『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[映画『少年メリケンサック』を観た]

2009-02-21 00:03:36 | 物語の感想
☆音楽プロダクションの新人発掘の契約社員が、ネット動画で発掘したパンクバンド<少年メリケンサック>を、彼らが活躍したのが四半世紀前だということを知らずにスカウトし、後に引けなくなって全国ツアーに廻る寿司な話である。

 契約社員の女を宮崎あおいが演じている。

 大河ドラマ『篤姫』で主役を演じた女優だが、私は詳しくない。

 ただ、5年ほど前に、テレビ朝日のドラマ『R-16』(だったかな?)で、レズの同級生に自宅に監禁され、ベッドに括りつけられて、物を食べさせられるのもその同級生が与えてくれるスプーンから、という受難の役柄の女子高生をやっていた記憶があるのだが、それは私の妄想記憶であろうか?

 私は、その緊縛の仕方がぬるかったので、「てぬるいッ!」という印象を持ったものである。

 もっとキチキチに縛らなくては駄目なのである!

 シネマジックの『インモラル女子高生』シリーズや、最近では、プレステージの『高貴美少女学園』シリーズが大好きな私が言うのだから間違いない^^;

   ◇

 ・・・と、冗談はさておき、似たタイプとしては、私は榮倉奈々のほうが好きだと思っていたのだが、この宮崎あおいも可愛かった。

 そのちんまくまとまった容姿や、ヒモ彼氏とのイチャつきぶりなど、可愛くって可愛くって、可愛さあまって憎さ百倍なので、

 <少年メリケンサック>再結成のために、メンバーを巡り、メンバーにゲロ吐かれたり、馬糞を顔にぶつけられたりするのをはじめとして、ツアーの最中にコレでもかと苦難の状況に陥らされるのが、・・・うん、良かったです^^;

 この作品は、『精神的なSM作品』としても楽しめましょう。

 『魔人探偵脳噛ネウロ』のヤコみたいである。

   ◇

 ・・・と、冗談はさておき^^;

 佐藤浩市は、これはもう、完全に映画男優ですな。

 木村佳乃なみに、私の見る多くの映画に出ている。

 しかも、佐藤浩市に至っては、シリアスからコメディへと変幻自在である。

 とみに、私は、こわもてのイメージだった佐藤の、最近のコメディへの露出が実に好きだ。

 今回は、昔はパンクバンドでならしたが、今は、高円寺のピンサロの看板持ちのバイトで生計を立てている、端から見ると浮浪者然とした、けれど、根拠のない自信だけは人一倍あるという癖のある役を演じていた。

 ・・・余談だが、私は、高円寺のピンサロには造詣が深く、『ピンサロ「蟹工船」』というネット小説を書いているので、近日、このサイトに転載するので期待してください^^v

 今回も、佐藤浩市は、ライブで張り切りすぎて、楽屋でゼーハーゼーハーなりながら、アンコールを促され、それに対し、「ハーハー、アンコールやるくらいなら、もっとましな本演奏をしたよ、ハーハー・・・」というところなど、正直なのか生意気なのか、少年のわがままな言い分みたいで、実にいいのである^^

   ◇

 監督・脚本の宮藤官九郎だが、ここ数年の人気作家だが、私は良く知らない。

 二年ほど前の正月のドラマ『タイガー&ドラゴン』は楽しく見た記憶がある。

 ただ、この人のフィルモグラフィーを見ると、若者向けの作品のほかに、上記の『タイガー&・・・』の落語と言い、弥次さん喜多さんとか、舞妓さんとか、伝統ネタへの気配りを忘れていないのが、ちょっと「保身」を感じさせられ、みみっちいなあとは思う。

 しかし、ふんだんに詰め込まれたギャグの数々には、私は一人で観に行ったのだが、ゲラゲラ笑わせられた。

 序盤から、ユースケ・サンタマリアの妙なテンションのプロダクション社長や、ジャンル名不明(ムード演歌ロック?^^;)の変な歌を歌うテルヤなど、面白いキャラクターが続出するが、最初に声を出して笑ったのが、不覚にも嫌いなキャラクターのヒモ彼氏の「桜の歌」だった。

 「さくら」「さくら」を連呼した後に、「♪桜新町~」ときて、ブフッと笑った。

 これから後、私の笑いの沸点は上昇し、笑いっぱなしだった。

 これは下らないようでいて、宮藤官九郎が音楽にのせて狙ったギャグと思われ、作中でもう一回、メリケンのメンバーたちに「♪桜上水~」と歌わせている^^;

