『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』を観た]

2008-09-14 19:33:27 | 物語の感想
☆私は、「『ウルトラマン』派か、『仮面ライダー』派か?」と聞かれたら、子供の頃から、大の『ウルトラマン』派であった。

ただ、『ウルトラマン80』以降は、熱心なファンではなかった。

大人になって、平成のウルトラマンを見ようともしたが、どうも、特撮が気に食わなかった。

怪獣の質感の綺麗さが気になって楽しめなかった。

古いウルトラ怪獣は、なんかホント「怪獣の皮膚・肉」って感じだったのだが・・・。

それこそ、今回も出ているゲスラなんて、水が滴っていたもん。

息も臭そうな口だったし・・・。

・・・今回の映画は、昭和のウルトラマンと、平成のウルトラマンががっぷりと組んで戦うということで、楽しみにして、五歳の甥を連れて観に行った。

   ◇   ◇

最初は、新旧のウルトラマンが戦う舞台設定は異なるので、それをパラレルワールドとして、こちらに納得させるだけの物語展開を用意している。

しかし、そんなことは、子供たちには興味がない。

甥は、「マダ変身シナイノカ?」とやきもきしつつ何度も問うてきた。

私としても、別に、そんな理屈付けは必要ないのになあ、と思った。

早く、怪獣バトルロイヤルが見たかった。

・・・ただ、そんな、ややもったりした展開ながらも、昭和と平成の両ウルトラマンの橋渡し役である、平成の初代<ティガ>であるダイゴ(長野博)が、次第に追い詰められていく様は、ちょいと良かった。

昭和のウルトラマンの活躍にはノスタルジーを感じさせられたが、彼らよりは、私はダイゴに歳が近いこともあり、ノスタルジーとの相乗効果で、ちょいと涙腺がゆるんだ。

   ◇   ◇

・・・しかし、今回の怪獣のチョイスはどうなんだろう・・・?^^;

う~ん、ゲスラも、バンドンも、ヒッポリト星人も悪かないが(他の平成怪獣2匹はよく分からない)、もうちょい、華のあるセレクトはなかったのだろうか?

特に『帰ってきたウルトラマン』では、いかにも怪獣然とした怪獣が多かったのに、そこからの登場がなかったのは寂しい。

まあ、バンドンの、途方もない火球攻撃の連続には快哉を叫んだが・・・。

ヒッポリト星人お得意の「ブロンズ固め」が健在なのも良かった^^;

だが、後から出てくるキマイラの造詣の趣味の悪さたるや、私には理解が出来なかった。

その辺のCG処理された動きが良かっただけに、あの<首だけ怪獣>は頂けなかった。

タイラントのコンセプトを忠実に再現して欲しかった。

   ◇   ◇

・・・特撮は不味かった。

やはり、怪獣の造詣なんだよな~。

生物的な生活感からくる汚れみたいなものが全く描けていない。

セットの横浜の町も、広告看板までも忠実に再現されているが、・・・真新しい。

ウルトラマンが、あのようなクリーンなデザインだからといって、怪獣や舞台もそれに合わせられたら、ただの着ぐるみプロレス(別名「ウルトラファイト」)でしかないではないか!

何で、平成『ガメラ』があれだけやれたのに、『ウルトラマン』はあのレベルなんだろう?

いや、平成の『ゴジラ』レベルでも充分なんだけどね。

同じ円谷プロなのに、撮り方が全然違うよね。

ただ、最終決戦の8人のウルトラマンの動きはとても美しかった。

かなりスピーディーなので、もうちょいタメをもたせてくれたら、その動きに、見ているこちらは酔いしれたのだろうが・・・。

空飛ぶ巨大タイラント的なるモノに、ウルトラ兄弟が飛び交って戦う図こそが、私の求めているものだ。

   ◇   ◇

この作品のコンセプトは、見る人それぞれのウルトラマンの思い出を想起させることにあるそうだ。

・・・、・・・私のウルトラマンは、『タロウ』なのだが・・・。

私は、「バードン・イズ・最強」主義者である。

                        (2008/09/14)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [映画『パコと魔法の絵本』を... | トップ | [映画『ウォンテッド』を観た] »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (Brian)
2008-09-15 20:33:15
ついつい、『昭和ウルトラマン』に目線が集中してしまいました。
確かにパラレルワールドなんて、子供が理解できるわけないですよね。
しかもウルトラマンVS怪獣もなかなか出てこないし・・・。
ウルトラ兄弟による大空中戦は、昭和時代に無かったもので、楽しく観てました。
ラストに向けてのドタバタ感が惜しい気もしましたが、『ダンディ4』のかっこ良さでチャラにしましょうかね。(笑)

