『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『スウィーニー・トッド 』を観た]

2008-01-20 01:10:38 | 物語の感想
▼てな訳で、いつものMOVIX昭島に『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を、女子中学生と観に行きました。

ここで言う女子中学生とは、私が通勤中にすれ違う<佐藤寛子似>ではなくて、姪っ子である。

早朝にネット予約したのだが、職場の昼休憩に見たテレビCMで『スウィーニー・トッド』がR15指定だと知って、私は慌てて姪っ子に「大人っぽい格好をして来い」と電話しました。

その甲斐あって、苦もなく館内に入れました^^v

▼この場合のR15指定は、エロス描写ではなく、残酷描写の子供に与える影響を考慮してらしかったが、『ハリー・ポッター』のスネイプ先生役をしている、ダスティン・ホフマン化いちじるしいアラン・リックマンのファンの姪っ子が、『スウィーニー・トッド』を待望していたので、その気持ちを優先させた。

確かに残酷な描写。

復讐鬼と化したスウィーニー・トッドが、髭剃りで来店したお客さんの首をスカスカ切り裂いていくのは強烈だったが、それ以上に、客を座らせていた椅子が後方に傾き、床の穴にスルスルと落ちていき、2フロアー下の「厨房」の石畳に頭蓋骨から落ちていくのが痛かった・・・。

クビ筋をカットするシーンも合計で10人はいったか?

おまけに、ご丁寧に、石畳に頭を打ちつけるシーンもセットであった。

「厨房」に落とされた死体は、相棒となる女に調理され、「ミートパイ」としてお客さんに提供されるのだ。

こうして、最初に書いてしまうと強烈な話のように思えようが、そんなことはない。

『ダンス・ウィズ・ウルブス』に、バッファロー狩りのシーンがなくても充分、作品として面白いだろう事と同義で、『スウィーニー・トッド』にも、これらの残酷なシーンがなくても(それらの直接的な描写がなくても)、作品として充分面白かったと思うのだ。

変に残酷描写を念入りにしてしまったばっかりに、R15指定をされてしまい興業的に損をしてしまったのではないだろうか?

▼『超映画批評(http://movie.maeda-y.com/movie/01032.htm)』の前田有一氏が、
  「シザー・ハンズの昔からやってる事はまったく一緒」
と記していたが、私は、ティム・バートン監督は、「一つの事しかできない監督」と思っている。

ティム・バートン監督が延々と語っているのは、「異端者の心の孤独」である。

私の最も好きなバートン作品の一つに『バットマン・リターンズ』があるが、面白い面白いと見ていて、ふと我に返って思うと、バットマン・キャットウーマン・ペンギンの三人のキチガイ(社会からの爪弾き者)の傷の舐め合いにしか過ぎないのである。

それでも、その不器用さに、私などは共感を覚えるのである。

かつて、フランシス・コッポラが、「最も才能を感じる監督は?」と聞かれ、バートンの名前を挙げていた。

私は、バートン作品を注目して観ていたが、同じテーマの繰り返しに少々飽きて、ここ十年ほどは離れていた。

だから、今回の『スウィーニー・トッド』は、新鮮に楽しんで見た。

▼話はシンプル。

無実の罪で投獄(島流し)された理髪師が、ロンドンに舞い戻り、妻と娘を奪った判事に復讐するのである。

復讐方法は、自分の客として呼び、カミソリでそのクビを掻っ切るのである。

しかし、一度チャンスを逃し、途方にくれたスウィーニーは、やはり、客の首を掻っ切り、その肉をミートパイの具として、相棒の女の食堂の客に提供し稼ぎとし、判事を殺すチャンスを窺うのである。

娘は判事によって幽閉されており、それを助けようとする若者の話や、ライバル理髪師の奴隷のように働かされていた小僧の話、物乞いの女の話などを絡めて、そして、元舞台のミュージカル劇だったらしく、それらの登場人物がうまくエンディングに集約されていく。

全ての映画がミュージカルならば嫌だが、私は時おり観るミュージカルにはとても感激させられることが多く、この作品のケレン味たっぷりのサウンドにも胸がわくわくさせられた。

そして、やはり、バートン独特のモノクロチックな映像と、ゴシックな美術にも酔った。

私は満足した。

姪っ子も満足していた。

ただ、私は、立て続けにバートン作品を三本くらい観たら、お腹いっぱいになってしまうだろう。

また、10年くらい経ったら、新作を観よう。

同じテーマを、最新の映像で魅せてくれるはずだ。

▼バートン作品に寄り添うダニー・エルフマンの音楽は、今作品にはないようだった。

元々がブロードウェイのミュージカルなので、原曲があったのだろう。

私は、そのダイナミックで一つ一つの音が活きる楽曲にダニー・エルフマンらしさを感じたのだが、編曲などでの参加もしていないようだった。

バートン監督は、そのテーマ性とともに、そのエルフマンらしい音楽性に、このミュージカルの映画化を待望していたのかも知れない。

                        (2008/01/20)