 また、佐藤浩市演じるアキオが、宮崎あおい演じるかんなに、「彼氏はチンコ大きいか?」と繰り返し聞くのだが、それこそが「男女関係の真理」の如くにいい、私は、繰り返し聞かされているうちに、それが正しいような気になってしまった^^;

   ◇

 この物語と、『デトロイト・メタル・シティ』(クリック!)は併せて見ると面白いかもしれない。

 重なる面が多々ある。

 笑える点が、相互補完されてもいる。

 ただ、『デトロイト・・・』が、一本筋が通った脚本であるのに対し、こちらは、いまいち取りとめがない。

 バンドメンバー内の兄弟の過去を、現在と並列に描いたり、日本の音楽史を紐解くような語り口であったり、インタビュー風景をインサートさせたりと確信的に、幕の内弁当みたいな作りにして、見ているこちらに作品のレッテル付けをさせまいとする目論見が感じられるが、その方式の収支を考えるとマイナスが勝っちゃっているような気がする。

 特に、私、前日、DVDで傑作『ガチ☆ボーイ』(クリック!)を見直してしまい、その完成度に感心していたので、微妙に方向性が異なるとは言え、比べてしまう自分がいました・・・。

   ◇

 作中で、アキオの弟ハルオ(木村祐一)がバンドの盛衰について語る。

 要旨は、うまく行っているときはいいが、少しでも躓くと、それぞれの方向性(金・人気・音楽界での現在の位置への安住・もっと前進)の違いが噴出し、空中分解をする、という話だった。

 私は、バンド経験はないのだが、その話を異性との交際に移し変えて考え、なるほどなあと思うのだった。

                       (2009/02/21)

コメント (2)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
« [映画『チェンジリング』を観た] | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
カニ光線 (ケント)
2009-02-22 06:38:20
メリサク見つぇ~

ってかCMで見てて楽しそ~~ み~た~い~なっ!!


ミッドさんお邪魔します。み~た~い~なっ!!
オイラの仲間が高円寺のピンサロが15時まで3000円なのを知って
「少し高いランチ食べたと思えば…」と言っていましたよ。
ケントさんへ♪ (ミッドナイト・蘭)
2009-02-22 23:17:37
こんにちわ^^

>>オイラの仲間が高円寺のピンサロが15時まで3000円なのを知って
>>「少し高いランチ食べたと思えば…」と言っていましたよ。

今は、3000円はないかも。

でも、バブル期は、2980円がありました。

20円のお釣りの衝撃!!! み~た~い~なっ!!

^^;

