『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ジュリアナから墓場まで・・・。森羅万象を語るブログです。
ここでは、気軽に読めるエントリーを記していきます^^

[繭さんのすべらない話 《サリー&ちゃっぴぃ》]

2019-08-06 07:57:09 | 新・まあまあ楽しい話

☆・・・繭さんが幼少の頃、
 近所の老人の飼っているチワワ 、サリーが行方不明になったのだそうだ。
 繭さんも含めて近所で探し回ったのだが、見つからない。
 三日後、繭さんちの家の敷地内の隅で、やつれて震えているサリーが発見される。
 同じく、心配でやつれた老人が涙ながらに引き取って帰っていった。

 …数日後、サリーを抱いた老人が現れた。
 話を聞くと、
 老人は、老人ホームに入所が決まったそうで、サリーを連れて行く事は出来ない。これも縁でしょう、先だって、サリーが行方不明の時に捜索を手伝ってくれた あなたの家に預けたいのだが、とのこと。

 繭さん家族は家族会議を行い結論を出した。
 繭父 「わかりました。うちにもビーグル犬のチャッピーがいるので、別れなくちゃならない辛いお気持ちをお察しします。そうですか、老人ホームは隣の駅ですか…、近いですねぇ。とは言え、せっかく、うちに入ることになったサリーです。里心がついても困りますので、今後、あなたがサリーに会わないと約束するのなら引き取りましょう」
 泣きながらの老人 「う、ううっ、あ、有り難う御座います。た、助かります。元気でな、サリー。達者でな」
 去って行く老人 …、
 感動の別離…、

     …、…じいさん、チョーのぞき見しにくる。

 サリー行方不明時、捜索をしたのは繭さんだけ、
 でも、繭さんには三姉妹、一兄がいる。
 両親もいるし、誰かしら、みんなに見られているじいさん。

「また、うちを覗いてるよ、爺ちゃん」

「最後の感動の別れはなんだったんだ~!」

                                 (2019/08/06)

コメント