『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画まとめて語り『ナルニア3』『レッツゴー 仮面ライダー』]

2011-04-09 23:59:59 | 物語の感想
☆いきなり関係ない話で恐縮なのだが、実は今日、レンタルしていた映画DVDを返しに行った。

 だが、家に携帯を忘れ、そのDVDの入った袋を車のボンネットに置いて、いったん家に戻り、忘れ物を持ってきてから、再びレンタル店に出かけた。

 しばらく道を走っていると、車のボンネットで何かが跳ねて落下、タイヤで、その「何か」を踏んづける感触があった。

 瞬間、私は全てを思い出して、身の毛がよだった。

 すぐに車を停めて、車に踏んづけられたレンタル袋を拾いに戻った。

 レンタル袋の中の、DVDケースは粉砕されていた。

 しかし、外から見る限りでは、ディスクは、奇跡的に割れていないようだった。

 車に戻り、自分で見るのは怖いので、助手席の娘っ子に確認させる。

 娘っ子は、「これは平気、これは平気」と一枚一枚、確認していく。

 ・・・しかし、「あっ、この『パタリロ! スターダスト計画』は表の方に傷がついている!」と言った。

 私は、それを擦ってみた。

 すると、傷がなくなった。

「これは汚れだったんだよ。てゆ~か、鼻くそだな^^」と、五枚のディスクの一枚も傷がついていないので、私はホッと一安心でギャグを言う余裕も出てきた。

 しかし、『パタリロ! スターダスト計画』を借りていたことがバレて、私は恥ずかしかった。

パタリロ! スターダスト計画 [DVD]
クリエーター情報なし
東映ビデオ


 レンタル店に持っていき、私はケースを粉砕させたことを謝った。

 店員は至って人当たり良く、ディスクを一枚一枚確認し、「問題なしですね^^」と笑ってくれた。

 こっちは罪悪感たっぷりなので、その優しい対応に非常に救われた。

 「ファミリーブック あきる野店」をリスペクトしておきます!

 私は、一時期、ここの中古AVのめぼしいものを買い漁った者です^^;

高貴美少女学園 42 [DVD]
クリエーター情報なし
プレステージ


 この子、メチャ可愛いです^^v

   ◇

   『ナルニア国物語 第3章 アスラン王と魔法の島』

   

 正直、大震災が常に頭の半分を占めていて、娯楽作品しか見る心の余裕がなく、3Dも目が疲れるし、字幕読むのもめんどいので、「通常上映・日本語吹替版」で観た。

 非常に面白かった。

 今回、現世から召喚された少年少女らは、ナルニア国の海に浮かぶ島々を、カスピアン王子率いる<朝びらき丸>に乗船して駆け巡り、悪を打ち倒すことになる。

 限りある作品の時間尺の中で、幾つもの島を巡り、見せ場を作っていくと、どうしても、各島でのエピソードが「四コマ漫画」的に簡略されてしまうものだが、

 それぞれのエピソードが、他のファンタジー作品での既視感を起こさせるようなこともなく、実に個性的なギミックに彩られているので、心に残って、重層的な旅を演出していると思った。

 『ナルニア』はファンタジー作品の古典なのに、後続の作品はあまり真似てないね。

 かなり新鮮であった(今回の展開は、『三つ目がとおる』の<イースター島航海>篇を思い出させたが)。

 先行して諸島に旅立った七人の貴族がいるのだが、それらが全員死んでいるとか、全員が生きているとかの一辺倒ではなく、あるエピソードの中では貴族は生きており、他のエピソードの中では死んでいると言うことに代表されるような、カタログ的でない不揃いな描き方が、私には非常に好感なのだ。

 今回、初登場のユースチスだが、最初はナルニア世界を信じられず、都会っ子の様な生意気さを見せ続けるのだが、その彼が次第に成長していく様は、定番だが、安心して見られる流れだ。

 彼はドラゴンに変化させられるのだが、彼の心が反映されたドラゴンは、途中から彼の表情にしか見えなくなってくる不思議^^

 巨大なドラゴンとしての生き方にも徐々に目覚めていき、少年の心の「成長」と二重写しに描かれている。

 今回、ナルニア世界から卒業するペべンシー兄妹だが、妹の方が、女の子にとっては重要な「容姿」について、テーマ的な決着をつけているのだが、

 お兄さんのほうは、果たして、ナルニア世界でのテーマ的な決着をつけられたかは不鮮明だ。

 しかし、この作品に出てくる少年少女たちは、他のファンタジー作品での美少年・美少女じゃなくて、なんか、その辺にいそうな普通の少年少女たちなんだよなぁ。

 今回のヒロインの女の子など、私、最後まで可愛いと思えんかった^^;