コメント (4)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (くまんちゅう)
2008-01-20 11:59:57
お返しが届かないのでコメントします。
バートン作品は結構好きなんですが、チャリチョコとエイプスはイマイチ楽しめなかったです。
明るい物よりダークな作品が好きですね、スリーピーホロウとかナイトメアビフォアクリスマスとか、今回の雰囲気も結構気に入りました。
バットマンリターンズ (月夜)
2008-01-20 13:26:38
バットマンシリーズの中でも特に好きです
私は、全編にそれぞれのヒーロー、アンチヒーローの悲しみを感じます
道化に悲しみを感じます
くまんちゅうさんへ (ミッドナイト・蘭)
2008-01-20 21:17:50
くまんちゅうさんのブログの会社と、Gooは相性が悪いのでしょうかね?

私は、『シザーハンズ』が好きかな?
評判の悪いウィノナ・ライダーの金髪ですが、私には美しく見えた。
ダイアン・ウィーストも可愛いおばさんで良かった。

思えば、私がこの10年、バートン作品を見なかったのは、経済的に苦しかったからなのです。
映画自体をあまり見なかったのですね^^;
月夜さんへ (ミッドナイト・蘭)
2008-01-20 21:25:08
どうしても、私は、バットマンやキャットウーマン、ペンギンの滑稽さに、自分を重ねてしまうのです^^;

やっぱ、バートンは優しいですね。
異端者をあんなに格好良く描けるんだから。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

