『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『ブラック・スワン』を観た(短信)]

2011-06-05 22:49:31 | 物語の感想
☆遅ればせながら観て来ました。

 評価の高かった『レスラー』の監督の、これまた評判のいい最新作だ。

 『レスラー』では、一人のプロレスラーのかつての栄光と、その後の悲哀を見事に描ききっていた。

 今回は、クラシックバレエの世界を舞台に、「白鳥の湖」のプリマドンナに抜擢された主人公の、栄光への想いと、周囲との関係から生まれる強迫観念の世界が描かれる。

 似ているようで、少しテーマ性がずらされているが、主人公ニナの周囲には、「レスラー」でも見せられた、過去に縋る人々たちが垣間見られる。

 女性特有の神経質な世界が丹念に描かれているので、私にはそれ程グッとくるものがなかった。

 そもそも、この映画を見るのが遅れたのは、モダンバレエをやっている姪っ子と見たかったからなのだが、姪っ子は夢中で見ていた。

 母親の束縛や、ライバルへの恐怖心、主演の圧迫感、性への嫌悪・・・、色々と考えさせられることもあったのかも・・・、見終えて、かなり衝撃を受けていたようだ。

 また、私には「一瞬にきらめく箇所はあれど、ただのギスギス女」にしか見えない主演のナタリー・ポートマンが、姪っ子には、やたらと美しく見えたようだ。

 また、ナタリー・ポートマンの、専業ではないにもかかわらずの踊りに感心していたが、バストアップのカットの多用と、そこから聞こえてくるステップの遅さも見抜いていたのが、姪っ子、なかなか凄い^^

 そして、クライマックスには、ちょいと泣いていたようだ。

 主人公ニナの「完璧」の成就の姿を見たからだそうだ。

 私は、ダーレン・アロノフスキー監督の、やたらと「痛い描写(物理的に)」の数々に、とてもとても、作品に美しさを見い出せなかった。

 悪くはないが、佳作程度の認識だ。

 また、この監督、これから先も、この演出を続けていくのかな?

 そのうち、飽きられてしまうような、・・・いや、数年の一度の定番として固定客がつくのかな。

                                                      (2011/06/05)

コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« [東日本大震災/福島での私の... | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2011-06-06 23:56:36
姪御さんがいくつか存じ上げませんが、バレエが上手くなるためにはオ○ニーだ! というのは革命的なストーリーテーリングだ
ふじき78さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-06-09 21:28:58
返信が遅れてごめんなさい^^

つい先日、フィギュアの浅田マオちゃんに、コント赤信号の石井さんが「男を知れば、もっとうまくなる」とか何とか言って物議を醸したそうですが、それを思い出されました。

マオちゃんが、心の中で、「とっくに知ってらぁ!」とか毒づいていたらショック!!^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事