 クライマックスの海戦には非常に感心した。

 帆船<朝びらき丸>が対決するは、巨大な海蛇なのだが、なんちゅうか、いかにも、モンスター同士の「格闘」と言うものが、船と巨大な海蛇の間で成立しているんだよね。

 充分に手に汗握らされるし、巨大ではあるが「海蛇」と言う動物的に動きの想像がつくものを、モンスター的な脅威に昇華させてくれてもいた。

 ・・・さて、<アスランの国>と言うものは、<死後の世界>なのだなと理解できると、

 ネズミ戦士のリープチープの<アスランの国>への旅立ちはとても寂しくもある・・・。

   ◇

   『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー 仮面ライダー』

   

 私は基本的に「ウルトラマン」派で、「仮面ライダー」は「V3」までしか熱心に見た記憶がない(チョイ見でも「スカイライダー」まで)。

 が、今回の作品は、そんな私にぴったりの物語だった。

 現在のライダー・オーズが悪と戦っていると、ライダー・電王が、時を越える電車<デンライナー>に乗って現われる(「電王」はかなりのブームになったので少しは知っている)。

 今回の敵の謎は40年前の世界にあると看破した電王は、オーズとともに<デンライナー>に乗って40年前へ・・・、仮面ライダー・一号/二号が、悪の秘密結社ショッカーと戦っている世界である。

 そう、私にとって懐かしい世界である^^

 うまいのが、舞台に土管一つなどを配置して、いかにも40年前のような設定を醸している点だ。

 40年前の事件はとりあえず解決し、現在に戻ると、そこはショッカーに支配された世界に変貌していた。

 オーズの相棒のアンクが、現在(つまり、未来)の重要なアイテムを過去に落とし、それをショッカー構成員が拾い、首を傾げながら、「キーキー」言いつつ、ブラック将軍に献上、それをショッカー組織が研究し、最強の怪人を誕生せしめ、一号/二号を屈服させ、40年かけて、世界に権力を伸長させていたのだった。

 この後、やはり失敗するのだが、もう一度、現在を修正すべく、<デンライナー>は40年前に飛ぶ。

 そこが、『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』の「過去の世界にいる自分を見つめるもう一人の自分」状況で楽しかった。

 未来の世界は、「ともだち」の支配する世界と言うか、「ゼブラシティ」のような様相で、

 町はショッカー一色、「在宅介護ショッカー」の看板には笑った^^

 全世界をショッカーが牛耳っているので、国連会議もショッカー幹部の会議である。

 圧巻である。

 錚々たるメンバーが円卓に集い、椅子に座りきらないキング・ダークが涅槃仏のようにアポロガイストの背後に横になっている姿なんてたまらない。

 この国連ショッカー連合は、石ノ森章太郎の「仮面ライダー」原作の「ショッカーが日本政府だった」という衝撃の事実の発展系として素晴らしい絵面である。

 キング・ダークは、クライマックスでも、それだけでも威容ではあるが、ラスボスの大威容を引き立てる役でも活躍するが、

 ショッカー首領を倒したと思ったら、地平線にキング・ダークがドスンドスンと登場したのは面白かったなぁ。

 40年前の怪人たちが、ザコ扱いではなく、何ら問題なく現代のライダーを苦しめている姿もいい。

 ヒルカメレオン(ブラック将軍の本体)などは、オーズを翻弄していた。

 カメバズーカは、<デンライナー>を完全破壊していた。

 ジェネラル・シャドーが、死ぬ間際に、ショッカーではなく、「デルザー軍団に栄光あれ!」とか叫んで爆死するのは、シリーズ上の文法の遵守が見られよう。

 最終的に、全てのライダーが終結し、ラスボス<岩石大首領>と決戦に至るのだが、

 その前の、全てのライダーのカタログ的な紹介&一活躍で、楽しくも、物語性が逸脱し始めてきていたのだが、

 更に、この時、オールライダーは「トウッ!」と全員で空に飛ぶ^^;

 そこで、「スカイライダー」以外のライダーが空を飛ぶことに違和感を感じるも(スカイライダーでさえも途中から飛行はやめた)、その後、それぞれがバイクにまたがったので、超ジャンプと看做すも、だが、乗り込んだバイクは、そのまま空を飛び始めるのだ^^;

 そして、一号が藤岡弘、の声で「この40年間の思いを知れ!」とか言う。

 40周年だからかな^^; と思うが、作中でも40年間、一号は洗脳され続けてきたので、そっちの意味に取ろうと思った^^;

