ならなしとり

外来生物問題を主に扱います。ときどきその他のことも。このブログでは基本的に名無しさんは相手にしませんのであしからず。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

獣害をなめているとしか思えないメディア (激怒)

2010-12-21 19:42:13 | 熊森
 今回はかなり怒ってます。まぁ申し訳程度の取材で評価されるなら世話ないなと。
第30回地方の時代映像祭というもので、兵庫県立伊川谷北高校(神戸市西区)放送部が、高校生部門で1位の優秀賞をとりました。これだけなら喜ばしい話かもしれませんが、内容が大問題。

地方の時代映像祭:伊川谷北高が優秀賞 野生動物との共生伝える /兵庫

何とまぁ、あの熊森とクマに餌やりをする人を肯定的に紹介しているようなんですね。兵庫という獣害対策の進んだ恵まれた環境でなにをやっているのか。ここには書けないくらい罵詈雑言が浮かびました。書いてやろうかとも思いましたがね。
こちらに詳しい内容についてあります。

高校生のドキュメント「クマと人間の共生」

本人たちがどう思ってるかは僕には心底どうでもいいですが、これ、遊びですよね。クマのことが知りたいのに、県などがクマに対してどういう対処をしているのかを調べた形跡が上記の文からは全く見られません。というか、調べていたら餌やりを美談として取り上げるようなことはしないはず。誤解が分かったのではなく、根本的に誤解したままです。これで調べたつもりなら「それはひょっとしてギャグで言っているのか?」と返しますね。
君たちが作ったのは下調べもろくにしない駄作です。
努力をしたとか言うつもりなら、「君たちが、どれだけ現場で結果を出している人たちの努力をゼロにするようなことをしているのか分かっているのか?」と返します。
両論併記しろとか言うつもりは無いです。とはいえ、話を聞いた専門家がどのような専門的評価をされているのかや国の統計、県の対策を見るくらいの努力はして欲しかったですね。それがこの問題を語るならスタートラインでしょう。
まぁ、こういうような、なんちゃってメディアがやがて中日新聞のように熊森を肯定的に紹介するようなメディアに成長するんでしょうな。僕がここまで怒るのも、ある意味ではこれからきちんと調べて変わって欲しいという期待の裏返しでもあります。馬齢を重ねただけの大人なんて心底どうでもいいので期待しませんから。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« クニマスの再発見と外来生物... | トップ | クニマスを取り巻く浅薄な人... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
駄作というより・・・ (飛魔人)
2010-12-23 01:00:07
こんばんは

リンク先記事を読んで、「どっかで聞いた様なストーリーだなぁ」と感じました。
で、作品タイトルの「人とクマと森と」でググると出るわ出るわ、熊森礼賛サイトのオンパレード。(苦笑)
憶測で判断しちゃいけないと判っていても、「熊森協会 監修」作品なんぢゃないかと、勘繰りたくなります。

>調べた形跡が上記の文からは全く見られません。
一つの経験談として読んで欲しいのですが、私の世代では韓国と北朝鮮に関して、洗脳的教育を受けました。
曰く、「韓国は軍事独裁国家で、民衆は塗炭の苦しみに喘いでいる。しかし北朝鮮は労働者の楽園であり、生活レベルも非常に高い民主主義国家である」と。
小学生レベルでこういう刷り込みがなされると、その思い込みからは脱するのは容易な事では無くなります。(思考停止に陥る為)

本件については高校生という、未成年者が学習活動の一環(部活)で制作したという事から考えると、彼らを指導した教諭の恣意的指導が疑われてなりません。

飛魔人さん (梨(管理人))
2010-12-23 15:17:24
>憶測で判断しちゃいけないと判っていても、「熊森協会 監修」作品なんぢゃないかと、勘繰りたくなります。

彼らのマスメディアに対する取材条件のところを読めば勘繰りたくなるところではあります。

>本件については高校生という、未成年者が学習活動の一環(部活)で制作したという事から考えると、彼らを指導した教諭の恣意的指導が疑われてなりません。

確かに教員の責任も重大ですし、評価した連中も何を考えているんだという話ではあります。とはいえ、兵庫県のHPで「クマ」と検索すればいくらでも情報は出てくるし、短くまとまったパンフのようなものもあります。1時間検索すればあのような内容にはならなかったとも思います。主体的に関わるならそのくらいの努力はして欲しかったというのが本音です。
熊森 (さんたろう)
2010-12-24 20:25:33
はじめまして。
以前、報道ステーションで放送されたどんぐり散布をみて、熊森協会なる団体があることを知りました。
私は、生物学や生態学はわかりませんが、何か変な違和感を感じてしまいました。
熊が餓えているので、餌となるどんぐりを人間が与える、あまりに短絡的な気がしてならないのです。
私の住む町は、ヒグマの出没地域で友人の妻(家業の山菜採り中の事故、冬眠明けの母子熊と遭遇)を含め、何人かの犠牲者がでています。
私も、釣りの最中に遭遇したことがあり、あの恐怖は言葉では言い表せません。
熊森の会員と思われる方のブログをみましたが、射殺した行政に抗議のメールを送ろうとか、反対意見の書き込みには、他の会員と思われる方の人格否定ともとれるような書き込み等、自分達の主張に凝り固まった宗教団体のような印象を持ってしまいました。
知床では、道外からの観光客が野生のヒグマにスナック菓子を与える等の行為も見られるそうです。
こういう愚かな行為が、人身事故を誘発していることに、気がついていないのでしょう。
私には、熊森協会が保護とは反対のことをしているような気がしてならないのです。
Unknown (飛魔人)
2010-12-25 01:05:05
こんばんは

>主体的に関わるなら
ここがね、非常に重要なんです。
かつて「洗脳教育」を受けた経験からすると、「主体的な活動」ではなかったのではないか?な、疑念が拭えないのです。
作品を制作していく過程で、指導教諭の意に沿わない生徒の意見は、排除されていったんぢゃないかと。
むしろ、「主体的(積極的)に」関わった生徒の意見ほど、指導教諭が描いた脚本から排除されていったんじゃないかと。

生徒が自由奔放にやった結果が、作品であるならば、梨さんの意見に賛成なんですけどね。
みなさま (梨(管理人))
2010-12-25 11:42:48
さんたろうさん
その所感、ほとんど合ってます。

飛魔人さん
先輩からテーマを引き継いだという話しのなので、可能性はありますね。
そもそも、普通、専門家に話を聞くなら県や大学の専門家でしょうから、熊森の話を肯定的に紹介する時点で身近に熊森関係者がいたのでしょうね。
今夜もテレビで (あげは)
2010-12-30 18:53:23
今夜10時 TBS系列で放送の たけしさんの番組で クマの事も取り上げるようです。

ちょっと いや どんな風な報道になるのか かなり気になります。

熊森」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事