『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[マッチポンプ!!(前編:内容の濃くなる教科書)]

2012-03-30 23:59:06 | 保守の一考
☆重要な内容だが、いつもの如く、ハードスケジュールで、肉体的にも精神的にも疲れているので、覚書程度に記す。

   ◇

 「ゆとり教育」の終焉に伴い、来期からの教科書は「厚く」なる。

   《高校教科書検定 「震災」53冊「脱ゆとり」増ページ (産経 2012/03/27 22:14)》

 思えば、面白いもので、この「ゆとり教育」と言う制度の欠陥は、割り合いと早く現われて、すぐに政府は改正(安倍政権時)に乗り出せた。

 で、よく言われるのは、「これは自民党政権下で為された政策だ」とのこと。

 自民党と言うのは、それ自体が複数政党政治であり、一党の中に、右派から中道、左派まで揃っていた。

 その左派勢力が「ゆとり教育」に乗ったのだろう。

 「ゆとり教育」のスポークスマンには保守派もいたしね。

 だが、そもそもの「ゆとり教育」は、日教組の推進に始まる。

 日教組は、民主党のメイン支持組織である。

 本日の「増税議論に絡む日本新党の分裂」のニュースに関し、世にも悪相の輿石っちゅう民主党幹事長がコメントを出していたが、こやつが日教組政治家の頂点である。

 教職に就く者が「組合」ってのもおかしな話だが、支持政党を表明すると言うのも、まともな教師像ではないだろう・・・。

 民主党は、「『ゆとり教育』を自民党政権下の悪政」としたいのだろうが、自分らこそがそれを求めていたので、「痛し痒しのマッチポンプ」行為の何ものでもないことに歯がゆさを感じていることだろう・・・、それを改正しなくてはならないことにも・・・。

                                                    (2012/03/30)

コメント   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | [映画『センター・オブ・ジ・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

保守の一考」カテゴリの最新記事