 が、そのセリフの後に、空飛ぶライダーバイク軍団が、「40」の人文字を作り出したのは、さすがにやり過ぎと思いつつも、「まあいいや」と心が広くなっていた私であった^^;

 そして、空飛ぶライダーバイク軍団は、次々と<岩石大首領>の腹をぶち破るのだった。

 私は呆気にとられて見終えるのだった・・・。

 しかし、後半の「大味」を考慮しても、最高に面白かったのだ^^v

 明日も、「映画まとめて語り」を続けます^^

                                                     (2011/04/09)

コメント (6)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
« [東日本大震災(東京の私の思... | トップ | [映画まとめて語り 『漫才ギ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんで (sakurai)
2011-04-11 08:30:50
ケースが壊れたのかの理由は聞かれなかったのですか?太っ腹ですね!
先日、石巻に行ってきたのですが、当然TUTAYAなんかも看板だけは健在。
一階部分はなにもなくなってました。

ナルニア、あまり評判はよくないみたいですが、あたしもそれなりに楽しみました。
そんなに大規模にせず、ちょうどいいくらいの中身だなあと。
仮面ライダー、息子と行こうと思いつつ、まだ果たせてません。来週までに行かねば!
sakuraiさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-04-11 18:55:59
こんばんわ^^

今日も揺れましたね・・・。

ケース粉砕については、最初に「走っている車から落としちゃったんです」と言って渡しました。

どういった経緯で石巻に言ったのでしょうか?

sakuraiさんブログを覗けば書いてあるかな?

後で訪問しよう^^

ナルニア、よくやっていると思います。

二作目は良かったっすけども、今回もなかなか良かったです。

仮面ライダーは、気が利いているところもとてもあるんですが、おざなりの箇所もあります。

なんちゅうか、ライダーや怪人の身体の質感をちゃんとして欲しかった。

ライダーのお腹なんて、キャッチャーの防具みたいに浮いているんだもの。

ライダーマンも、片手はアタッチメントにして欲しかった(茶色い繭みたいな形の鍵爪)。

でも、総合的には満足しました^^
流石の選択 (マー坊君。)
2011-04-11 20:11:25
他の4作品も気になるところですが、
『パタリロ! スターダスト計画』
のDVDに度肝を抜かれました。
内容は全く思い出せませんが懐かしい。
魔夜峰央がタモリに似ていたくらいしか思い出せません。
マー坊君。さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-04-11 22:33:02
こんばんわ^^

最近、コメントが少なくて、何らかの組織が、私をネットから排除しようとしているのだろうかと妄想しておりました^^;

私は、『パタリロ! スターダスト計画』を、30年ほど前に、八王子の映画館で見たんですよ。

シブがき隊の映画『ヘッドフォン・ララバイ』と同時上映でした。

だから、50分弱の短い作品なのですが、当時、映画サイズの「パタリロ!」を夢中になって見ました。

アニメの「パタリロ!」が、原作の独特のタッチをちゃんと残しているのは感心しきりです。

後の四作品を、ここに記してもいいのですが、思ったよりも面白くないので書かないほうが想像が広がって楽しいでしょうて^^
破損 (ふじき78)
2011-04-20 01:29:47
いまやレンタルDVDのパッケージの80%は地震によって破損している。そうでしょ、ねえ、そうに違いないでしょ。と店員を詰問してノイローゼに追い込む手段も有効かと思います。
ふじき78さんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2011-04-21 18:42:16
その後、『花と蛇』とか、『日本以外全部沈没』とか、二回に渡って借り返却しましたが、その後、『スターダスト計画』についてはお咎めがないので助かったのでしょう^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

