『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『仏陀再誕』を観た]

2009-10-21 01:40:12 | 物語の感想
☆<幸福の科学>の映画である^^;

 普通なら敬遠するのだが、予告編での、そのなかなかの映像のクオリティや、声優陣の豪華さに惹かれて、「あるいは良作?」の思いもあり観てきた^^;

 ・・・前回の選挙で、<幸福の科学>は国政に打って出た。

 雑誌『正論』で、保守派の中村黎氏が、「誤解を受けるかもしれないが」の前置きをしつつ、その選挙戦での手法の真っ当さを肯定していた。

 私も、ラジオで聞く、幸福実現党のCMを聞き、その政策や理念を「直球」で訴える姿勢に、ちょいと感心したものだ。

   ◇

 それはさておき、この映画、思ったより面白かったが、思ったよりつまらなかった。

 そのつまらなさは、先に見た『ATOM』とどっこいどっこいだった。

 ただ、『ATOM』が、表現に古く、ドラマツルギーにおいては破綻がなく、作品として評価できるのに対し、

 『仏陀再誕』は、そのドラマ性において、崩壊していた。

   ◇

 物語は、学校新聞の記者・天河小夜子が、現世を徘徊する霊の姿が見えるようになり、

 その原因を、テレビで見た、「仏陀の再来」と称す創価学会の池田大作会長への取材をする中で明らかにしようとする。

 しかし、小夜子の元カレのユウキが、「アイツは危険だ!」と、自分らの属する宗教団体<幸福の科学>の大川隆法こそが「仏陀の生まれ変わりなんだ!」と言い、

 日本掌握を目論む池田大作と大川隆法の、闇と光の戦いが始まるのだった・・・。

   ◇

 ドラマが崩壊しているのは、そのテーマが、長々と抽象的で、全てを、言葉においてだけでも詰め込もうとしているからだ。

 小夜子やユウキの、物語的な成長を通して、テーマが語られるのならば、こちらも俄然ノリノリで観られるのだろうが、

 物語と全く有機的なつながりがなく、主人公たちとの問答もなく、一方的に大川隆法が記憶に残らない能書きを垂れまくるだけなのである^^;

 講演会ノリである^^

 もう、チャンスとばかりに、エンディングテーマ「悟りにチャレンジ!」にまでも、多くの情報(教義)を詰め込む姿勢に、

 そのエンディングテーマが今風のスローバラードであるが故に、悲しさもひとしおだ^^;

   ◇

 主人公の女の子は可愛いけど、他のキャラクターともども、あまり個性が感じられなかった。

 ただ、色んなファッションに身を包むので、そこでかろうじて、ちょっとだけ萌える^^;

 似たキャラクターデザインの『チョコレート・アンダーグラウンド』のキャラにも、いまいち無個性を感じたが、それ以上である。

 元カレ役のユウキも、『BLEACH』の主人公の<もどき>みたいだった。

 池田大作や大川隆法の絵柄は、『北斗の拳』と言うよりも、アニメとしての絵柄劣化の『蒼天の拳』レベルのラオウやトキのようであった。

 お目当ての三石琴乃演じる女優・マリも、『蒼天の拳』レベルの作画であった^^;

 ただ、魅力的に見れないこともない。

 この人だけが、女優業を続けていく上で、具体的な苦悩を抱き、作中、大川隆法に救われたようだからだ・・・。

 そのような、判定の難しい雰囲気が、作品全般に漂う。

 なお、マリの女優業苦難のエピソードは、<幸福の科学>による、創価学会系芸能人への批判を示していよう。

   ◇

 池田大作の野望は、東京を襲うUFOの大群と、メディア占拠の中での日本全土への大津波と続く。

 その二つの、あまり面白くないスペクタクル映像を見て、飽きていた私は、「さあ、これにてエンディングだ^^」と思ったら、更に「ミッション」が続くので、ややゲンナリした。

 大川仏陀と対決する最後の大ボスの正体がダイバダッタなら面白いのに…、などと思いつつも、当然そんなことはなく、なおも大川隆法は一方的な説教を続け、物語は終わる・・・。

 最後のほうの、天使を従えた、大川仏陀の曼荼羅映像には苦笑し、

 毒にも薬にもならない「空気映画」を見てしまった後悔が募った・・・。

 ・・・長い映画であった。

                                     (2009/10/21)

コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | [映画『私の中のあなた』を観た] »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

5 トラックバック

『仏陀再誕』(石山タカ明監督/09年) (たいようの映画の感想)
大スケール&超スペクタクル目白押しで満腹確実 普通の感覚では絶対観れない「ちょっとすごい」映画  いまさら説明する必要はないのか...
仏陀再誕 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。幸福の科学の大川隆法総裁原作、石山タカ明監督。声の出演:子安武人、小清水亜美、吉野裕行、白石涼子、置鮎龍太郎。首都圏限定のオカルト&ホラー&パニック・アニメ。再誕した仏陀・空野太陽の現代風イケメンぶりに微笑。
UFOから光 (もののはじめblog)
きのうのテレビで「化粧は誰のため ?」のコーナーが、面白いアンケートをしたので以下につづる。 女性が化粧するのは、同性の女友だちを意識するのが多いという。 2番目が恋人。 3番目が男友達。 ちなみに、男性に化粧前と後をチェックさせたところ、殆どが指摘でき...
仏陀再誕 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年10月18日(日) 16:00~ 丸の内TOEI? 料金:0円(会員の奢り) パンフレット:未確認 『仏陀再誕』公式サイト この団体の会員とは妙に縁があり、大学の先輩、高校の同級生、行きつけの店の店主と会員を三人知っている。皆が本をくれるのだが、悪いけど読んで...
[映画][劇場公開]仏陀再誕 50点 (さとうれおはオレだけか)
客層が映画館に初めて来たとか言いながら入ってくる人や教本を読んでる人等でガンガン笑える雰囲気じゃなかったな。 ケント・デリカット以来のノリの帽子をいかにもな角度で被ったニコチャンマークのTシャツの外国人が出てくるレベルのアニメです。 CGも最後はハリウッド...