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

物語の感想」カテゴリの最新記事

32 トラックバック

少年メリケンサック (LOVE Cinemas 調布)
主演は昨年『篤姫』が大好評だった宮崎あおい、監督・脚本が今や超売れっ子俳優・脚本家の宮藤官九郎。更には『誰も守ってくれない』が大ヒット中の佐藤浩市、『252 生存者あり』で好演を見せた木村祐一らとヒットの要素がてんこ盛りのこの作品。予告からはいま一つ内...
少年メリケンサック (だらだら無気力ブログ)
脚本家・宮藤官九郎の『真夜中の弥次さん喜多さん』に続く監督第2作に あたるノンストップハイテンションパンクコメディ。 ひょうんなことからおっさん4人組のパンクバンドと全国ツアーに出ること になったOLの奮闘を描く。OL栗田かんなには宮崎あおい、おっさん ...
「少年メリケンサック」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「少年メリケンサック」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:宮崎あおい、木村祐一、勝地涼、田口トモロヲ、三宅弘城、ピエール瀧、峯田和伸、ユースケ・サンタマリア、佐藤浩市、田辺誠一、哀川翔、烏丸せつこ、中村敦夫、犬塚弘、遠藤ミチ...
少年メリケンサック (ともやの映画大好きっ!)
【2009年・日本】試写で鑑賞(★★★★☆) 奇才・宮藤官九郎が監督&脚本を務める劇場映画作品第2弾。 予測不能のノンストップエンターテインメントコメディ。 メジャーレーベル・メイプルレコードの新人発掘部で契約切れ寸前のOL栗田かんな(宮崎あおい)。ある動画...
映画感想『少年メリケンサック』 おとなしいですね。。。 (レベル999のマニアな講義)
内容レコード会社メイプルレコードの新人発掘部に勤める栗田かんな(宮崎あおい)契約切れ寸前だった。。ある日のこと。ネットのどうがサイトで衝撃的な映像を目撃する。イケメンがいる“少年メリケンサック”というパンクバンドの映像。社長の時田(ユースケ・サンタマリ...
少年メリケンサック (シネマ大好き)
試写会で「少年メリケンサック」を観た。 レコード会社で働くかんなは、ネットで過激なパンクロックの映像を見つけるが、実はそれは25年前のもので、契約を取ろうと見つけ出したメンバーは、50過ぎのオッサンたちだった。彼らがネットで注目され、後に引けなくなっ...
劇場鑑賞「少年メリケンサック」 (日々“是”精進!)
「少年メリケンサック」を鑑賞してきました人気脚本家・宮藤官九郎の「真夜中の弥次さん喜多さん」に続く監督第2作となる痛快パンク・コメディ。大河ドラマ「篤姫」の宮崎あおいを主演に迎え、ひょんなことからダメダメなおっさんパンクバンドと全国ツアーを廻るハメにな...
少年メリケンサック (いとしこいし ーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
少年メリケンサック  2/14(土)TOHOシネマズ ノれれば楽しいしノれなきゃ苦痛なだけかも知んない。 音楽ってそんなもんだし映画もそうかも知んない。 パンク苦手な人が聴くとこんなカンジに聴こえそな、または初めてパンクに触れた時はこう聴こえてたか
映画「少年メリケンサック」(2009年、日) (富久亭日乗)
     ★★★☆☆  宮藤官九郎監督のおっさんパンクバンドを 巡る騒動を描いた喜劇。       首になる寸前のレコード会社の派遣社員かんな(宮崎あおい)は インターネットでパンクバンド「少年メリケンサック」のビデオを見つける。 かんなは、社長の時田(ユー...
2009-31『少年メリケンサック』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-31『少年メリケンサック』(更新:2009/02/18) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 宮藤官九郎監督作品です。 宮?あおいちゃんの愛苦しい笑顔がパンクに染まる姿が凄いかも! なんと「ぴあ...
映画「少年メリケンサック」 (Andre's Review)
少年メリケンサック 日本 09年2月公開  08年8月試写会劇賞 * * * 試写会で2008年の8月に鑑賞しました。鑑賞直後にアップした記事はこまかいところまで書くのを避けていたので、映画公開に合わせて、当時書いたこまかな感想を含めて改めて記事をアップします...
少年メリケンサック (Memoirs_of_dai)
今までと違う宮崎あおいありきのパンク物語 【Story】 レコード会社に勤めるかんな(宮崎あおい)は、動画サイトでイケメン4人組のパンクバ...
映画「少年メリケンサック」 (FREE TIME)
映画「少年メリケンサック」を鑑賞しました。
★「少年メリケンサック」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の週末ナイトショウは、14日は1000円で観れる「TOHOシネマズ」で。 工藤官九郎監督、宮崎あおい主演。
「少年メリケンサック」おっさんパワー舐めるなよ!おっさんたちが繰り広げる伝説の復活ライブ (オールマイティにコメンテート)
「少年メリケンサック」は崖っぷちOLの新人発掘部門音楽社員がmixiで見つけたバンドのライブを報告した事で交渉に向かうが、バンド既に解散しメンバーは50歳前後になっていた。映像は25年前に解散した解散ライブが流れていたものだった。しかしその映像をHPにアップす...
