き放たれて、喋る喋る^^;

 今回は、しかし、DIOの「ザ・ワールド」的に活躍する009と、時を経て、いつしか009らと袂を分かっていた002(ジェット)の物語といえた。

   

 私は、成層圏を舞台にしたクライマックスでは、あの『地下帝国ヨミ編』の語り草のラストシーンが再現されるのかと思っていたよ^^;

 ただ、今回の物語、008(ピュンマ)が、その能力を全く発揮する機会が無かったのが、別に008に思い入れはないが、残念かなと・・・(続編は海洋物かな?)。

 と、思いきや、そつがない、なんと、作品の作り手は、アフリカの遺跡から発見された「天使の化石遺体」を物語に絡め、

 石ノ森が目指してやまなかった「最終章・天使篇」を醸してもくれるのだった。

 この「天使」のシークエンスだけは、ちょっと話が理解しにくく、観終えて後も、15%ほど疑問が残る。

 が、そこは、観る者に委ねているのだろうし、幻想的かつ哲学的な命題の提示は、石ノ森のポエティカルな面をうまく出していた。

 そして、エンディングの「ポエティカル」だが、そこは、009が刹那の「万能」を持ち、「奇跡」を起こすのだが、これは、映画『超銀河伝説』での、宇宙誕生の真理「ボルテックス」と同じだな。

 オリジナルの意思を継ぎ、更に、その上を目指したこの作品、是非、皆さん、見てくれ!

 かっちょいいぞ!!!^^v

                                           (2012/10/27)

コメント (2)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« [映画『アルゴ』を観た(短信)] | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
残念… (003フランソワーズ)
2012-11-03 18:40:56
私も見て来ました。
見応えある映像が次々に展開し、テンポが良く、緊張感が漲った作品でしたね。
音楽も質が高く、中でもイスタンブールでのBGMが印象的でした。
神、精神、死、歴史、文明をテーマとした点も中々に良かったです。
しかしながら、物語が最終局面に至るにつれ不可解な展開に…
とにかく「彼=神」は良いとして、白服の少女や女子校生は脳内仮想なの?
「脳内仮想=神の指紋・神のプログラム」という感じ?
また、アフリカの天使の死骸と月の天使の死骸の謎が丸っきり分からない。

結局、映画監督としてはこれは抽象的な作品なので「見る者が自由に勝手に解釈してくれれば良い」という感じなのかも。
う~ん、それじゃあ、駄目なんだけどなあ-と私は言いたいですね。
おまけにジョーの顔がどうにも良くない。(他のメンバーは皆良かったけど)
映画を公開する前に映画評論家や有識者に事前に作品を見てもらい、問題点を一つ一つ洗い出し、改めるところは改めて、じっくり練りあげていくというシステムをとればいいだろうにと思います。
そうすればアニメ史上に残る傑作作品となれたであろうに残念ですね。

でも「金損した。金返せや!」と言いたくなるほどではないですけどね。
とにかくアニメは日本の重要な輸出産業として育成拡大していかなければならないので頑張ってもらいたいものです。
003フランソワーズさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2012-11-04 09:29:22
私は割りと、あまりにもの瑕疵以外は、そのまま作品を受け取る点もあり、
神概念のあやふやさは、そんなもんだろうと受け取りました。
何よりも、009の原作(末期)自体が、「人間は、神の断片を理解できる程度の存在だよ」とのスタンスだったので、今回の作品のあやふやさが、原作を読んでモヤモヤさせられたときの気持ちを再現してくれたような気がして、よく出来ているなぁと感心した次第です。
それを私は、石ノ森作品の『ジュン』的な「ポエティカル」と表現してみました。

確かに、ジョーは影が薄い顔立ちですよね。
最後の叫びも激しさがない。
もともと、それでもモテる、むかつくヤツなんすよ^^;

ただ、私は、この作品を見てから、もう一回見たい衝動にかられているんですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