今度は『仮面ライダー』の競演を観たいかも?
Brianさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-09-15 21:02:21
いらっしゃいませ^^

>>ウルトラ兄弟による大空中戦は、昭和時代に無かったもので、楽しく観てました。

ええ! あれは格好良かったですね。

ウルトラ兄弟がピュンピュン飛び交う身軽さが良かったです。

そもそも、巨大ではあるけれど、ウルトラマンには重さは感じられませんものね。

でも、ガイアの登場時、ズシン! と土ぼこりが巻き上がるシーンは良かったです。

これからもよろしく!!
Unknown (ポンチョム)
2008-09-18 16:22:26
初めまして。
自分は、公開前から色々と黒い噂を聞いたり、公開された情報を見てがっかりしていたので、まあ予想通りと言えば予想通りの出来だったように思います。
ただ、実際に観て書き表せないほどの負の感情が湧いてきたのでYahooのレビューで徹底的にコキ下ろしておきました。
多くの方が「なぜゲスラ?」と言っていますが、初代ウルトラマンでゲスラが暴れ回ったのが今作の舞台となった横浜なのです。
数少ない「スタッフGJ!」と言いたいところです。
自分は、横浜が舞台と聞いたとき、「まさかゲスラで1本作るのか!?」と思いました。
ラストの「宇宙船 日本丸」ですが、自分はあの発想自体は嫌いではありません。
円谷作品は、やや理詰め過ぎるところがあるのでああいう勢い任せな部分があってもいいと思います。
ただ使いどころと言いますか、発想以外の部分がいけなかったのだと思います。
あのラストは、「シルバー仮面」の最終回の展開を思わせ、「リスペクト実相時昭雄」と言うことなのかと勝手に妄想しています。
ポンチョムさん♪ (ミッドナイト・蘭)
2008-09-18 19:34:40
いらっしゃいませ♪

ゲスラについては、そのような経緯があったのですね。

横浜市民の心にあった怪獣だったのですね。

私は、海系ならば、タッコングやぺスターが良かったかなあ。

ガマクジラでも良かったな。

で、大海洋活劇ならば燃えたかも・・・。

ヤフーのポンチョムさんのレビューは「mekemeke8286」名義かな?

「公開前から色々と黒い噂」はどういったことでしょうか?^^

教えてください。

これからもよろしく!
Unknown (ポンチョム)
2008-09-18 20:38:13
改めまして。
正確に言うと、いろいろな情報を総合的に判断してと言うことなのですが、具体的には
 1、「メビウス」終盤のパワーダウン
  「メビウス」終盤の脚本の酷さから鑑みて、あま  りいいものは出来ないのではという不安。
 2,円谷プロの経営状態
   1本作るたびに赤字、前作の興行収入さえ焼け   石に水、という状況で新作を作ろうと言う判断   はとても正常とは思えない。
 3、ウルトラ兄弟倶楽部と・・・
   前作のときには無かった謎の会員制サイト。
   しかも入会料が最低5千円からって・・・。
   「映画に出たければ金払え」とファンの足下を   見たようなサイトへの不信感。
   そして、この映画を作るに当たって円谷プロは   1銭もお金を出していないらしい・・・
といったある筋からの(具体的には言えませんが信に足るところです)情報や、各ホビー誌などの情報から判断しました。
Yahooのレビューはそれです。
ファンならツッコミ入れるかと思っていたところですが、自分以外入れてないので驚きました。
今後ともよろしくお願いします。
ポンチョムさん♪2 (ミッドナイト・蘭)
2008-09-18 21:07:20
ふむふむ・・・。

円谷プロって、経営が悪化しているのですか・・・。

だから、キマイラとの戦いはほとんど「アニメ」だったのですね。

最近、『それがVガンダムだ(ササキバラ・ゴウ著/銀河出版)』と言う本を読んだのですが、キマイラの如き悪趣味な敵が、バンダイの「現場」を知らない取締役の意向で作り出されていった経緯を知りました。

円谷プロもバンダイに飲まれていってるのでしょうか?
Unknown (ポンチョム)
2008-09-19 11:07:36
改めまして。
やはりそうなのだと思います。
バンダイが大きすぎるため、相手が強い態度で出られないのかもしれまませんが。
しかし、「おもちゃなどにより二次収入を得る」というビジネススタイルを確立したのがウルトラマンでありながら、それに一番苦しめられているのがウルトラマンというのはなんとも皮肉なものです(ライダーの半分以下らしいです)。