52 トラックバック

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師/ SWEENEY TODD (我想一個人映画美的女人blog)
ティム・バートン×ジョニー・デップ 6度目となるコンビ最新作{/ee_1/}はミュージカル{/ee_2/} "スウィーニートッド"はイギリスで150年以上も語り継がれ、 これまでにも何度か舞台やミュージカル、映画、小説の題材になっている殺人鬼の物語を映画化したもの。 199...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) ブロードウェイ・ミュージカルの巨匠であるスティーヴン・ソンドハイムとヒュー・ウィーラーが手掛けた同名舞台を映画化。 19世紀のロンドン。フリート街で...
海賊から転職!? スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (風我)
“いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。” 2008年のジョニー・デップは・・・悪魔の理髪師!? 舞台はイギリス、19世紀―。悪徳判事の陰謀により、無実の罪で投獄され、妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)。やがて彼は、名も姿も変えてロンドンの...
劇場鑑賞「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」 (日々“是”精進!)
「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」を鑑賞してきましたティム・バートン監督が盟友ジョニー・デップと6度目のコンビを組み、同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。19世紀のロンドンを舞台に、無実の罪を着せられ、愛する者を奪われた理髪師の復讐...
感想/スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(試写) (EDITOREAL)
ジョニデ、唄うのか! 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』1月19日公開。美しい妻と娘と暮らしていたベンジャミンは、その妻を見初めた悪徳判事の謀略により無実の罪で投獄される。15年後、脱獄した彼はスウィーニー・トッドと名乗り、かつてと同じ場所で...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニ...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (Sweet*Days**)
監督:ティム・バートン CAST:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボトム=パーカー、アラン・リックマン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞 ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
あるいは、 笑わない男vs.顔の固まった少年 イギリスの劇作家ジョージ・D.ピット原作、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演。何度も映画化され、ブロードウェー・ミュージカルにもなっている。映像は赤と黒が基調。赤は血、黒は陰惨。けれど、これはコメディ・...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿ら...
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (happy♪ happy♪♪)
舞台は19世紀の英国・ロンドン。 無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、 名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。 15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、 殺人理髪師スウィーニー・トッド。 胸には復讐、目には狂気、手にはカ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 Sweeney Todd (いい加減社長の日記)
ゴールデン・グローブ賞を受賞した作品、ということで、観ておかないと。 それにジョニー・デップだし、という「スウィーニー・トッド 」。 「UCとしまえん 」は、それなりの人出。 「スウィーニー・トッド 」は、大きめのスクリーンで2~3割。 ま、こん...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」みた。 (たいむのひとりごと)
包丁もカッターもカミソリも使うケド、少しばかり刃物恐怖症&先端恐怖症の気がある。幼きころのトラウマ。痛さと出血を知ってるからなんだろうなぁ。・・ということで、怖いもの見たさのみでの鑑賞。けれど喉元がな
[Review] スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (Diary of Cyber)
史上最強と言っても過言ではない、ティム・バートン監督と名優ジョニー・デップのコラボレーション。これまでもダークなのに不快感がほとんど無く、且つコミカルにキャラクターが躍動する映画はいくつかありますが、この作品はその真骨頂と言えるのかもしれません。 第56...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (ラムの大通り)
(原題:Sweeney Todd THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) -----この映画って、ミュージカルなんでしょ。 ティム・バートンにしては少し珍しくニャい? 「そうだね。 でも、その内容からしてバートン向き。 確かに“歌”はあるものの、 そのベースはサイレント期のユニ...
「スウィーニー・トッド」:有明二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}この辺りって、倉庫街ばかりだと思ったら、こんな立派なマンションができてるのね。 {/kaeru_en4/}時代の変化だよ。時がたてば、街は変わり、人も変わる。 {/hiyo_en2/}街は変わらないのに、人が変わったのが「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪...
★スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007)★ (CinemaCollection)
SWEENEYTODD:THEDEMONBARBEROFFLEETSTREETいらっっしゃいませ、そして永遠にさようなら製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/01/19ジャンルサスペンス/犯罪/ミュージカル【解説】おなじみとなったジョニー・デップとティム・バートンの名コンビが贈....
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 (Akira's VOICE)
ゾクッとしてワクワク。 そして涙。
スウィーニー・トッド/血の罪は、血でないとあがなえないのか。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
ただの、ブラックユーモアやティム式のシュールな復讐劇だと思っては観ていていけませんよ。ちゃんと、人間のお勉強しましょうね!
「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」公式サイト首スパッ! 血じゃばじゃば~~。これを歌いながら 何人も!結構ヘビーと聞いてたので 席も後ろめに座ってみたけど・・いやあ期待を裏切らない(?)ティム・バートンやりたい放題...
スウィーニー・トッド -フリート街の悪魔の理髪師-(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
一昨日に引き続きスウィーニーネタです。 ネタバレと書いちゃいますが、これミュージカルでやってるから内容知ってる人も多いんですよね(汗) ところで皆様は「美容師」と「理容師」の違いってご存知?
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (クマの巣)
「デリカテッセン」+「ムーラン・ルージュ」みたいなのかな~、と思って「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」観ました。 さて、ともかく「チャリーとチョコレート工場」や「パイレーツ・オブ・カ
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (八ちゃんの日常空間)
だから、八ちゃんはスプラッターが、ダメなんだってば!
映画 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化。監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン。19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名...
★「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (ひらりん的映画ブログ)
この映画の公開があるから、今月のひらりんは「ジョニデ祭り」開催中だったんです。 ここんとこ、DVD見る暇なくて、お祭りも息切れ気味だったけど。
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、他 *監督:ティム・バートン ...
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」に関するトラックバックを募集しています。
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (映画鑑賞★日記・・・)
【SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET】R-152008/01/19公開(01/19鑑賞)製作国:アメリカ 監督:ティム・バートン原作:スティーヴン・ソンドハイム、ヒュー・ウィーラー出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (スーパーヅカン)