「009 RE:CYBORG」 (或る日の出来事)
2013年。超高層ビルを爆破する連続事件が世界中で起こっていた。ギルモア博士は、それぞれの故郷に帰っていたゼロゼロナンバーサイボーグ戦士たちに召集をかける。
「009 RE:CYBORG」(3D)みた。 (たいむのひとりごと)
故・石ノ森章太郎氏の未完作品『サイボーグ009』を神山健治監督が完全オリジナルストーリーで映画化。昨年10月に制作発表された時には「なんで009なの?」と思ったものだが、それはそれとして、現在に舞台を
『009/RE:CYBORG』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
最初にサイボーグ戦士たちのキャラクター・デザインを見た時はガッカリしたのだけれども、実際に見てみると一本の映画として楽しめるものになっていて、まずはメデタシメデタシ。 2013年、全世界に同時多発テロが勃発。 かつてない世界の危機に、ギルモア博士は世界各...
009 RE:CYBORG  監督/神山健治 (西京極 紫の館)
【声の出演】  宮野 真守(009/島村ジョー)  斎藤 千和(003/フランソワーズ・アルヌール)  小野 大輔(002/ジェット・リンク) 【ストーリー】 2013年、現代。世界中の大都市にある超高層ビルが次々と崩壊するという、同時多発爆破事件が発生。いつ、誰の意志で計....
009 RE:CYBORG (試写会) (風に吹かれて)
あなたにはどんな声が聞こえますか公式サイト http://009.ph9.jp10月27日公開監督・脚本: 神山健治2013年、世界中の大都市にある超高層ビルが次々と崩壊するという、同時多発爆破事件が
『009 RE:CYBORG』 「神々との闘い」との闘い (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『009 RE:CYBORG』の公式サイトに踊る惹句が胸に突き刺さる。  「終わらせなければ、始まらない。」  そうだろうか。終わらせなければ、始まらないのだろうか。そもそも終わらせ...
『009 RE:CYBORG (3D)』一応ネタバレ (まっきいのつれづれあれこれ)
石ノ森章太郎先生の最高傑作「サイボーグ009」 今年は石ノ森先生の遺作ともいえる
009 RE:CYBORG (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】(F) 最新アニメはCGを上手く使い映像だけはグレードアップ。
「009 RE:CYBORG」 「神」についての認識の曖昧さ (はらやんの映画徒然草)
石ノ森章太郎さんのあまりに有名な「サイボーグ009」の映画化です。 「009」と
「009 RE:CYBORG」(2012) (INUNEKO)
メモ。 神、巨大な翼を持つ天使の化石、永遠に三年間の高校生活を繰り返す記憶の無い主人公、長々と独りごちるキャラクターたち、川井憲次の劇伴、スカイウォーカーサウンドの音響…不在のキャラクター「彼」というのは途中降板した(どのタイミングでかはわからない…)...
009 RE:CYBORG (ダイターンクラッシュ!!)
2012年10月27日(土) 21:05~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1500円(レイトショー料金+3D料金メガネ持参) 『009 RE:CYBORG』公式サイト まず、3Dについて。そもそも、3D CGアニメーションで作られたそうなのだが、態々セルアニメのテイストにしている。その為、逆に3D...
009 RE:CYBORG/宮野真守 (カノンな日々)
『サイボーグ009』もう大好きなTVアニメでした。透明の下敷きに島村ジョーのイラストとかいっぱい描いた覚えがあります。初期のモノクロ時代のアニメは「懐かしのテレビアニメ特集 ...
009 RE:CYBORG (だらだら無気力ブログ!)
サイボーグ009なのに、ラストまで9人が一堂に勢揃いしないのはどうよ!?
009 RE:CYBORG (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「009 RE:CYBORG」監督:神山健治声の出演:玉川紗己子、小野大輔、斎藤千和、大川透、丹沢晃之、増岡太郎、吉野裕行、杉山紀彰、宮野真守、他配給:Production I.G、T・ジョイ概要:物語の ...
・・・「神」都合よくね?~「009 RE:CYBORG」~ (ペパーミントの魔術師)
これは、震災前に旅行で行った仙台駅のコインロッカー。 思わず写真撮った。 これがオリジナルの009のビジュアル。 随分変わっちゃったな~。 どうせなら全員ちゃんと特殊能力使いませう~。 特にピュンマそれだけかいっってツッコミいれたひとは私だけじゃないは...
「009 RE:CYBORG」 (大吉!)
<水曜日> (TOHOシネマズ・女性サービスデー・邦画・9時40分~) 西暦2013年2月26日。あの9人が、世界中から集結する。 終わらせなければ、始まらない。 世界の終わりと共に、新たなヒーローが生...
009 RE:CYBORG (銀幕大帝α)
2012年 日本 103分 SF/アクション 劇場公開(2012/10/27) 監督:神山健治 原作:石ノ森章太郎 脚本:神山健治 声の出演: 宮野真守:サイボーグ009:島村ジョー 小野大輔:サイボーグ002:ジェット・リンク役 斎藤千和:サイボーグ003:フランソワーズ・ア....
009 RE:CYBORG (いやいやえん)
ちょ、ジェットが別人じゃね?美形化しとる。ま、より人間らしく美形化は全員そうですけど。 でもやっぱり私のお気に入りは009ジョーなのでした。 レンタルする時「大人向け」と書いてあってちょっと一瞬ひるんだんだけど、やっぱり観ちゃいました。 サイボーグ...