昨今のアニメシーンでも同じことが言えると思いますが、ファンが与えられた情報を甘受するだけの存在に成り下がっているような気がします。
今回の映画のレビューの中で、期待はずれだったというものがいくつかありましたが、前に書いたいくつかの情報と各誌の情報、前作までの情報を整理して判断すれば、到底期待できる内容でないことは分かるのではないかと思います。
先ほど書いたことと重複しますが、スポンサーが幅をきかせすぎているのも問題だと思います。
最近の作品は、本当にスタッフがやりたいことをやっているのか疑問な作品がほとんどです。
スタッフがやりたいことをやっている作品は、のびのびとしたスタッフがテレビ画面越しに見えてきます。
自分は、ここ10年の間では、そういった作品は「仮面ライダーアギト」と「いぬかみっ」(アニメ)の2つしか見たことがありません。
特撮も、アニメも、今後よりよい作品を生み出していくにはファン、製作者、スポンサーのそれぞれが考えなければいけないことがあるように感じます。
ポンチョムさん♪3 (ミッドナイト・蘭)
2008-09-19 21:51:34
ふむふむ。

実は、今日、仕事で浅草に行き、バンダイの本社の前を通ったのです。

色んなキャラクターの像が前に立っています。

ポンチョムさんの話や、『Vガンダム』の話を知り、バンダイを見る目が変わりました^^;

1/144のガンプラを300円で売っていた頃を、バンダイの方たちは思い出して欲しいですね~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