37 トラックバック

オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー (ひびレビ)
「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」を見てきました。 3体のモールイマジンと戦うオーズ。メダルが出ない=ヤミーではない事に驚きつつ戦うが、モールイマジンたちは少年の記憶から1971年の11月11日へと飛んでしまう。そこへ現れたのはデンライナ....
『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
<2011年4月1日>、仮面ライダーオーズに変身し、怪人たちと戦う火野映司。だがいつもとは様子が違う。アンクは連中がヤミーではないことに気付く。 そこへデンライナーに乗った野上幸太郎とテディが現れ、謎の怪人たちはイマジンであることが判明。契約者である少...
『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
ウォールデン・メディアによるC.S.ルイス作<ナルニア国年代記>映画化企画の第3弾。原作小説は「朝びらき丸 東の海へ」。 ファンタジー映画のブームに乗り遅れまいと焦ったのか、第1弾製作の途中から参加したウォルト・ディズニーだったが、第2弾が思うような...
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 (Akira's VOICE)
進めば海路の日和あり!
「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」の感想 (ちょっとしたこと)
よかったですー! 結構うるうるきちゃいました。 だけど最初は辛口の感想から。 以下、内容に触れるので読みたくない方はここでストップ。 ...
映画「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島(3D版)」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島(3D版)」観に行ってきました。イギリス人作家のC・S・ルイス原作小説「ナルニア国ものがたり」の3作目「朝びらき丸 東...
「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」 時代は揺るぎないヒーローを求めている (はらやんの映画徒然草)
今年は「仮面ライダー」シリーズ放映40周年、東映60周年ということで、その記念ム
「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」 アスラン王はワイルドカード (はらやんの映画徒然草)
1作目、2作目と食い足りないと言ってきた本シリーズですが、性懲りもなく観にいって
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 (映画鑑賞★日記・・・)
【THE CHRONICLES OF NARNIA: THE VOYAGE OF THE DAWN TREADER】2011/02/25公開(02/03試写会) イギリス 113分監督:マイケル・アプテッド出演:ベン・バーンズ、ゲイリー・スウィート、スキャンダー・ケイ ...
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島  監督/マイケル・アプテッド (西京極 紫の館)
【出演】  ベン・バーンズ  スキャンダー・ケインズ  ジョージー・ヘンリー  ウィル・ポールター 【ストーリー】 兄・ピーターと姉・スーザンが両親とアメリカに滞在している間、ペベンシー家4人兄妹のエドマンドとルーシーは、ケンブリッジに住む親戚の家に預けら....
★映画ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島レビュー★ (しろくろ!~城黒猫のヲタ日記~)
ファンタジー映画:ナルニアシリーズ第3弾 『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』 3D字幕版を映画館で見ました。 <あらすじ・ストーリー> 長男:ピーターと長女:スーザンが 両親と共にアメリカに滞在している間、 ペベンシー家4人兄妹の次男:エドマンド...
「ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島」The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader(2010 FOX) (事務職員へのこの1冊)
1作目も2作目も見てません。山形帰りにフォーラム東根に飛びこむ瞬間までこの映画を
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 3D/ベン・バーンズ (カノンな日々)
ナルニア国物語の中でも特に冒険度が高くて私も大好きな第3章『朝びらき丸東の海へ』です。原作ファンであればきっとこの邦題に納得出来ない人は多いんじゃないでしょうか。どうせ ...
『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』は比類なき王道路線だよ。 (かろうじてインターネット)
 待たせたな!今回はもはやそこまで有り難いお祭りごとには感じられなくなってしまった過去の仮面ライダー全員集合シリーズ『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』の感想です。  ...
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島(2010)☆2D吹き替え版 (銅版画制作の日々)
 さて第4章は製作されるのか・・・・?東宝シネマズ二条にて、、、、。 遅まきながら、鑑賞して参りました。3Dでは観たくないということもあって、2Dで。上映回数は1日、2回です。他のシアターは1日1回というところもあります。まあ時間が経過すると上映回数も...
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 (2010)  112分 (極私的映画論+α)
   原題は THE CHRONICLES OF NARNIA: THE VOYAGE OF THE DAWN TREADER  
オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー観てきました(oVo) (君らしく 僕らしく・・・そして、私らしく)
 震災発生から22日目。今日から新年度、暗いムードをぶっとばせ!!地震・津波・放射能にライダーキックだぁ!!^^;。{%火webry%}
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 (ルナのシネマ缶)
やっと完成の『ナルニア国物語』 シリーズの第3章です。 今回は、エドマンドとルーシー、 従兄のユースチスが 海に浮かぶ船の絵画から ナルニアに誘われます。 原作とは少し違うけど なかなか楽しい船旅の冒険でした。 エドマンドとルーシィは大嫌いな従兄のユ...
『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  歴代の仮面ライダーが集結したくらいじゃ驚かないぞ。『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』を観るまでそう思っていた。  しかし、何の予備知識もなしに映画館...
ナルニア国物語 アスラン王と魔法の島 (迷宮映画館)
だんだんまとまりのある、きっちりとした作品になってきたような
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島☆独り言 (黒猫のうたた寝)