「少年メリケンサック」篤姫、Fuck you(^^;! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[少年メリケンサック] ブログ村キーワード   宮藤官九郎監督作品第2弾!主演・“国民的女優”宮?あおい!!「少年メリケンサック」(東映)。クドカンにあおいちゃん?!イイのか?ホントにイイのか??こんな組み合わせ!    メイプルレコードの新人発掘部の派遣...
少年メリケンサック (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年2月14日 公開 ★★★★☆ 全てがパンクでクドカン・ワールド 星4っつ! アンドロメ~ダ おまえだぁ~ TELYA(田辺誠一)ってあれGacktだよね。 好きです!クドカン!本当です! もぉ~ねぇ~、や...
少年メリケンサック (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/02/14製作国・年度:上映時間:125分レンタル開始日:鑑賞日:2009/02/18(宇都宮ヒカリ座)監督:宮藤官九郎出演:宮崎あおい、木村祐一、勝地涼、田口トモロヲ、三宅弘城、ピエール瀧、ユースケ・サンタマリア、佐藤浩市、田辺誠一、哀川翔好きです!パンク...
【少年メリケンサック】 (日々のつぶやき)
監督:宮藤官九郎 出演:宮崎あおい、佐藤浩市、田口トモロヲ、木村祐一、ユースケ・サンタマリア、勝地涼 「レコード会社新人発掘部に勤務する派遣社員のかんなは、契約が切れるその日動画で少年メリケンサックというパンクバンドを見つけた。気に入った社長にバン
【映画感想】少年メリケンサック (掃き溜め日記~てれびな日々~)
「少年メリケンサック」 観てきました!レコード会社に勤めるかんな(宮崎あおい)は、動画サイトでイケメン4人組のパンクバンド“少年メリケンサック”のライブ映像を発見。彼らと契約すべく会ってみると、メンバーは50歳過ぎのオヤジで、彼女が見つけた映像...
少年メリケンサック (ドラ☆カフェ)
  脚本 宮藤官九郎 監督 宮藤官九郎 上映時間 125分 公開年 2009年2月14日 好きです!パンク! 嘘です!
「少年メリケンサック」 (てんびんthe LIFE)
「少年メリケンサック」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞 のっけからのハイテンション、場内大爆笑で大口開けてガハガハ笑ってストレス解消。 何しろあの宮崎あおいちゃん、佐藤浩市氏、田辺誠一氏、勝地涼クンなでみんなコワレちゃってます。 この名前だけでも、皆さん...
少年メリケンサック (宮崎あおいさん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆宮崎あおいさん(のつもり) 宮崎あおいさんは、現在公開中の映画『少年メリケンサック』に栗田かんな 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
【少年メリケンサック】ウソを上回る奇跡を起こせ! (映画@見取り八段)
少年メリケンサック 監督: 宮藤官九郎 出演:  宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一、ユースケ・サンタマリア 公開: 2009年2月 良くも悪...
少年メリケンサック~80'sパンクス世代~ (椿的濃縮タマシイ)
クドカン映画を映画館でちゃんと見るの、もしかして初めてかも、と思うワケです。[画像] ドラマとか、映画はレンタルで見ていたので。 ってなワケで 前宣伝もかなり多かった「少年メリケンサック」を、先日見てきました。 以下、ネタバレ入りレビューです。見るなら読む...
少年メリケンサック (映画を見に行きましょう!! )
         少年メリケンサックメイプル・レコード新人発掘部門のかんなは、会社退職予定のその日、動画サイトに投稿されたパンクバンド、少年メリケンサックに釘付けになる。イケメンギタリストがギンギンに弾きまくり、凶暴なパフォーマンスでファンを熱狂させて...
【映画】少年メリケンサック (新!やさぐれ日記)
▼動機 宮藤官九郎作品にしては面白そう! ▼感想 ま、信じた私が悪いんだけどね・・・ ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ レコード会社に勤めるかんな(宮崎あおい)は、動画サイトでイケメン4人組のパンクバンド“少年メリケンサック”のライブ映像...
少年メリケンサック (いい加減社長の映画日記)
パスしようかと思っていたけど、はしご観キャンペーンで、1日2本観ると、1ポイントサービスなので。 ちょっと気になっていた「少年メリケンサック」を選択。 「UCとしまえん」は、夕方になっても、そんなに人は多くない感じ。 「少年メリケンサック」は、小さめのス...
少年メリケンサック (Sweetパラダイス)
あおいちゃん好きの私は観に行って来ましたよ~見てて面白かったですあおいちゃんがめっちゃくちゃ可愛いの軽率でおバカと思ったらしっかりで者で健気ほんとコミカルに表現してましたさっすがあおいちゃんますますあおいちゃんに惚れてしまったダメ彼氏にブチ切れるところ...
単発のお笑いシーンが満載。『少年メリケンサック』 (水曜日のシネマ日記)
ネットの動画サイトから人気に火が付いたパンクバンド「少年メリケンサック」と彼らを担当するレコード会社の派遣OLの物語です。
少年メリケンサック (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:日本 監 督:宮藤官九郎 映画自
少年メリケンサック (単館系)
メイプルレコード新人発掘部に所属する契約社員の栗田かんな。 次に新人を発掘できなかったら契約更新しないというぎりぎりのところで ある...