『大決戦!超ウルトラ8兄弟』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
一年近く前に製作決定の報を聞いてから、ずーっと観たい観たいと思い続けてきた作品、ようやく公開と相成りましたので早速初日に観てきちゃいました~。 「ウルトラ8兄弟」は、ウルトラマン、ウルトラセブン、ウルトラマンジャック(帰ってきたウルトラマン)、ウルト...
【映画評】大決戦!超ウルトラ8兄弟 (未完の映画評)
ウルトラマンティガ、ダイナ、ガイアが昭和ウルトラマンと共闘して横浜の街を守る劇場版ウルトラマン。
映画「 大決戦!超ウルトラ8兄弟 」鑑賞 (C級セールスマン講座)
冒頭、「 大決戦!超ウルトラ8兄弟 」のタイトルが出るまで、「 続・三丁目の夕日 」に勝るとも劣らない笑顔満開の演出で始まる!石坂浩二の名ナレーションに導かれた時、早くも「 感動した! 」( by. 小泉元総理 [ 笑 ] ) ラスト5分を迎えるまで、本年度の「 最...
大決戦!超ウルトラ8兄弟 (よろずな独り言)
 今日は水戸ホーリーホックのホームゲームの日。Jリーグ通算100勝の記念イベントもあるのでそちらに行こうと思っていたら,仮面ライダーキバを見ていたときに流れていた「大決戦!超ウルトラ8兄弟」のCMを見て,長女と二女が「パパ,今日はウルトラマンの映画に...
【98.0Kg】 「大決戦!超ウルトラ8兄弟」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
さてさて、今夜、3回目のブログ更新です。土曜日分です。ようやく追いつきましたねぇ。 {%笑いwebry%}
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』観た!! (K.I.S.S.M.E.-R.eX)
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』観てきました。 ネタバレを多分に含みますので、NGの方はご注意ください(あえて読むなとは言わない)。
【2008-213】大決戦!超ウルトラ8兄弟 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 超ウルトラ8兄弟が、 夢の大終結! 最強パワーで人類の平和を脅かす 極悪怪獣を迎え撃つ! この世界を、僕が守る すべての人の心の中に きっとウルトラマンはいる
【大決戦! 超ウルトラ8兄弟】 (日々のつぶやき)
監督:八木毅 出演:長野博、つるの剛士、五十嵐隼士、黒部進 甥っ子と約束していたウルトラマン観てきました~ 元々ヒーローものではウルトラマンが一番大好きな甥っ子、これは絶対に外せません。 「ダイゴ、アスカ、ガムの三人は子供の頃からの仲良し。小さい
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」世代を超えて集結したウルトラファミリーオールスターズ (オールマイティにコメンテート)
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」昭和の4大ウルトラマンと平成の4大ウルトラマンが次元を越えて集結し、かつて戦った怪獣&宇宙人と戦うストーリーである。ストーリー的にはかつての8大ウルトラマンのストーリーを融合して現代にそれぞれが存在するが、中には懐かしい人た...
大決戦!超ウルトラ8兄弟 (ネタバレ映画館)
変な顔してるくせになぜ強い?ヒッポリト星人
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
**************************** 数十年前の或る夏、横浜の街に暮らすマドカ・ダイゴ(青年期:長野博氏)、アスカ・シン(青年期:つるの剛士氏)、高山我夢(青年期:吉岡毅志氏)という3人の子供は、テレビの新番組「ウルトラマン」に出会...
大決戦!超ウルトラ8兄弟 (ダイターンクラッシュ!!)
9月24日(水) 21:55~ チネ8 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:600円 『大決戦!超ウルトラ8兄弟』公式サイト 8兄弟だと面子はどうなる? ゾフィー。マン。セブン。ジャック。エース。タロウ。 ウルトラ6兄弟と言われたな。 従兄弟かなんかだった...
大決戦!超ウルトラ8兄弟 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ピカデリー> 監督:八木毅 脚本:長谷川圭一 特技監督:八木毅 昭和41年7月17日。特撮テレビドラマ「ウルトラマン」の第一回の放送の日。少年ダイゴは、友達のアスカ、我夢とともにテレビの前で開始時間を待っていた。 あの時代にカラー...
映画感想『大決戦!超ウルトラ8兄弟』ドラマになっていますね。。。 (レベル999のマニアな講義)
内容そこは、怪獣などいない世界。当然、ウルトラマンなど子供の頃に見たTV番組。そんな世界に1人の男がいた。横浜の役所に勤めるダイゴ。ある日。出勤すると同僚達が窓に集まり外を見ていた。そこには、大きな蜃気楼が発生していた。。。。よく見ると、、、砂漠の街。...
ウルトラファン向けお祭り映画!「大決戦!超ウルトラ8兄弟」の感想 (パンポロリン!)
ただいま大ヒット公開中の映画「大決戦!超ウルトラ8兄弟」さっそく観ましたー。 今回は最新ウルトラマンであるメビウスも出てますけど、ティガ=ダイゴが主役なんですよね。ダイゴ役の長野博さんとは同世代でして、ティガも昔毎週見ていたので、見る前からかなり興奮...
大決戦!超ウルトラ8兄弟 【ネタバレ感想】 (不惑にして特撮に惑う)
ウルトラを愛する人の「IF(もしも)」を映像にした映画。 一昨年TVと映画で好評だった「ウルトラマンメビウス」では、昭和のウルトラ兄弟の世界観を継承したドラマを紡ぎ出したが、今回はその上にパラレルワールドという概念を使って、平成ウルトラシリーズ三作までも...
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」観賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
水のきらめき、平和な市井の情景、石坂浩二のナレーション・・・当時のTVは、スイッチを入れたらあんなにすぐに付かなかったとか(ポンパくんは別にして)、まだ白黒だった前夜祭からウルトラマンを観ていた世代には感慨深いものがあるだろう。平成ウルトラマンは、かつ...
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」 感想 (きゃんずぶろぐ)
「大決戦!超ウルトラ8兄弟」見ました~ 私自身はとても楽しめたのですが,子ども達が作品に入り込めたのかがちょっと心配です。 以下ネタバレあり。 長文です(^^; ...
大決戦!超ウルトラ8兄弟 観てきました(o|o) (君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく)
 ダイゴ 「そうか、今、はっきりわかった。七人の戦士、最後のひとり、それは僕だったんだ! この世界を、僕が守る!」{%キラリwebry%}
『大決戦!超ウルトラ8兄弟』@TOHOシネマズ (たーくん'sシネマカフェ)
無料ポイントですが「ウルトラマン」を映画館で鑑賞松竹の映画を東宝(TOHO)で観ることに(C)2008「大決戦!超ウルトラ8兄弟」製作委員会監督・特技監督:八木毅出演:長野博、つるの剛士、吉岡毅志、五十嵐隼士、     黒部進、森次晃嗣、団時朗、高峰圭二語り:石坂浩...
【映画】大決戦!超ウルトラ8兄弟…豪華になったけどメビウス(TV版)ほどのテンションは… (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
梅雨入りしたというのにずっと快晴だった先週。 今日は…割と天気良くないですね{/hiyoko_cloud/}…だからといって別に嬉しい事ではありませんが{/face_ase2/} 本日はこの後、娘の教書会ってのに出かける予定です{/dododo/} さて、ネタが溜まり過ぎて何から書いていい...