公開初日がうまい具合にお休みで、2Dの字幕で鑑賞してきました。『ナルニア国物語』も3作目・・・あと4作無事に製作するのかなぁ?っと思ってしまう原作ファンなのですが。従弟のユースチフの家でしばらく暮らすことになったのはペペンシー兄弟の下の二人、エドマンドとル...
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 (ダイターンクラッシュ!!)
2011年3月5日(土) 21:55~ TOHOシネマズ川崎5 料金:1600円(レイトショー1200円+3D300円+メガネ100円) パンフレット:未確認 『ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島』公式サイト TOHOシネマズの3Dメガネが重たい奴から、持ち帰り可の軽いものに変わ...
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島(3D) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
C.S.ルイス原作によるファンタジー・アドベンチャー第3章。ナルニアの海とそこに浮かぶ島々を舞台に、運命に立ち向かう兄妹の冒険を描く。監督は「イナフ」のマイケル・アプテッド ...
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」監督:マイケル・アプテッド(『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』)出演:ジョージー・ヘンリー(『ナルニア国物語/第2章:カス ...
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 (だらだら無気力ブログ)
C・S・ルイス原作による児童文学を迫力の映像でスペクタクルに映画化した ファンタジー・アドベンチャーのシリーズ第3弾。今回はナルニアの海を 舞台に、ペベンシー兄妹とカスピアン王子たちがナルニアを悪から守る7本の 魔法の剣を探すため、神秘の島々を巡る新た...
「オーズ・電王・オールライダー レッツゴ... (ひいらぎさんのもち吉観察日記)
「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」を観ました。仮面ライダーWから仮面ライダーにはまった我が家ですが、仮面ライダー40周年記念のこの映画をどこまで楽...
「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」感想 (新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~)
 1971年4月3日の放送開始以来、日本を代表するヒーローとして抜群の知名度と人気を誇る仮面ライダーシリーズ。  その40周年を記念して制作されたのは、オーズと電王、そして1号、2号をはじめとする全ての仮面ライダーが集結し、世界制服を果たしたショッカー...
「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」見てきました (kazunoblog)
仮面ライダー40周年記念映画「オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー」を見てきました。 ・オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー あらすじはこんな感じ。 モールイマジンと戦っていたオーズは、デンライナーでやってきたNEW電王と出...
40年の時を経て―― (いけやんのお部屋なの~♪(^▽^))
オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 40年の時を経て、オールライダー集結! ということで、見てきました。リピートを除いたら、今年2本目の映画…だっけ? 本日公開の映画。公開初日に見に行くのは珍しいですわ。 私が映画館に着いたとき終わ...
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島<3D吹替> (りらの感想日記♪)
【ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島】<3D吹替> ★★★☆ 映画(15)ストーリー エドマンド(スキャンダー・ケインズ)とルーシ
オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー (Brianの独り言)
『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』昨夜、観てきました。 あ
映画『ナルニア物語、第3章アスラン王と魔法の島 3D』を観て (kintyre's Diary~Goo Version)
11-16.ナルニア物語、第3章アスラン王と魔法の島 3D■原題:The Chronicles Of Narnia,The Voyage Of The Dawn Treader■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:112分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月26日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木)■料金:4...
『オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー』を109シネマズ木場1で観て、思った以上にこれはこれな男ふじき☆☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆☆一本の映画としては色々批判もできるけど、ファンサービスとしてはこれくらいでいいでしょ】 ブラック将軍痩せたなあ。 斬られやすくなったというか。 い ...
ナルニア国物語 第3章:アスラン王と魔法の島 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】マイケル・アプテッド 【出演】ベン・バーンズ/ゲイリー・スウィート/スキャンダー・ケインズ/ウィル・ポールター/ジョージー・ヘンリー/ティルダ・スウィントン/ブルース・スペンス/テリー・ノ...
「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」今度は海物語! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ナルニア国物語] ブログ村キーワード  大ヒット冒険ファンタジー映画化第3弾!「ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島」(20世紀フォックス映画)。『“しゃべるライオン(^^;”、三度スクリーンへ!』さあ、今度はどんな冒険が待ち受けているのでしょうか?...
ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島 (銀幕大帝α)
THE CHRONICLES OF NARNIA: THE VOYAGE OF THE DAWN TREADER/10年/英/112分/ファンタジー・アドベンチャー/劇場公開 監督:マイケル・アプテッド 原作:C・S・ルイス 出演:ジョージー・ヘンリー、スキャンダー・ケインズ、ウィル・ポールター、ベン・バーン...
【映画】ナルニア国物語/第3章:アスラン王と魔法の島…従兄弟もブサイクだった事は憶えている (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
連休はただダラダラ過ぎて行っているピロEKです 昨日2011年10月8日(土曜日)は、前の記事での予告通り、小倉のデパートの大京都展に行って阿闍梨餅を買いに行き、そして頂きました。この餅ですが、土産モノと侮るなかれ、かなり旨いのですが、私が同じ日に食べた(こ....