原題: SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET 公開年度: 2008年 監督: ティム・バートン 上映時間: 117分 キャスト:ジョニー・デップ(スウィーニー・トッド)、ヘレナ・ボナム=カーター(ミセス・ラベット)、アラン・リックマン(ターピン判事)、...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  届かぬ愛にあえぐ残酷美  
スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師 (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。■ストーリー19世紀のロンドン、フリート街で理髪店を営んでいたベンジャミン・バーカーは、美しい妻をもつ悪徳判事タービンに嫉妬をもたれていた。やがて、無実の罪を着せられて投獄させられる。15年後、脱獄した彼は”...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
悪魔の理髪店へようこそ!・・・切れすぎるカミソリと、大量の血しぶきと、香ばしいパイの匂いを携えて__。さて、スウィーニーのカミソリの餌食にならないのは、誰? 19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営んでいたベンジャミン・バーカーの幸せの日々は、ある...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 SWEENEYTODD:T... (映画に恋してる)
この街に残る思い出はつらすぎる。深く立ち込める霧がたとえすべてを塗りつぶしたとしても時間は戻せない。15年ぶりに降り立ったロンドン。長く苦しい月日は彼のすべてを変えてしまった。誰も彼だと気づく人はいないだろう。幸せにあふれていたまるで咲き乱れる花のよう...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (そーれりぽーと)
待望の『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』をロードショー当日に観てきました。 が、気合を入れすぎて、記事書くのにえらい時間がかかりましたw ★★★★★ 2008年もまだ始まったばかりだというのに、今年はこの映画を上回る映画はあるんだろうか。 舞...
■人肉ミートパイいかがですか?~ジョニーデップ&ティムバートンのスウィーニートッド (AKATUKI DESIGN)
先週末にジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督の”スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師”を見てきました。 これは、有名なミュージカルの映画化で私は原作を良く知らないのですけど、恐らくストーリーには特別な味付けはしていないのではと思います。...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』鑑賞 (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』鑑賞レビュー! 原題::::SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET 2007年 アメリカ 全米公開::::2007年12月21日 日本公開日::::2008年1月19日(土) 上映時間::::117min...
「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」 (GOOD☆NEWS)
「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました。映画の公開日の1月19日に毎日放送「知っとこ」と言うTV番組で、オセロの松嶋さんがジョニーにインタビューしていたのを放送していました。ジョニーが来日する度に松嶋さんがインタビューすると言....
2008-02『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のMOVIE 映画を鑑賞しました。秊 2008-02『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(更新:2008/01/26) 評価:★★★★☆ そこは、二度と出られない悪魔の理髪...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (future world)
待ちに待ったティム・バートン&ジョニー・デップの最新作、 期待通りの世界観に大満足です。 バートン監督ならではの映像~ まずはタイトルバックから、毒々しくも洗練されたエキセントリックな匂い。 ロンドンの街並み・劇中シーンはダークな色彩で、とりわけ血...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 (Good job M)
公開日 2008/1/19監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン 他【あらすじ】19世紀のロンドン。美しい妻と子に囲まれ、幸福に暮らしていた理髪師のベンジャミン・パーカーは、彼の幸せを妬んだ悪徳判事ターピンによっ....
【2008-12】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 忘れるものか 許すものか スウィーニーが来る! いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。
「スウィーニー・トッド」 (大吉。)
<木曜日> 「スウィーニートッド・フリート街の悪魔の理髪師」を観て来ました。ポイントが溜まっていたので、無料で鑑賞。 19世紀の英国ロンドン。15年前、無実の罪で投獄され妻も娘も奪われた男が、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。スウィーニー・トッドと名...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  / Sweeney Todd:The Demon Barber (2008)」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】2008年1月19日(土)公開 ...
SWEENEY TODD THE DEMON BAREBER OF FLEET STREET (銅版画制作の日々)
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。   1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルです...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」□監督 ティム・バートン □原作 ヒュー・ウィーラー □脚本 ジョン・ローガン □キャスト ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシ...
【映画】スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師…普通に悪趣味 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/}もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。 一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子{/face_ikari/}。しかもgooブログの方いくつかで同時多発な状況{/face_ikari/}。 短時間でたくさんのトラックバックをg...
狂気に果てた、哀れな男 (MARGARETの徒然草~DiamondDiva~)
猟奇ものはどうなのだろうと思ったが、徐々にあぁ、そういう作品か。と、いうことになりました。『パイレーツ・オブ・カリビアン』からのジョニーファンはショックかもしれない、猟奇もの。ウチの母がそうだった。血の量は多く、グロテスク。しかしそれよりも、ジョニー・...
愛と狂気と人肉パイ (Ondul Blog ver.β)
『スウィーニー・トッド』感想 @2008.1.26 理髪師にして殺人鬼(復讐鬼)。 不謹慎ながら「これほど相性の良いものがあるだろうか!」と真っ先に思ってしまいました。手には研磨された鋭い切れ味のカミソリ。客は何もしなくても自分から急所の喉下を晒してくれる。「さ...
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師<ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。今回は大きくネタバレ有りの為、要注意オープニングからいきなり 血が流れ出して進んでいくのがもうかなり おえっぷでやんす~( ̄ω ̄;)そしてミンチ製造機。。。 おぉぉぉ ヤバイ かなり怖い妻子と幸せに暮らしてい...
真・映画日記(1)『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 (          )
JUGEMテーマ:映画 1月19日(土)◆690日目◆ 映画の紹介感想だけを書く。 実写映画では『チャーリーとチョコレート工場』以来の2年4ヶ月ぶりの作品。 主演のジョニー・デップはアニメ映画『コープス・ブライド』を含め6度目のティム・バートン作品出演。 他、『...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」試写会観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、エドワード・サンダース、ジャミー・キャンベル・ボーウェン...
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた・・・。感想ハサミ男からカ...
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」フリート街にあったもの (ノルウェー暮らし・イン・London)
ゆかりの地を訪ねてシリーズ(勝手に命名)第2弾は、ジョニー・デップとティム・バートンの「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 随分前に見ていながら、まだレビューを書いていなかった。 ホラー好きなパパンですら、「絶対に見たくない!」と言い張るこ...