『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[素晴らしい本『放射線のひみつ』(1)]

2011-06-20 22:36:53 | 保守の一考
☆一昨日の産経新聞の書評で知って、昨日、立川の大きな本屋に行って購入した。

 

 内容は、私がこれまで、繰り返し繰り返し語ってきた、「今回の原発事故での一般人居住地での放射能は、何ら国民の健康を害すものではない」という事が、

 一時期流行ったイラスト重視の自己啓発本のような、心にストンとはまる、分かりやすい体裁で書かれている。

 そもそもが、この本の内容は、素人の私でも、新聞などで、そこで記されている数値から理解できる内容程度でしかない。

 しかし、東大病院の放射線科の医師が、非常に丁寧に、おバカさんにも分かりやすく一冊の本にしてくれたのは嬉しかった。

 この本、何よりも、反原発で動いているだろう左翼新聞・朝日新聞系列の出版社から発売されている。

 おそらく、当初の目論みは、稲恭宏博士の主張を粉砕する意味で、その世界の力関係は分からないが、同じ放射線治療の現場から稲博士の批判を試みようとしたのではなかろうか?

 確かに、稲博士はエキセントリックだが、誰かが「安全」のお墨付きを断言しなければ、今回の「ヒステリックな放射能風評被害」は収まらなかったはずだ(収まっていないが・・・)。

 だが、中川恵一(東大病院 放射線科准教授)先生の記した『放射線のひみつ』の内容は、どちらかというと、慎重ではあるが、稲博士の主張に遠くなかった。

 そして、朝日出版社は、良心に基づき、刊行したわけだな!

 それには敬意を表する!

 ・・・と、ここまで書いて、試しに調べたら、朝日出版は朝日新聞系列ではないみたいだ^^;

 まあ、いいや^^;

 で、「この本がどんなにか正しく、良心的か読んでみたまえ!」と言っても、

 放射能の恐怖に、マゾ奴隷のように怯えることを愉しんでいる・・・、

 あるいは、勝手に自分を安全圏において、福島の人々を貶めて愉悦に浸っているヤカラに「読め!」と言っても読まないだろうから、私が、ちょっとづつ、その内容を書いていきたい^^

 今回は、前口上だ。

 ・・・日本は歴史上最も完成された国家である。

 パーフェクトな状態が続くと、そこに住む人間の精神は「倦む」。

 精神が「倦む」と、人は、アブノーマルな現象を引き寄せて愉しむ。

 今回の原発事故に対しての、「ヒステリー」をエンジョイするメンタリティもそうだ。

 そう、例えば、恋愛成就の末のセックスも、それが常態と化すと、アブノーマルに至る。

 民主党政権は、アブノーマルな帰結の最大級のものだ。

 ・・・トマス・モアの「ユートピア」は非常に笑えて面白い。

 例えば、ユートピア島では、金(キン)に価値を見い出し争うのは良くないので、確か、金(キン)を便器の材料に使ったりするエピソードが出てきたのを覚えている。

 これは、価値の高いものに魅力を感じ、それを手にして優越を得る、と言う感性を排す意味なのだ。

 そういった意味で、本来、「ユートピア」とは「どこにもない」という意味なのだが、

 日本においては、平和ボケの最大級の帰結の中で、痴呆やキチガイに政権を委ねることに不自然を感じなくなってしまった。

 菅や鳩山に国政を任せている現状がまさにそうだ(小沢は悪だが、バカではない)。

 「どこにもない」はずのものが、日本にはリアルに現出してしまっている。

 ユートピア島は、現世と独立した空想の世界であった。

 しかし、日本には、近接する周囲の国がある。

 周囲の国は、日本を虎視眈々と狙っている。

 痴呆やキチガイに国は任せてはおけないし、

 禁煙や飲酒よりも害の少ない今回の原発事故の放射能で、「ヒステリー」と言う「思考停止」の安楽に、多くの日本人を置いておくつもりはない。

 故に、『放射線のひみつ』を紹介する中で、怠惰な日本人を急かしていこうと思う。

放射線のひみつ
クリエーター情報なし
朝日出版社

                                                       (2011/06/20)
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
« [遅ればせながら、映画『阪急... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

保守の一考」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事